2018年2月14日放送のソレダメ
今回は喉のトレーニングについての特集
喉のスペシャリストでもある
大谷義夫先生が教えてくれます。

 

 

スポンサードリンク

 

肺炎で亡くなる人の7割が誤嚥性肺炎が原因

食事中にむせたり、錠剤が飲み込みにくい
痰が絡まりやすい、という事が
増えてきたら要注意、これらは喉の
衰えからくるものです。

 

その結果、誤嚥性肺炎を引き起こす
可能性がある、高齢者に多いのも特徴。

 

池袋大谷クリニックの
大谷先生の話では、隠れ誤嚥といい
寝ている時に唾液が気管に流れ込むことで
炎症を起こし肺炎を起こす事もある
という。

 

喉の衰えが始まるのは40代からです
なので喉の状態を知っておく必要がある
そこで簡単なチェック法があり
ゴックンテストを行う
喉仏に指を置き、30秒間唾液を
ゴックンし続ける、8回以上だと問題なし
7回以下だと注意が必要
3回未満だと要注意となっています

 

続いて大谷先生が教える
喉トレーニングのやり方は
下記にて紹介。

 

あご上げイー体操

喉仏周囲を鍛える運動です
両手の親指をあごの下に置き
あごを引きながら、顎と親指で
押し合いっこをするとイーと
5秒ほど発声し3回押しあう

 

ハイトーンボイストレーニング

高い音を出すと喉の周りの筋肉を
動かすので鍛える事が出来る
高低差がある歌がよいとのこと
大谷先生は森山直太朗さんのさくらが
おすすめだそうです。

 

 

スポンサードリンク