2018年4月11日放送のソレダメで
乳酸菌の特集を
やっていましたので記しました。

 

乳酸菌のとり方3連発

今やどの食品にも乳酸菌が
含まれていますよね
現在大ブーム?だそうです。

 

しかし摂取の仕方を間違えると
乳酸菌が効率よく得られない
という事もあるのです

 

ただ食べればいいというのは
非常にもったいない食べ方だと
新宿大腸クリニックの
後藤利夫先生は話す

 

では乳酸菌を無駄にしないような
食べ方とはどういうものなのか?

 

ヨーグルトの食べるタイミング

今や色々な乳酸菌がありますよね?
R1乳酸菌やガゼリ菌、PA-3乳酸菌など
スーパーでもよく見かけるかと思います。

 

ヨーグルトにも食べるタイミングがある
それはいつかというと、食後です。

 

その理由ですが、例えば食前に食べると
胃酸の影響で乳酸菌がほとんど死滅する
なので、その影響が少ない食後に
ヨーグルトを摂取すると
乳酸菌の死滅が少ない状態で
腸に到達することが出来る

 

ヨーグルトの食べ合わせの新常識

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は
食物繊維と一緒に摂取すると
よりパワーアップするといいます。

 

特に食物繊維が豊富に含まれている
ドライフルーツとヨーグルト
一緒に摂取すると良い。

 

ドライフルーツは水分が抜けているので
生で食べるよりも
少量で食物繊維を多く摂取できる。

 

特にドライブルーベリー
食物繊維が豊富です。

 

最強乳酸菌レシピ、納豆キムチチーズ丼の作り方

熱々のご飯にチーズをのせて
その上にキムチ、玉ねぎをあわせ
更に納豆をプラス、これをごはんに
かけたら完成です。

 

乳酸菌の意外な働き場所の新常識

腸以外でも乳酸菌が活躍する
場所があります、それは口腔内です。

 

口内に乳酸菌が多いと
口内環境を良くしたり
歯周病予防にもつながるという

 

でも歯磨きしたら流れ出ていって
しまうのでは?って思うでしょうが
乳酸菌には吸着力があるため
食後30分たてば歯磨きをしても
流れていかないと言われています。

 

 

スポンサードリンク