冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

人間とは何だ、スペルミジンという腸内細菌を美根代さんは持っていた!どの食べ物にある?

Pocket

2017年8月14日放送の人間とは何だ?3時間SP
医療革命と銘打って、健康や長寿について
様々な特集をしていました
次は美根代さんの健康長寿の秘訣について。

 

 

スポンサードリンク

 

松たか子さんがぎんさんの末っ子の美根代さんの生活に密着

相変わらず松たか子さんはきれいですね~
という個人的な感想はいいとして・・・
ぎんさんの末っ子である、美根代さんは御年93歳!

 

午前8時に起床し、それから洗顔をする
冬でも水で洗顔をするそうです
松さんが顔を触るとその感触はとてもプルプルと
していたとのこと、そこには秘密が・・・・

 

見た目が若い人ほど健康で長生きといいます
伊賀瀬先生の話では、見た目の若い人は
血管の年齢も若いという研究結果が出ている
見た目は血管年齢のバロメーターとも言われている。

 

実はぎんさんは健康長寿の調査をするため解剖されていた
そこでわかったことは、ぎんさんは108歳で
お亡くなりになられていたが、血管年齢はなんと
20歳から30歳、実年齢よりも若かった
のです。

 

血管年齢が若いと、心疾患や脳疾患などの病気にも
患いにくいとも言われています、更に渡邊先生は
自分は実年齢より若いと思う高齢者は死亡率が低い
というデータもあるといいます。

 

話を美根代さんの密着に戻しますが朝食は
味噌汁作りから、玉ねぎと豆腐を切り出汁と
赤みそを入れて溶いていくが、あまり溶かさないまま
沸騰させて豆腐と揚げ玉を入れていく。

 

でもこのように沸騰させるには理由があり
味噌汁の器に生卵を入れてそこへ味噌汁をかける
卵を入れる理由は、週に卵を4つ程度食べると
糖尿病のリスクは減ると言われているのです。

 

朝食後は家族でお話をするとのこと
この何気ない会話でもスイッチが、それは笑う事で
ガンになりにくいと言われている
これはよく言われていますよね、免疫力を
アップさせてくれるなどもそうですね。

 

そして散歩のスピードも美根代さんは速い
歩くスピードが速い人は健康で長生きとも言われ
将来健康でいられる確率は2.5倍程度
高かったと言われている。

 

美根代さんは毎日のように筋肉を使うために
自転車に乗っている、これは凄いですね
すいすいと自転車こいでました
用事がある時はいつも自転車で移動するとのこと。

 

そして毎日美根代さん流のストレッチをしている
毎日続ける、という事は簡単そうで難しい
継続しているという事だけで素晴らしいです。

 

昼食は良くいく喫茶店で、コーヒーとサンドウィッチ
から揚げを食べました、更にコーヒーは
脳卒中リスクが2割も低下すると言われている。

 

美根代さんの体の中はどうなっているのか?

東京へきて健康診断を受ける事に
やってきたのは東京健康長寿医療センター
4項目をチェックしました。

 

驚きの結果が出ました、まずは肌年齢から
美根代さんは65歳!、マイナス30歳ですよ
お姉さんもマイナス30歳でした。

 

次に血管年齢
美根代さんは10歳若かった
そして一番驚いたのが腸内細菌の状態。

 

スペルミジンという腸内細菌が多く含まれていた
マウスにスペルミジンを与えると大幅に
寿命が延びたという結果が出ている
健康長寿の手掛かりとなる物質として注目を集めています。

 

更に酸化を防ぐという事にも期待されている
食べ物から摂取することが可能で
豆類や長期熟成したチーズなどに含まれている

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?