2018年4月24日放送のこの差ってなんですか
今回は納豆の栄養効果を得られる
そして得られない食べ方の差の特集です
納豆が好きな人にはいい番組ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

最も食べられている発酵食品は納豆

良く口にする発酵食品ベスト5は
この様になっています
1位 納豆
2位 ヨーグルト
3位 味噌
4位 お酢
5位 塩麹

やはり納豆は安価でもありますし
手軽に摂取できる発酵食品
ということなんでしょうね。

 

しかし白澤卓二先生から衝撃の発言が
ほとんどの人は納豆の食べ方を
間違っている
というのです。

 

そこで納豆の正しい食べ方というのを
教えてもらうことに。

 

第1問 
納豆の栄養効果を得るためには
ご飯は温かいほうが良いのか
冷めている方が良いのか?

答えは冷えたごはんが良い。

 

ナットウキナーゼやビタミンB1が
死滅しないで体内に入ってくるのです

その他の栄養素、たんぱく質や
鉄分、カルシウム、マグネシウム
食物繊維は熱を加えても壊れないという。

 

第2問
納豆は朝か夜、どちらに食べるのが良いか?

答えは夜に食べる。

 

先述したナットウキナーゼは
心筋梗塞などを予防してくれる事に
期待が持てる成分、心筋梗塞は
血液が固まって起こる疾患でも
あります、これが起こりやすいのが夜。

 

なので夜に血液をサラサラにする
必要があるので、納豆は夜に
食べたほうが良いとなるのです。

 

ナットウキナーゼは固まった血液を
少しずつ溶かしていくと言われていて
その効果が出るのは食べてから4時間後
なので寝る4時間前に食べると良い
活性状態は8時間も維持するとのこと。

 

第3問
栄養効果を逃してしまうトッピングはなにか?

答えは生卵。

 

納豆には肌荒れや髪のパサツキを
抑える作用があるビオチンという
成分が豊富、しかし卵白に含まれる
アビジンという成分は
ビオチンの体内吸収を阻害してしまう
黄身だけ食べるなら良い

 

納豆の最強トッピングは牛乳!
信じられないしですが
最強のトッピングなんだそうです。

 

牛乳に入っているカルシウムは
吸収されやすい、この吸収をより
促進してくれるのが納豆に含まれる
ビタミンKという成分
なんです
だから最強トッピングだという。

 

牛乳納豆茶漬け!?北海道で発見!

牛乳臭さがなくてチーズっぽい味
意外にも美味しかったようです

 

作り方は、お鍋に牛乳140ml
薄口醤油小さじ1、だし60mlを入れて
沸騰させてから器にごはんを入れ
納豆、ネギを乗せて
牛乳をかけたら完成です。

 

考案した人にさらに驚き・・・
なんと北の国からの脚本家
倉本聰さんです。

 

第4問
納豆の栄養効果が高いのは?

答えはひきわり納豆です。

 

ひきわり納豆のほうがビタミンKの
含有量が多い、普通の納豆の1.5倍多い。

 

納豆を砕いた状態で発行をするので
普通の納豆よりも表面積は多い

 

そして認知症予防に注目されている
スペルミジンという成分も豊富に
含まれています。

 

最大限に栄養を得られる納豆の食べ方は
「冷ました御飯の上にひきわり納豆を
かけて夜に牛乳をかけて食べる」

ということですね。

 

 

スポンサードリンク