インフルエンザの流行期は
1月中旬から2月いっぱい程度ですが
今年は既に昨年以上の感染者数を
記録しているようです、そんな中
インフルエンザの新薬が登場するという
ニュースが朝日新聞のネット記事で
見つけました。

 

 

スポンサードリンク

 


ゾフルーザは5月に発売
塩野義製薬さんからインフルエンザの新薬
「ゾフルーザ」
という薬が2018年5月に発売されます。

 

詳しいことはこちらのページでご確認を
インフルエンザ新薬の記事 朝日新聞のネット記事

 

私がとても気になったのは副作用の点
記事には副作用のことには
なにも触れられていません。

 

またゾフルーザは、記事にも書いてましたが
先駆け審査指定制度の対象で
臨床試験はおそらくしているのでしょうが
そのスピードは従来の審査よりも
早く通過できている。

 

だから危険な薬であるということでは
ないと思いますが、ゾフルーザが
発売されてから、2018年の年末辺りから
少しずつ感染者が出てくる
インフルエンザの時期に、ゾフルーザを
処方されて果たして副作用が
出ないのかどうか、気になるところですね。

 

 

スポンサードリンク