ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

主治医が見つかる診療所、愛華みれ、ゆーとぴあホープ、がん体験者の生死を分けたポイント

Pocket

2017年6月19日放送の主治医が見つかる診療所
今回はがん発症のサインや対処法の特集
現在2人に1人が、がんを患う時代となっています
私たちは自分の命を守るためにどのような事を
していけばいいのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

早期発見、早期治療よりも重要な事

癌の死亡推移というのは、対策対策といわれながら
ぐんぐん上がっていて、現在は死亡原因1位と
なっています。

 

特に喫煙と肺がんの関係というのはきっても
切れない関係で、現在男性のがん死亡率が
トップとなっている。

 

早期発見、早期治療も大切だがなによりも
予防をすることの方がよほど重要です。

 

がんの種類と主な原因(もちろん全てではない)
・胃がん、肝臓がん、子宮がん
 これらは細菌の感染症が原因で患う可能性がある

・乳がん、前立腺がん、大腸がん 子宮体がん
 これらはホルモンが原因で患う可能性がある

・肺がん、食道がん、喉のガン
 これらはタバコが原因で患う可能性がある

 

癌の原因は、食生活やたばこ、飲酒などを
含めれば7割も関係している、つまり!
これらの乱れた生活を防ぎ、改善をしていくと
知らない間にがん予防が出来ている
という事にもつながるのです。

 

愛華みれさんを襲った悪性リンパ腫がわかるまでの症状

元宝塚のトップスターでもあり、その後は舞台などで
活躍をされた女優さん、43歳の時にがんを患った。

 

2008年の元旦に、当時おつきあいしていた
男性にプロポーズをされ幸せの絶頂でした、しかし
1ヶ月後にあることに気づいた、首の根本あたり
鎖骨付近にゴルフボールぐらいのしこりが現れた。

 

最初は特に気にも留めなかった、痛みもなく
その当時はネックレスをきつく巻いていたので
一時的な腫れだ、と思っていた。

 

その後冷やしたりしたが、そのしこりは
なくなりませんでした、その後ポロポーズされたので
愛華さんの家族に顔合わせをした時
愛華さんの兄に、しこりのことを話すと
すぐに病院へ行くよう強く訴えました。

 

というのも、愛華さんの兄の友人も同様の症状が
あったのです、もちろんお兄さんはがん
という事はわかっていた、でも愛華さんには
上手く伝えないように、脂肪腫だという言い方をした。

 

そして検査をすると、検査した医師がある病院を紹介
『有明のがん研』
だったのです、つまりがんの可能性が高かった
そこでアンケートを受ける、がんの告知などの
希望の有無などを記していくものでした
そして医師から告げられたのは、悪性リンパ腫だった。

 

悪性リンパ腫というのは血液のガンです
リンパ球の一部がガン化してしまい、命を脅かす
年間で26000人が診断されるようです
高倉健さんが悪性リンパ腫で命を落としている。

 

愛華さんのステージは3に近かったようです
予断を許さない状況だった、しかも新たな舞台を
抱えていたので、すぐに治療を開始しようとは
思わなかったようです。

 

ですが治療をするきっかけとなったのが
治療を受けなかった場合の話を聞き、ここは
命を最優先として舞台降板をして治療に専念。

 

抗がん剤治療を6セット行いました
もちろん副作用もつらいものでした、しかし
あることが生死を分けるポイントとなった。

 

それは食事をしっかりとる事でした
抗がん剤の治療中は食事がほとんど食べられない
事が多いのですが、愛華さんは気力で食べていた
愛華さんの中で、抗がん剤で自分にとっていい栄養も
破壊されているので、それを補うためには
食事が必要、そのように考えていたのです
なので食べて吐いても、更に諦めず食べていた。

 

辛い抗がん剤治療を5ヶ月頑張り、舞台に復帰
そして6年後には寛解を迎えました
つまりがんがなくなったのです。

 

がん闘病中の食事で意識したいのがタンパク質
タンパク質は細胞のもととなる栄養です
苦しくても積極的に摂りたいところ。

 

余命半年と宣告されたゆーとぴあホープさん、4回もがんになった!

