マウスなどでの実験という事をご了承下さい
身体の中にある脂肪、なかなか落ちなくて
邪魔に思うことって痩せている人
以外なら誰だって思うはずです
ではこの邪魔な脂肪が燃えて無くなる
酵素があるとしたら嬉しいですよね?

 

脂肪を燃やす酵素JMJD1Aとは?

酒井寿郎東京大教授(東北大教授兼務)らが
研究をして見つかったことなのですが
マウスの実験で
燃えない脂肪を燃えるように
変える酵素
見つかったというのです。

 

脂肪にも種類があります
・褐色脂肪 燃えて熱を生じる
・白色脂肪 燃えないでエネルギーとなってたまる

例えば冬、寒いですよね?
この寒い時に体を震わせたりするのは
熱を生み出すために震えているのです。

 

この時、主に動いているのは筋肉ですが
脂肪もだんだんと動くようになってきて
まず褐色脂肪が反応して
熱を生み出す遺伝子が働いてきます。

 

じゃあ白色脂肪はどうなってるの?
って思いますが、これは寒さが長時間続いたら
白色脂肪の遺伝子が働いてきて
ベージュ脂肪というものに変化してくる
つまり褐色脂肪に近づくということでしょうか。

 

このベージュ脂肪にしているのが
タイトルにもある酵素
「JMJD1A」
という酵素なのです、今後の研究で
もっと色々なことがわかってくるでしょう
元記事はこちらになります
タップすると飛びます
脂肪を燃やす酵素の働き

 

だったら寒いところにいればいいのでは?
って考えてしまう人はまさか居ないかと
思いますが、まずは脂肪を過剰に
溜め込むような生活を
しなきゃ良いだけの話
欲望のままに食べないことも大切です。

 

 

スポンサードリンク