2017年12月26日放送のこの差ってなんですか
今回は平均寿命ベスト10の町で発見した
6つの長寿の秘訣を紹介。

 

 

スポンサードリンク

 

市区町村別に詳しく平均寿命を調べると・・・

男性の平均寿命が高い市区町村はこちら
第10位 長野県諏訪市
第9位 東京都杉並区
第8位 神奈川県横浜市青葉区
第7位 長野県池田町
第6位 静岡県浜松市北区
第5位 沖縄県南風原町
第4位 長野県塩尻市
第3位 神奈川県横浜市都筑区
第2位 神奈川県川崎市宮前区
第1位 長野県松川村

 

女性の平均寿命が高い市区町村はこちら
第10位 東京都杉並区
第9位 福岡県須恵町
第8位 沖縄県中城村
第7位 沖縄県豊見城市
第6位 石川県野々市市
第5位 福岡県太宰府市
第4位 熊本県菊陽町
第3位 北海道壮瞥町
第2位 島根県吉賀町
第1位 沖縄県北中城村

男女とも、このようになっています。

 

そこで特に興味深かった6つの市区町村を
ピックアップし、そこでは何が
行われていて長寿の秘訣となって
いるのかを調べることに。

 

神奈川県川崎市宮前区では坂道ウォーキングで転倒予防

川崎市宮前区は坂道が多い所です
ウォーキングコースは6箇所あります。

 

坂道歩きは平地の5倍の運動量となる
10分坂道歩くと約1時間の平地歩きに
匹敵するといいます。

 

石川県野々市市では30分に1回立ち上がる?

ユニークな方法で高齢者の足腰の衰えを
防いでいるそうです、それは
30分に1回立ち上がる、たったこれだけです。

 

日本人は1日平均7時間座っている
長く座るのは寿命とも関係してる
なので30分に1回立ち上がると良い。

 

静岡県浜松市北区では普通食べない茶がらで健康増進

100歳になる女性は、毎日お茶を飲んでいる
1日に大体10杯は飲んでいるそうです
女性以外の方々もたくさんお茶を
飲んでいます、10杯以上飲むことで
死亡リスクは15%も低下するそうです。

 

また他のおうちでは茶がらを調理していた
刻んだ茶がらを2分ほど炒って
そこへ白ごま、ちりめんじゃこ
かつおぶし、出汁醤油と混ぜ合わせたら
茶がらのふりかけの出来上がり。

 

続いては、カットした茶がらに
細長くカットした玉ねぎ、にんじんを
天ぷらの衣に絡め、170度の油で揚げると
茶がらと野菜のかき揚げの完成です
茶がらにはカテキンが多く残っている。

 

沖縄県北中城村では高齢者限定のミスコン

ミスきたなかぐすく、というイベントを
行っていて、グランプリは3名
では長寿との関係はというと
一番は外に出ることによって話をする
機会が多くなる、そして身なりをきちんとする
それを見ている人たちの活力にも
つながると北中城村の職員は話していた。

 

人と触れ合ったり、ハグをしたりする
事で脳内からオキシトシンが分泌され
これが病気や認知症の予防に
期待が持てると言われている。

 

長野県松川村では減塩のため酒粕で代用

長野県は寒い県でもあるので
過去は長寿とは程遠い状態でした
つまり平均寿命は短かったのです。

 

そこで県全体で減塩に取り組む事になり
今の長寿県を確立した
何を食べているのかは興味がありますね。

 

あるご家庭でお鍋を作っていました
大根、にんじん、しいたけ、白菜を入れて茹でる
そして酒粕を溶かす、そして味噌も溶かす
これで味噌の分量を減らすことが出来る
減塩につながりますね。

 

福岡県太宰府市では健康診断に行くだけで商品券が!

1回の健康診断を受けただけではだめで
ポイントカードにスタンプを押していき
それがいっぱいになってから、3000円分の
商品券と交換してもらえるそうです。

 

この取組によって健康診断に
参加した人は1.5倍増えました。

 

目標を持つことで脳の神経細胞が
5倍にも増えると言われている
(マウスでの実験ですが・・・)
脳の神経細胞が増えると認知症の
予防にもつながると言われています。

 

 

スポンサードリンク