2017年7月21日放送のその原因Xにあり
今回はがんや認知症、2型糖尿病にも効果がある
世界が注目の細胞、マクロファージの特集。

 

 

スポンサードリンク

 

世界が注目の細胞、マクロファージ

新潟薬科大学の杣源一郎先生の話では
夏バテの原因は、マクロファージが
働かないことにもあるというのです。

 

マクロファージというのは、全身存在する
免疫細胞の一つです、ウイルスや有害な物質を
見つけて食べるの役割がある。

 

これが本来の働きをしないと、ウイルスや有害な物質が
身体の中に溜まってしまい、だるさや食欲がない
夏バテの症状が現れる。

 

どうしてマクロファージがニート化するのか?
それはストレスに弱いためです、なつの暑さや
強い日差し、冷房が強く効いている。

 

これが体内にストレスがかかり、マクロファージが
ニート化してしまうのです。

 

では、このニート化したマクロファージをゲンキに
するためにはどうしたらいいのか?

 

マクロファージを元気にするLPS(リポポリサッカライド)とは?

土の中で育つ野菜や海藻に含まれる成分
LPSを摂取することで、マクロファージが
元気になり、有害な物質を食べてくれるのです。

 

LPSには重要なポイントが有り、それは
人間の体では作られないので食品から
摂取する必要があるのです、そんな最強食材は
あるのでしょうか?

 

番組では、マクロファージを元気にする食材
十割そば、とろろ、なめこ、めかぶ、ひらたけ
LPSは主に、そば類、きのこ類、海藻類に
多く含まれている。

 

茹でた蕎麦湯もLPSが多く、玄米にも含まれている
因みに180度以上の高温で調理すると
LPSが壊れてしまうので気をつけましょう。

 

 

スポンサードリンク