2018年5月5日放送の
世界一受けたい授業で気象病の
特集をしていました
気象病になりやすい人がいるようです。

 

 

スポンサードリンク

 

気象病になりやすい人って?

気象病とは天候の影響で交感神経が
過敏になる、患者数は1000万人と
言われております。

 

気象病になりやすい人には
ある特徴があり、それは
『乗り物酔いしやすい人』
耳の中にある内耳という部分が
敏感になり、梅雨などでも
反応してしまい気象病となってしまう。

 

くるくる耳マッサージのやり方

両耳の上の部分を持ち5秒間
上に引っ張る、次は耳の横を持ち
5秒間引っ張る、続いて耳たぶ
下に5秒引っ張ります。

 

耳を軽く横に引っ張りながら
後ろ方向に5回まわします。

 

最後に耳を包むように折り曲げ
5秒キープ、1日3回行いましょう。

 

内耳の血行が良くなり自律神経が整い
気象病が緩和してくるそうです。

 

 

スポンサードリンク