2018年5月18日放送の金スマ
今回は現在48万部の大ヒット本
『医者が教える食事術』
これを実践したら一体どうなるのか?
著者は牧田善二先生です。

 

 

スポンサードリンク

 

あなたの食べ方は大丈夫?

ちまたの常識はウソだらけ!
なんていう言葉が帯に書いているので
初めて本を手に取ると
衝撃的な内容かもしれません。

 

私自身はこのような本を
参考にしたりするたちなので
以前、流し読みをしましたが
とても面白い本でした。

 

どのような衝撃的内容が
飛び出してくるのでしょうか?
まずよかれと思っていた事が
実は逆だったランキングから!

 

よかれと思っていたら逆だったランキング!

第7位 卵は1日何個食べてもOK!
コレステロール値はあがりません

 

血中コレステロールが高いと
動脈硬化を起こしやすくなり
心筋梗塞や脳梗塞のリスクがあがる
このように言われていますね。

 

しかし2015年厚労省と日本動脈学会は
『コレステロール値は食事によっては
大きく変わらない』

という発表があったのです。

 

体内のコレステロールは肝臓で
殆ど作られている、つまり肝臓が
コレステロールの量を体内で
コントロールしてくれるのです。

 

食事の際コレステロールの摂取が
少ない場合だと肝臓が作ってくれて
コレステロールの摂取が多いと
肝臓は作らない

という風に調節してくれる。

また卵は生活習慣病の予防にも
役立つので積極的に摂った方が良い
常識的な量で、牧田先生は極端な話
1日に10個食べても大丈夫と話していた
まあこれは常識的ではないですが。

 

第6位 三角食べはデブのもと!
昔はこのように食べるようにと
親やおばあさんやおじいさんに
誰もが一度は言われた事だと思います。

 

しかしこの食べ方は間違っているという
その理由ですが、早めに炭水化物を
摂る事で血糖値が上昇し
肥満になるなど体の負担が大きい
また味付けも濃くなる場合もあり
ご飯を食べる量も多くなってしまう。

 

本では食べる順番を重視している
タンパク質や脂質から食べるのが良い

 

タンパク質や脂質を食べてから
3分後に炭水化物を食べるのがベスト
野菜よりも先なんだという事には
驚きましたが・・・。

 

第5位 健康のためにフルーツジュースは逆効果!
果物にはビタミンやミネラルが
含まれているが、果物の糖分が問題
果糖が多く含まれているのです。

 

ブドウ糖とは別のもので
果糖はエネルギーになりにくく
中性脂肪として
取り込まれやすいのです
つまり太ってしまう糖分なのです。

 

果物はそのまま食べるのがベスト
食後の最後にゆっくり食べると良い

 

そしてもう一つ問題があります
それは果物の品種改良によって
果物自体の甘みが増している
という点

 

今の果物はあまり食べ過ぎない方が
いいかもしれません。

 

第4位 ダイエットの為の油抜きはNG!
どうしてなのか?
油の働きを理解する事が重要
脂質によって代謝がアップするのです。

 

必須脂肪酸という物質が含まれている
これは人間の体では作り出せない
なので食べて摂取するしかない

 

脂肪を燃やしてくれる役割もあり
特におすすめなのがオリーブオイル
非常に酸化しにくいためです
食事の際には油と一緒に食べよう。

 

第3位 抜け毛予防にワカメを食べても意味がない
髪の毛はケラチンというたんぱく質で
出来ているのですが、ワカメには
ほとんど含まれていない。

 

なので必死に食べてきても意味がない
髪の毛の主成分を増やすには
タンパク質や亜鉛、ビタミンBが
豊富なもの
をとるように心がけよう!

 

第2位 美容の為にコラーゲンを食べても意味がない
食べても意味がない理由ですが
コラーゲンはタンパク質の一種で
細胞と細胞の間のクッションの役割を
はたしています。

 

コラーゲンを食べると消化の過程で
分解されてアミノ酸に変化してしまう

もはやコラーゲンではないのです。

 

美肌の為にコラーゲンを増やすには
全て自分の体で作られたものなので
その大元でもある
繊維芽細胞というものが生成しているので
活発にする事で
コラーゲンを作ってもらうしかない
その栄養源はビタミンAとCです。

 

バターやチーズ
海苔や鰻がビタミンA豊富
ビタミンCはレモンや緑茶
等を積極的に摂ろう。

 

しかし近年の研究ではコラーゲンは
全てアミノ酸に分解されるのではなく
一部はペプチドという状態になり
体内のコラーゲン生成に役立つ役割を
するという事がわかってきた

 

コラーゲンペプチドの状態で摂取を
した場合は分解行程を省略できるため
普通のコラーゲンよりも吸収性が高く
美容・健康に良い結果を得られた
という研究結果も報告されている

 

第1位 太るのを気にして肉の脂身を避ける必要なし
太る原因にはならないという
医学的には脂肪は食べても太らないと
言われていて
食べた脂肪は体内で様々な使い道がある。

 

細胞膜やホルモン、胆汁を作る材料となる
皮下脂肪としてたまる余地は殆どないという。

 

消化に時間がかかり余った脂肪は
便として排出されていくので
肥満の原因にはならないのです。

 

医者が教える食べ方 番外編

パンやパスタを食べる時の最強の味方は
ワインです、ワインは血糖値を下げる!?

 

ワインが血糖値を上げにくくするのは
タンニンがポイント、タンニンが糖の
吸収を抑えて食後血糖値の上昇を
緩やかにしてくれます

 

赤ワインにはタンニンが含まれているが
白ワインはどうなのか?

 

白ワインには酒石酸というものが
沈殿しているのでこれを摂取する事で
タンニンと同様の働きをしてくれる
量はグラス1~2杯が理想的です。

 

最後に摂取カロリーが多い少ないで
太る太らないを判断するな!

牧田先生話していた。

 

 

スポンサードリンク