2017年8月14日放送の人間とは何だ?3時間SP
医療革命と銘打って、健康や長寿について
様々な特集をしていました
続いては糖質制限ダイエットについて。

 

専門科の指導で肥満に悩む10名がダイエットに挑戦

期間は1ヶ月だそうです、やることは糖質制限ダイエット
内容はとっても簡単で
糖質量は1日に150g以下に抑えるだけです
緩めの糖質制限ダイエット。

 

そして1ヶ月後、ほとんどの方が減量に成功
一番痩せた人は1ヶ月で6.1㎏も下がりました!
更に体重のみならず体内にも変化がありました。

 

それは空腹時血糖値が下がっていた、という事
空腹時にも血糖値が高い状態だと糖尿病のリスクが
格段に上がってしまいます。

 

次に健康につながる2つの長寿スイッチがオンになった
1つ目はケトン体が増加、これは全員上がっていた。

 

ケトン体とは食事を食べられない時などに
脂肪をエネルギーとして使用する、そして脂肪を肝臓に持っていき
ケトン体が作られる、これが脳のエネルギー源にもなる。

 

長寿スイッチにもケトン体が関係していると言われている
遺伝子の働きを変え、認知症予防にも期待されています。

 

2つ目のポイントは腸内細菌の種類が増加した
腸内フローラのバランスが健康の維持をしてくれて
バランスが崩れると様々な病のリスクとなる
このように言われている。

 

健康な人は腸内細菌の多様性が高く、病気の時は
多様性が減少するケースもあります
肥満の人は腸内細菌の多様性に乏しいと言われている。

 

糖質制限をし、食事のバランスを変えた結果
超な細菌の多様性が出てきたという事になります。

 

 

スポンサードリンク