西城秀樹さんが急性心不全のため
急逝したというニュースが
入ってきました、この急性心不全
という病気について簡単に記します。

 

 

スポンサードリンク

 

急性心不全って?

心臓の役割というのは全身に
血液を送る役割があります
この機能が急激に低下して
血液が送れる状態ではないということ。

 

また心臓は収縮と拡張をする臓器
ということもあり心不全と一口に言っても
種類があります。

・収縮不全
血液を送り出す力が低下している

・拡張不全
血液が心臓に戻りにくい状態

・右心不全
全身から戻ってきた血液を受け取り
それを肺に送り出すがその力が弱くなる

・左心不全
肺から血液を受け取り血液を全身に
送り出すのですが、その力が弱くなる

というのもあります。

 

心不全は病気とは言えないようで
心臓が悪い状態のことを総合的に表現する言葉
として使われているといいます。

 

心臓が悪くなる原因も様々あり
それ相応に適した治療法もある。

 

段々と心臓の機能が低下する状態を
慢性心不全といいます。

 

急性心不全の症状

一番多いと言われているのが呼吸困難
他にも、動悸や息切れ脈拍増加
などがあります。

 

西城秀樹さんは脳梗塞を2度発症している

西城秀樹さんといえば、脳梗塞を2度
発症しています、脳梗塞も血液が固まり
それが脳へ飛んでいき詰まり
脳細胞を壊死させる疾患。

 

急性心不全、脳梗塞
どちらも血液が関係している疾患で
西城秀樹さんはひょっとしたら
こういった疾患になりやすい
体質だったのかもしれません。

 

大杉漣さんも同じ急性心不全で
命を落としています、同じ60代です
やはりこの年代になると内臓機能が
低下してくるのかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク