清宮幸太郎選手が限局性腹膜炎を
患ってしまい、3月15日まで入院
ということになってしまいました
この限局性腹膜炎というのは
一体どういう病気なのでしょう?

 

 

スポンサードリンク

 

まず限局の意味を簡単に

お腹には腹膜というものがあります
その下に内臓があり、この内臓が
炎症を起こして、腹膜にその影響が
及んでしまう事を腹膜炎という。

 

この腹膜炎が限局的、つまり
大きな腹膜の中の限定的な場所で
腹膜炎が起こっている
ことを
限局性腹膜炎といいます。

 

その腹膜炎が起こっている腹膜の位置が
上なのか下なのか、左なのか右なのか
というのはわかりませんが
そこに膿瘍と呼ばれる、膿がたまった
塊があり、これが炎症のもとと考えられる。

 

限局性腹膜炎の治療法

清宮選手は数日前からおなかに鈍痛が
おこったりしていたようです
恐らく早期発見の部類に入るのでは?
って思うのですが、治療法として
最初は投薬治療から始めるのでは?
と考えられます。

 

腹膜炎といっても症状があまり
よくない状態ですと、手術という
選択肢もありえないわけではない。

 

しかし15日まで入院という発表もあり
症状はそれほどひどいわけではないと
考えてもいいのではないでしょうか。

 

限局性腹膜炎になったのは、ひょっとしたらストレスかもね

これだけ注目を浴びる中、試合に
出続けていて、おまけに期待に反して
オープン戦では快音がない状況。

 

大きなストレスを抱えているのは
誰もがわかるところ、常人では
味わえないようなものを背負っている

 

このような病気が出てもおかしくは
ないですよね、今は休んで体調を
万全にして戻ってきてもらいたいです。

 

 

スポンサードリンク