ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

世界仰天ニュース、マウイイワスナギンチャクはパリトキシンという神経毒を持つ生物

Pocket

2017年7月18日放送の世界仰天ニュース
命を脅かす危険な生物、一体何が原因なのか?
アクアリウムが原因でシェアハウスがとんでもない事に。

 

 

スポンサードリンク

 

アクアリウム、美しい水槽に潜む猛毒

熱帯魚などを水槽に入れて、綺麗なライトをつけて
楽しむアクアリウム、ですがそれがきっかけで
大変なことになってしまった方たちがいる。

 

2014年1軒のシェアハウスでそれは起こった
住民の1人が、激しい咳とひどい頭痛、そして関節痛
うがいをするため洗面所へ向かうと
他のルームメイトも同様の症状が・・・

 

薬を探しにリビングへ行くと、飼っていた
犬と猫も嘔吐をしたりしてぐったりしていた。

 

そしてもう一人のルームメイトもいて残り
2人よりもひどく救急車を呼び病院へ
検査の結果異常はなし、何かの中毒症状かと思い
住民に話を聞くと、食事は別々に食べていた。

 

食べたものは原因ではない、いつもと違う事といえば
ルームメイトの1人が仕事から帰宅した時
他のルームメイトにアクアリウムが趣味
という人がいた。

 

水槽の中身をバージョンアップさせていた
違う事はそれ位だった。

 

その水槽バージョンアップをしたルームメイトが
一番症状が重かったのです、そこで医師はアラスカ州の
機関に報告をした、すると中毒症状を
引き起こした原因がわかったのです。

 

マウイイワスナギンチャクは世界一の神経毒を持つ!?

『マウイイワスナギンチャク』
こいつが原因だったのです。

 

非造礁サンゴといわれる一種、ハワイのマウイ島
近海にだけ生息、範囲は非常に狭い
しかし非常に強い毒を持つことで有名なサンゴ。

 

『パリトキシン』
という神経毒です、フグ毒(テトロドトキシン)の50倍ある
この毒が体内に入ると、筋肉痛、マヒ、けいれん
等を起こす、酷い場合は心臓と肺の血管を収縮させて
窒息をさせ死に追いやる。

 

現在、パリトキシンの解毒方法はありません
水槽のバージョンアップの際、このマウイイワスナギンチャクが
含まれていたのです、しかし水の中に
いる限りは人に害を与えないのです。

 

ではなぜ、このようなことになってしまったのか?
水槽にうつそうとした時、マウイイワスナギンチャクの
破片が床に落ちたのです、そして粘液を出していて
その中にパリトキシンが多量に含まれている

 

床に落ちた破片から粘液が、更なる不運は
誰も床に落ちたことに気づかなかった。

 

そして時間が経過して、粘液が乾燥して粉末に
その粉をクーラーが舞いあげてしまい
鼻や口から体内に入ったと考えられる

 

アクアリウムが趣味のルームメイトは2日ほど入院し
大事には至らなかった、残りのルームメイトも
1日で体調は良くなっていった、犬や猫も同様。

 

マウイイワスナギンチャクほどのパリトキシンの
含有量はないが、沖縄から伊豆諸島までは
少量のパリトキシンを持つサンゴが生息
していることが確認されている

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?