アメリカの研究者がすごい実験結果を
発表しましたね、なんでも脂肪を溶かす
貼り薬の開発に成功したんだとか。

 

現在はマウスの実験での成功なのですが
貼り薬(スキンパッチ)をつけることで体内の
代謝をあげていく。

 

その過程で、エネルギーを蓄積する白色脂肪
(恐らくこれは中性脂肪かと予測)
これをエネルギー燃焼をする褐色脂肪へと
変化させていくというのです。

 

マウスを使用した実験では4週間で貼り薬(スキンパッチ)の
部分の脂肪が20%も減少したといいます
貼り薬自体は3日おきに張り替えていたそうです。

 

確かにこの貼り薬が人間に導入されると
肥満の方は大喜びとなるでしょう、しかし今のところ
人への臨床研究というのは行われていない。

 

しかしここで考えられることって、果たして
皮膚にとっては安全なものか?という点

 

脂肪を減らすということは、何らかの強力な力が
その貼り薬にはあるということにも
なるわけじゃないですか?

 

恐らく簡単に臨床研究が出来ないのは、こういう点も
クリアになっていないからなのでは?
って推測をしたりしています。

 

なので実用化、という考えは当分先の話
という風に思いながら待っているのがいいかもしれません。

 

 

スポンサードリンク