腸内環境を整える強化月間!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

1975年の食事が最強!?がんや糖尿病の予防にも!世界一受けたい授業より

Pocket

4月25日放送の世界一受けたい授業、1975年の食事が現代では
最強!?っていう特集をまとめました。
よろしければご覧ください。

 

1975年の食事が最強と言われています。
一体どういう物が食べられていたのでしょうか、気になりますね。
おまけに糖尿病やがんという病も防ぐことができるとか。

 

教えてくれたのは、都築毅先生です。
摂取カロリーは1975年の方が高いんですって、現在より。
DSC_0233
BMI値もこういう感じ。
DSC_0234

 

マウスの実験ではありますが、様々な年代の食事を
与えても1975年の食事を食べたマウスは、内臓脂肪の
つき方が少ないようです。
DSC_0235
糖尿病はマウスでということもありますけど、リスクは下がってますね。
DSC_0236
同じくマウスだけど、肝がんの発生数も1975年は少ないと。
DSC_0237

 

1975年以前、以後の食事ってどういう物を食べていたのでしょうか?
1960年代はご飯が多く塩分が高い食事
DSC_0238
1975年は洋食と和食が並ぶ食事でした
DSC_0231
2000年代は食の欧米化が進み、脂質が多くなっている食事です。

 

1975年の1日の食事がこういう感じだったそうです。
DSC_0239

DSC_0240

DSC_0241
現代と変わらない、と言われることがありますが違いが3つ。
ポイント1 食材が多い。
一つの料理からでもたくさんの材料が使われています。
なので栄養バランスがいいんですね。
DSC_0242

 

ポイント2 大豆や卵が多い
おからや卵焼き、オムレツなど良質なたんぱく質を
食べていたました、現在もタンパク質はとれていますが
肉からがほとんどです、1975年の食事では植物性から
摂取していたので脂質がたまらないと。

 

ポイント3 発酵調味料が多い
醤油みりんなどの発酵調味料が使われていたのがよかったと。
味噌汁だと1日2杯くらいでも大丈夫。

 

発酵成分の味噌は何千もの成分が含まれていて、栄養価も高い。
がんや脳卒中を防御し、美肌効果も期待ができると。

 

だけど塩分が・・・って気になるけどそれでも
1日3杯飲んでも高血圧にはならないだろうと言われてます。

 

1975年の食事で塩分が気になる人には
あるものがたくさん使われていたんだとか。

 

それは出汁。
出汁を使う事で塩分が少なくても味を感じられる。
私も出汁はよく使います、いいんですよね~使い勝手もいいから。
やはり多くの食材を少しずつでもいいから摂取するのがいいんですね。

 

ドべネックの桶というものをご覧になるとわかりやすいかと
思いますが、バランスよく食事をしているこうなります。
DSC_0243
桶の中にたまっているのが栄養効果です、バランスがいいと
上の画像のようにたくさんの水を貯えておくことができます。
これが体の栄養となるんです。
だけど、栄養素が1つでも少ないとこうなってしまいます。
DSC_0244
栄養素はダダ漏れです、結果肥満や成人病のリスクが高まる、という事です。

 

ここで城田さん、高畑さん、三田さん、高橋さんの1日の食事の
写真を撮って、先生が点数を付けます、
1位 高畑さん
DSC_0245
朝に卵などを足せば100点だそうです。

 

2位 三田さん
DSC_0246
親子丼に味噌汁やサラダを足すといい。

 

3位 城田さん
DSC_0247
上位2人に比べると脂質が多くバランスが悪いようです。

 

4位 高橋さん
DSC_0248
朝食をとっていないのがかなりのマイナスです。
バランスがいいのはやはり1位の高畑さんですね。

 

改めて1975年の食事をおさらい
DSC_0232
バランスよく食事をして健康ライフを過ごしましょう!
読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?