冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

主治医が見つかる診療所、危険な肩こりの見極め方8つのポイント

Pocket

2016年5月16日放送の主治医が見つかる診療所
今回はただの肩こりだと思ったら実は危険な
肩こり、というテーマ。
肩こりだと思ったら、心臓病だったなんていうのは
たまに耳にしたりすることがあります。
どうしてただの肩こりではなくて、危険な病が
肩こりを引き起こすのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

肩こりの方向が右側?左側?それとも両方?

この肩が凝る方向で病が変わってくるといいます。
ただの肩こりで済めばいいのに・・・って思うのですが。

 

体験者の方の話を聞かせてもらう事に。
72歳男性、25年前に心筋梗塞と診断されました。
最初の異変は、診断の半年前、肩こりで
ずきんずきんと痛みが出ていました
しかも痛みは左肩だけだったんです。

 

男性は最初、職業病かな?って思っていたそうです。
そば屋さんをやっていましたので。
左肩に料理を乗せて出前をやっていました。

 

でもずーっと痛かったのです、マッサージにも
行きましたが、それでも痛かったそうです。
24時間常に痛くなるというものでした。

 

男性はそこで何かあるのではないか?と
思い始めていました、その最初の肩こりから半年後
8月の暑苦しい時期に、喉が詰まる感じに苦しみが
起こりました。

 

仕事中に起こったので、いったん自宅に帰って寝ることに。
しかしどのような格好にしても
苦しみが止まることはありませんでした
ので
医者へ行くことに。

 

そこで心筋梗塞を知らされたのです。
すぐに冠動脈カテーテル治療をして一命をとりとめました。
しかしその後、16年後とそれから更に4年後に心筋梗塞が
起こったのです、その時も左肩に痛みがあった

 

男性は、肩こりがあっても揉んでも楽にならない
という場合は疑った方がいいとおっしゃっていました。
体験ですから参考になりますね。

 

次に54歳男性、最初の異変が起こったのは20年ほど前の
30代の頃、営業マンとして忙しい日々を過ごしてました。
その時、肩甲骨の周りが凝るというかハリを
感じたそうです。

 

ただ、この症状が1か月に1回位だったので気にせず
放っておいたのですが、月日が流れるごとに
痛みの範囲が大きくなり、痛みが激しくなっていきました。

 

月に1回程度の痛みの頻度も週1回にまでになり
肩こりの他にも歯の痛みや頭痛も起こりました。
最初の異変からおよそ10年後に、我慢できない
位の痛みが10分続き救急車を呼んでもらい病院へ行きました。

 

医師から告げられた病名は狭心症です。
心筋梗塞の手前のような状態をいいます。
もちろん放っておくと心筋梗塞になってしまいます。
男性は適切な治療を受け助かりました。

 

心臓の病気と左の肩こり、痛みの関係は?

どういう関係があるのでしょうか?
体には神経が張り巡らされていて、それは全て脳につながっている
脳に向かえば向かうほど、神経の束も太くなる。

 

心臓の神経と左肩や左腕の神経が同じ経路のため
脳が錯覚して感じてしまう、これを放散痛といいます。
脳も騙されてしまうといったところでしょうか。

 

普通の肩こり危険な肩こりの見極め方

このような症状が出て、継続している場合
お医者さんへすぐに行きましょう。

 

・細川医師
マッサージなどでは改善しない痛み
階段を登った後など運動した時に凝る

 

・秋津医師
コリの場所や感じ方があいまい

 

・中山医師
揉んだとき、気持ちよさよりも痛みが強い

 

・丁医師
肩井という肩のツボがあり、そこを押すと
違和感がある

 

・森先生
どんな姿勢をとっても改善されない

 

・神山先生
背中などに違和感のある痛みを伴う

 

・姫野先生
片側だけの肩こりは内臓の病気を疑う

 

・南雲先生
全身のだるさ熱っぽさを疑う

 

右肩が凝る危険な病気

左肩だけではなく、右肩のこりでも
危険な病があるのです、体験者の話をお聞きすることに。

 

73歳女性、最初の異変は43歳の時でした。
この時右側の肩のちょっと下あたり位が
重い感じのコリ
を起こしました。

 

右肩のこりは悪化していき10年間我慢していました。
動けなくなったこともあったそうです。

 

右肩のこりを感じて14年後、この時に受けた
健康診断でC型肝炎が見つかったのです。

 

肝臓の病気を患う人は、右肩にコリのような
症状が出る場合があるといいます。
肝臓の上に横隔膜があり、肩の周りの筋肉と
繋がっていますので、横隔膜が刺激されると
右肩にコリや痛みが出る
と言われている。
これもまた脳が錯覚してしまった結果です。

 

指圧代もすごかった、1か月目21万円、2か月目18万円と
かかっていたそうです。
C型肝炎はお薬で改善されていきました。

 

スタジオゲストのTKOの木本さん、上記の女性と
同様で右肩の凝りがつらいとおっしゃっています。

 

重たい荷物を持っていてそれをおろした疲労感が残る
首が回せなくなるほどの凝りも出るようです。

 

また4年前に胆石が見つかっています。
胆のうとは肝臓と十二指腸の間にあります。
大きさは8.8㎜だそうです。

 

右の肩こりと感じ始めた時期と胆石が
見つかった時期が重なっています、ひょっとしたら
何かあるのかもしれませんね。

 

そして秋津先生が再検査をすることに。
結果どうなっていたのかというと、8.8mmから
11㎜となっていました、側面は19㎜となっている

 

大きくなっていますね・・・
しかし問題はないんですが、表面がざらざらしていて
これがぽろぽろ取れていきこれがどこかへ
詰まってしまうと、人が味わう中で
一番ともいえるくらいの激痛に襲われます。

 

胆石が大きくなったのは、ひょっとしたら
糖質制限ダイエットをしていたからと言われている。
無茶な事をしたせいで大きくなっていったと。
無茶なダイエットはするものじゃないですね
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?