iPS細胞の研究が目まぐるしく行われていて
今後も様々な細胞や臓器を再生
させるために役立つものになることでしょう
しかしそんな万能なiPS細胞にも
弱点がありました、一部の細胞のがん化です
神戸新聞のネット記事にはこのように記されていた。

 

がん化するかどうかを見分ける方法を発見

細胞療法研究開発センターの川真田伸
センター長ラのチームが発表。

 

iPS細胞というのは、手を加えずにいると
無限に増殖していきます、その増殖
した中に、例えば難病で悩んでいる人の
細胞や臓器、その部分の正常な遺伝子を
加えることで細胞や臓器に育っていく

 

しかし中にはがん化する細胞もありました
そこである分子に注目

 

CHD7の含有量ががん化するかどうかのポイント?

iPS細胞にも存在する分子、CHD7
この量が一定値以下だとがん化する
ということがわかったのです。

 

しかし発見したての状態でもあり
まだまだ詳しく調べていく必要が
きっとあると思います
安全に使える日が、刻一刻と
近づいてきているように感じます
引用元はこちらになります。
iPS細胞の癌化原因特定?

 

 

スポンサードリンク