2017年6月16日放送のその原因Xにあり、今回は
ダイエット特集です、本格的な夏が近づいていて
薄着になると体のラインが気になりますよね?
そこで身体をシュッと引き締めるためには
どうすればいいのかを紹介。

 

 

スポンサードリンク

 

ポッコリお腹はある生活習慣が原因だった!?

街頭調査でも一番気になる部位はお腹でした
そのせいかお腹のラインが見えない服で
隠していたりしています。

 

どうしてお腹がぽっこり出てしまうのか?
以前はむくみ腸が原因、ということでしょうがココアを
紹介していました。

 

ですが、食事を気をつけ運動を気をつけてやっている
という人でもお腹がぽっこりと出ている
という人もいらっしゃいます。

 

その原因は何なのかというと・・・
座り過ぎ生活にあると言われているのです。

 

肥満の人は1日になんと9時間半も座っている
肥満じゃない人よりも2時間半以上も座っている時間が多い
どうして座り過ぎで肥満となってしまうのか?

 

座りすぎの生活をしていると大腰筋が衰えてくる
そうなると猫背になって骨盤は後ろに傾く
そしたら内臓が前に押し出されてしまうのです
その結果ポッコリお腹になってしまう。

 

大腰筋が衰えているかどうかをすぐ調べる方法

1 背筋を伸ばして椅子に座る
2 足を肩幅に開き胸の前で腕を組む
3 椅子から断つ、座るを素早く繰り返す
4 たった時、膝は完全に伸びた状態
  座ったときはきちんと座る

これを10回繰り返すことで大腰筋年齢が分かる。

 

年齢別のチャートはこのようになっています

 

ですが、大腰筋はいくつからでも鍛えることができる
どうやればいいのでしょうか?

 

大腰筋は3秒の両脚アップで鍛えよう!

1 椅子に浅く座り、両手で端を軽くつかむ
2 3秒で両脚を上げ、3秒かけて下ろす

反動をつけたり、体をそらしすぎないようにする。

 

最初のうちは高く上げる必要もなく
慣れてきたら段々と高くあげればいい
1度に10回1日3セット行いましょう。

 

・大腰筋エクササイズ2 ジャイアントウォーキング
大股で歩く、というだけのウォーキング
太ももを高くあげ、歩幅は靴一個分前へ踏み出す
連続して10分以上行うと効果的。

 

 

スポンサードリンク