2017年12月26日放送のこの差ってなんですか
今回はインフルエンザになりやすい人と
なりにくい人の差を特集していました。

 

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザシーズンが到来しています

1月の末から2月までがピーク
そしてこのシーズンだけでの患者数は
1000万人を超えているそうです。

 

人はどのようにしてインフルエンザに
罹るのかというと、インフルエンザウイルスが
喉の粘膜にひっついて、そこから内部へ
入り込んで増殖をする、そして感染する。

 

しかし、インフルエンザに感染している
人の周りには、たまに感染しない人が
いることも事実、これは一体どうして?

 

国立感染研究所の医学博士
長谷川秀樹先生の話では
このような差が出てくるのは予防接種を
受けた人と受けていない人の差だと
思っている人が多いかと思います
しかしこれは大間違い。

 

予防接種は重症化を防ぐのが目的
なのでインフルエンザに感染することには
関係がないのです。

 

なので感染ルートを正しく理解しているか?
ということが重要となります。

 

まずインフルエンザは空気感染はしない
同じ部屋にいる、話をする
というだけではうつることはない。

 

どうやって伝染るのかというと
感染ルートは2つ
1 飛沫感染
インフルエンザ罹患者がくしゃみをする
その時にちょうど対面にいたり
また周りにいることで感染をする
くしゃみってどれくらいの距離飛ぶのか
というと、これが結構飛ぶのです
最大で3mも飛んで行く、つまり
インフルエンザウイルスもこれだけ
飛んでいるということです。

 

満員電車の中でインフルエンザを
罹患している人がくしゃみをすると
そこに居合わせた人たちは
感染のリスクがあるということなのです。

 

2 接触感染
感染している人の手を介して感染をする
くしゃみを塞いだ手で握手をするなど
こういうものでも感染のリスクが上がる。

 

接触感染の脅威、インフルエンザは2時間でどれ位広がる?

長谷川先生監修の元、ある家族に
協力をしてもらい調べることに。

 

3世代揃ったご一家、そこでご主人の手に
インフルエンザに見立てた特殊な塗料を
塗ってもらい、これがどれだけ広がるのかを
見ていくことに。

 

他の家族の方にはご主人が蛍光塗料を
ついていることは知りません
そして直接的な接触もほぼしなかった
そして2時間経過したら・・・

 

子供は目の周りや口や鼻の周りを
よく触ります、またドアノブに触ったり
女性の場合は髪の毛を頻繁に
かきあげたりした場合にも顔に
ウイルスが付着することも。

 

お母さんの場合は、子供を抱っこした時
子供がお母さんの顔を触ったりするので
これで感染することもある。

 

しかしおばあちゃんだけはほとんど
蛍光塗料がついていなかった
それは洗い物をしていたりしたので
ウイルスを洗い流しているためです。

 

くれぐれも気をつけたいところです
手洗いだけでもマメにしておいたほうが
良いかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク