2018年3月13日放送のこの差って何ですか
今回は危険なイビキ、そして
睡眠時無呼吸症候群になる人の差について。

 

 

スポンサードリンク

 

イビキをかく人とかかない人の差って?

イビキは年代でもかく人とかかない人がいる
20代は20%程度の人がいびきを
かくようですが、60代にもなると
60%程度の人がいびきをかくようです。

 

サバンナの高橋さんもよくいびきをかく
いびきをかく人は太っている
イメージがあります、しかし高橋さんは
太っていませんよね。

 

梶本先生の話では、寝ている時に
舌が喉に垂れるか垂れないかで決まる。

 

いびきのメカニズムは、仰向けで寝ていると
舌の根元が様々な理由で垂れてしまう
結果、気道が細くなって
空気の流れ悪くなり空気の振動が出てくる
これがいびき
なんです。

 

いびきを放っておくと、将来
睡眠時無呼吸症候群を患う可能性がある
これは舌の根元が垂れ下がり
気道を完全に塞いでいる事で起こる

 

高橋さんは一晩で無呼吸が70回も
起こしていた、命の危険があるそうです。

 

舌が垂れてしまう3つの原因とは?

睡眠時無呼吸症候群と診断された3名
この方たちに舌が垂れてしまう
原因が隠されています。

 

1人目は64歳男性、舌が垂れた原因は
『加齢』
舌の筋肉、舌筋が衰えたために
気道を塞いでしまったのです。

 

2人目は39歳男性、舌が垂れた原因は
『肥満』
肥満で舌が垂れるのかというと
体重が増えると体だけではなく
舌も太る、そして重くなる
その結果、喉の奥へ垂れてしまう。

 

3人目の23歳女性 舌が垂れた原因は
『あごが小さい』
したのあごが小さい事で、舌が
後ろに下がってきてしまう
舌を収めるスペースが狭いのです。

 

小顔の方は
睡眠時無呼吸症候群を
起こしやすいとのこと。

 

睡眠時無呼吸症候群の対策法は横向き寝とCPAP療法

高橋さんの場合はCPAP療法が推奨された
鼻から空気を絶えず送り続けて
呼吸が止まることがなくなる。

 

家で出来る対策法は横向きで寝よう
8割の方がイビキ半減するとのこと。

 

また、あまりやりたがらないかと
思いますが、リュックサックを背負って
眠ると横向きになります。

 

最後に片側にライトを灯して眠る
無意識に明るいのを避けるため
その結果、横向きで眠れるという。

 

 

スポンサードリンク