近頃の糖質制限ブームは勢いが
衰えるどころか、加速の一途を
辿っています、そんな中とても
興味深い研究発表がありました。

 

炭水化物が食べたくなる神経細胞発見?
神経細胞の名前は
視床下部にあるCRHニューロン
という
神経細胞の一部です。

 

CRHニューロンが活性化することにより
炭水化物を多く含む食べ物を
好んで食べるようになるとのこと。

 

どうして活性化するのかというのは
ストレスが関係しているようです。

 

詳しい内容はこちらをご確認ください
炭水化物が食べたくなる神経細胞を特定

 

 

スポンサードリンク