冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

団塊スタイル、目の病気、加齢黄斑変性や緑内障に気を付ける事は?春のパッチリ鍋は美味しそう!

Pocket

団塊スタイル、目の病気、加齢黄斑変性や緑内障に気を付ける事は?春のパッチリ鍋は美味しそう!
2017年3月10日放送の段階スタイル、今回は
目の病気についての特集です
日本では失明の原因で一番多いのが緑内障ですが
近年急増しているのが、加齢黄斑変性という目の病気
どうして急増しているのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

緑内障の恐ろしさ

73歳の男性、すでに片方の目は緑内障の影響で失明
左目で見る事しかできません、その左目も少し
緑内障に侵されています。

 

最初の異変は7年前で、周りの景色が違う・・・
という事で気づきました、右目だけで景色をみたら
半分ほど真っ暗になっていたのです。

 

慌てて病院へ駆け込むと緑内障と診断されて
右目はかなり進行しているという事がわかったのです。

 

緑内障というのは、網膜の視神経に視神経乳頭という
ものがあり、これは構造上もろいという事がわかっている
眼球に圧力がかかると、視神経および視神経乳頭に
傷がつき圧がかかり、それで段々と見えなくなってくる。

 

眼圧が上がるのは、房水の排出が上手くいかなくなるため
加齢によって房水の出口に老廃物が溜まり
排泄が上手くいかない。

 

なので治療には眼圧を下げる点眼薬をさしたりする
そしてレーザー治療で、房水を出しやすくする
という治療法もあります。

 

男性の場合は残念ながら進行が早く、半年で右目は失明
更に右目の激しい痛みに襲われました、眼圧は
普通の3倍近くになっていた。

 

その時診察した先生は、眼球は硬く目は赤くなる
というひどい状態になっていた、なので手術をし
房水を外へ排出させるようにしました。

 

緑内障で失明する確率は1.25%以下といわれていますが
かといって油断してはいけません。

 

緑内障が見つかりにくいのは、両目で見ると
視野のかけている部分を補って、正常に見えている
ような映像になってしまうのです、余計な補正とでも
いうのでしょうか、それがかかってしまう。

 

早期発見で点眼治療を続ければ
10年から20年は視力を維持することができる。
緑内障の手術をするのは、0.1%以下といわれている。
主にインプラント手術が適用されています。

 

男性が経った半年で失明した理由は?

実は男性、糖尿病患者だったのです
目薬の他にも、糖尿、高血圧の薬などを服用している

 

生活習慣を改めるというのは、糖尿病の他にも
目に対しても必要だという事でもあります。

 

自分で緑内障に気づく方法は、簡単なところでは
片目で景色を見たりして、視野が欠けていると怪しい。

 

春のパッチリ鍋の作り方

目の老化予防にいいのはアスタキサンチンといわれている
特に鮭には多く含まれ、ルテインもいい
ほうれん草やブロッコリーに多く含まれている
これらを鍋料理で食べるようにしましょう。

 

春のパッチリ鍋というものです、作り方は
1 鍋に水と昆布を入れて少し置き、火を入れる
2 イワシのつみれを作る、材料は後ほど
  レンコンと玉ねぎは乱切り、イワシを入れて
 フードプロセッサーで混ぜる
3 出来たつみれをひと煮立ちした鍋に入れる
4 次に豚肉、菜の花、タラの芽などを豚肉で巻き
  お鍋に入れる、次にトマトを湯むきして具材を
  入れていく
5 最後に鮭、ほうれん草、ブロッコリー
 カキを入れ、そして湯むきのトマトを入れて
ごま油を入れて、具材に火が通れば完成です。

 

加齢黄斑変性は現在急増中の目の病気

82歳の男性、目がみにくくなり病院へ行ったら軽い
白内障という事がわかり、その後加齢黄斑変性
という事がわかりました。

 

加齢黄斑変性は、網膜の中心に黄斑というものがある
光を一番受けるのでダメージが大きく、異常が起こりやすい

 

紫外線などで視細胞の下で老廃物が溜まる
老廃物の影響で炎症が起こり、その炎症を取るため
もろい血管が出来る、そのせいで黄斑が盛り上がり
景色が歪んで見えたりする、最悪そのもろい血管が
出血を起こすと、失明したりすることがある。

 

なので外出時は、紫外線対策をする必要がある
帽子をかぶったり、サングラスをしたり
そしてテレビを見る時間を減らすなど。

 

更にルテインのサプリメントを摂取したりしている
ルテインは紫外線の吸収をガードしてくれます。

 

食事でもルテインを豊富に含む緑黄色野菜をたっぷりとる
男性は目にいい食事をきちんと食べています。

 

更に散歩では1日5千歩を欠かさず行っている
血流がよくなることで、老廃物を排出
しやすくなるためです。

 

予防のポイントとして、生活の改善、軽い運動、喫煙や
ブルーライトを避けるようにしましょう
加齢黄斑変性の予備軍は1200万人もいるとのこと。

 

治療法としては、目の中に注射をしてお薬を入れる
という方法があります、新生血管を鎮静化させるとのこと。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?