腸内細菌の善玉菌や悪玉菌、日和見菌の働きを簡単に記す

Pocket

腸内環境(腸内細菌や腸内フローラ)が身体には
大切であると言われていますが
これらを構成するのは3つの菌から
成り立っているということは
知っているかと思います。

 

しかしそれぞれにどういう役割があるのか?
っていうとちょっとわからない
という人も多いのではないでしょうか?

 

このページでは簡単にではございますが
記していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスが重要

テレビ番組を見るとどうしても
3つある中で絶対と言っていいほど
これが重要なんですと言われるのは
善玉菌についてのみですよね?

 

もちろん大切なことには変わりません
しかし、善玉菌を偏って育てるという
方法を取ると身体は反対に悪くなる
という報告もじつはあったりするのです。

 

善玉菌(ビフィズス菌・乳酸菌)の働き

赤ん坊のとき、腸内細菌叢(そう)はほぼ
善玉菌しか存在していないと言われている。

 

それから食事をしていく中で、日和見菌
悪玉菌が腸内で発生していく。

 

善玉菌の中にはビフィズス菌や乳酸菌が
含まれていて、これらは善玉菌と呼ばれる
細菌の1種と考えると良い

 

産まれたときから備わっている善玉菌
その働きというのは、私達の健康維持に
無くてはならない細菌。

 

その働きというのは善玉菌のみならず
全ての腸内細菌がバランスよく存在し
良い状態の場合は

・便秘や下痢を起こさないようにしたり
 便の硬さも適切なものに整えてくれる

・脳内物質に必要な成分を生成する

・良いものは消化吸収、悪いものは排出
 という役割をきちんと果たしてくれる

・栄養素の合成(ビタミンなど)

・免疫力の強化

などに期待が持てるのです
腸内は免疫の6割から7割を担っている
つまり腸内環境が悪くなっていくと
免疫力も悪くなると言われているのです。

 

悪玉菌の働き

悪玉菌=絶対悪ではありません
万が一悪玉菌が絶対悪というのなら
腸内細菌の比率は0割と発表されないと
おかしいですからね。

 

ではこの悪玉菌、どんな働きを
しているのかというと主に肉類の分解
その分解をした結果、腐敗物や
有毒物質を生成しています。

 

つまり肉類を分解するという点では
悪玉菌が腸内細菌の中では
優れていると考えても良いのです。

 

なので悪玉菌が必要であるという理由の
1つなのではないか?と考えている。

 

ただし分解する量が増えてしまうと
途端に腸内細菌のバランスというのは
崩れていくことでしょう。

 

たまのお肉のどか食いも悪いとは思いません
しかしこれを習慣的に近いくらい長期間
続けていると、将来大腸がんやそれ以外の
生活習慣病のリスクが高まる事に
つながりかねません。

 

日和見菌の働き

研究者の間でも全容解明には至っていない
この日和見菌の働き、わかっていることは
・善玉菌の働きが強いと善玉菌に加勢をする
・悪玉菌の働きが強いと悪玉菌に加勢をする

という事を私は耳にしました。

 

実際に日和見菌は善玉菌の働きを活性化する菌
悪玉菌の働きを活性化する菌
どちらも保有していると考えられます。

 

善にも悪にも影響されやすい細菌群
このように考えるのが良いかもしれません。

 

本当に簡単にではございますが
各細菌の働きを記していきましたが
ポイントとして抑えておけばいいのは

「各細菌のバランスを重視
その上で心がけたいのが
善玉菌だけ、悪玉菌だけを
摂取するような食の偏りは避けること」

バランスというのは目に見えるものでは
ありませんけど、食をバランスよく摂取する
という事を意識していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

コメントは受け付けていません。