ゴムパッチンで一世を風靡したゆーとぴあホープさん
今も現役でお笑いを行っています
しかし、ここまでの道のりの間
4回もがんを患っていたのです
大腸がん、肺がん、胃がん、小腸がん(極めて珍しい)

 

最初のガンは大腸がんでした、それまでの生活は
豪快でした、そして大腸がんとなった
発見のきっかけは、医師の友人に検査を促された
内視鏡検査をした際、ガンと思われる
腫瘍(ポリープ)が10個ほど見つかったそうです
それをすべて取り除きました、幸い転移もなく
治療はうまくいきました。

 

しかし6年後に体に異変が・・・肺がんです
咳が多く出るようになり、痰もでたのですが
そこに血が混じっていた、そこでおかしいと思い
病院へ行くと肺がんがわかったのです。

 

余命半年と宣告されました、自暴自棄に
なりかけたが治療をすることになった1人目は妹さん
ボロボロになって亡くなったのを覚えていて
次にレオナルド熊さん、ガンの前では人は恐怖を
覚えてしまう事を感じ、治療を選択した。

 

ゆーとぴあホープさんのがんは、大腸がんからの
転移ではなく新たにできたがんだったそうです

 

それからというもの、ゆーとぴあホープさんは
人のやさしさに触れ、考えが変わっていったそうです
この頃から食事面を気にするようになっていった
そして手術をして治療はうまくいきました。

 

しかしその5か月後、急激に体重が減り病院へ行くと
がんが2か所同時に見つかったのです
胃がんと小腸がんでした
特に小腸がんは極めて珍しいがんです。

 

64歳の時に見つかり、手術で摘出することに
そして人生最後になるかもしれないと思い
仕事を引き受けました、正月番組だったそうです
そして後に手術をすることに。

 

8時間に及んだ手術は無事に成功しました
手術から5ヶ月後には、お笑いの舞台に復活を遂げた。

 

ガンを体験した方々のがんのサイン、生死を分けたポイント

近畿大学の塩崎均医師、消化器外科医の先生で
現在は学長を勤めております。

 

そんな塩崎先生は末期がんを患い余命1年と宣告
それが12年前でした、60歳の時です
当時は近畿大学の院長でした、当時最先端だった
PET検査を自身でやってみるとステージ4の
胃がんが見つかったのです。

 

医師という事もあり、画像を見ておもいました
あ、もうだめだと。
そこまで進行していたにも関わらず症状は全くなかった
これはどうしてなのか?

 

胃がんの場合、進行していても出てくる症状が
胃もたれや胃痛がほとんど
これって胃がんではなくてもよくあることですよね
これでわかりにくくさせているのもあるのです。

 

そこで塩崎医師は新しい治療法の実験台になることに
IMRTという放射線治療を試してみました
当時は胃がんに放射線治療を用いることはなかった
胃の周辺の臓器に放射線があたることで
穴が開いてしまう事があるからだそうです。

 

IMRTは放射線の範囲を小さくしてがんにフォーカスし
当てる事が出来るので、周辺の臓器へのダメージは
最小限で済ませることができるとのこと。

 

放射線治療と抗がん剤治療をやっていき
徐々に腫瘍が小さくなって
その後、手術で胃を取り除き無事に治療ができた。

 

続いて元看護師の78歳の女性、67歳の時にがんが見つかった
進行性の大腸がんでした、女性はわずかな異変で
気づくことが出来ました。

 

体のわずかな異変が起きたことに気づいたのはご主人
同じように歩いていても、坂道になると
遅れてしまい、疲労感が強く出ていた

 

次におならとげっぷが多く出ていた
検査を受けるように促しても大丈夫の一点張りだった。

 

しかし検査を受けるきっかけになったのが
ご主人の指摘、同じものを食べているのにどうして
こんなにも便が匂うのか?

 

ここでやっと検査を受けることに、そしたら
上行結腸が狭窄していて、大変ながんという事がわかった
そこで大腸の初めの部分とその付近を摘出しました
その後は新たにガンはみつかっていません。

 

最後の証言者は、田所園子医師、麻酔科医です
子宮頸がんを患った、41歳の時。

 

がん発見のきっかけは、毎年受けていた健康診断が
この年の時は異常細胞がみられるとの事で
再検査を促された。

 

再検査の結果、子宮頸がんがわかった、ステージ1でした
更に腺がんだったので転移しやすいタイプのガン
子宮と卵巣の全摘出が必要でした。

 

田所医師は医師という立場から素早い決断をした
これが生還したポイント、全てを取り除くことを
決断したのです。

 

手術をし術後の経過もよく、数週間後には退院
その後の検査でも異常は見つかっていないそうです。

 

がん検診率が上がらない理由

トップ5はこのようになっている
1位 時間がないから
2位 健康に自信があり必要性を感じない
3位 心配な時はいつでも医療機関を受診できるから
4位 経済的な負担があるから
5位 怖いから

という事になっている。

 

短時間で受けられる最新のガン検査、唾液だけでわかる!

林マヤさんが最新のガン検査を受けることに
大泉中央クリニックの砂村眞琴先生が
最新の検査を行っている。

 

それはどういう検査なのかというと
唾液を使ったがん検査なのです。

 

すい臓がん、大腸がん、乳がん、肺がん、口腔がん
この5つのがんのリスクがわかります
費用は1回15000円となっている
診断の結果、林マヤさんは全て異常なしでした。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?