冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

世界一受けたい授業、加熱をして栄養がアップする食材はこれ!

Pocket

2017年1月14日放送の世界一受けたい授業、今回は
加熱すれば栄養アップがテーマ。
どのような食材を加熱すると栄養アップするのか?

 

 

スポンサードリンク

 

こんな食材を加熱したら栄養価が変わる!

柿を加熱すると、シトルリンとGABAがアップする
梅干しも焼くと、クエン酸が糖質の一部と化学反応を起こし
ムメフラールが作られるのです、一度暖めると
梅干しにはムメフラールが残ります。

 

ホットクッキング1 漬物ステーキ

飛騨高山地方の家庭料理、ごま油を引いた
白菜の漬物を火が通る位に炒めて、それからとき卵を入れて
軽く火が通るくらいに炒めて完成。
漬物には乳酸菌が含まれているため、加熱することで
腸内も温まっていき、腸内環境の働きがよくなる。

 

ホットクッキング2 もずくコロッケ

ジャガイモ、豚ミンチ、もずくのみで作れます
もずくに醤油を入れて混ぜる、豚ミンチも塩コショウを
して炒める、ジャガイモはゆでて潰す
これらを全て混ぜて、普通のコロッケと同じように作れば完成。

 

もずくに含まれるフコイダンが血流を良くしたり
血糖値の上昇を抑える、加熱することでもずくからフコイダンが
出てきてより多く摂取できる、またもずくはビタミンCを
含んでいないがジャガイモには含まれているため、相性もいい。

 

ホットクッキング3 ピーナッツご飯

ご飯を加熱する前に、粉末コンソメ、醤油、酒を入れる
そこへ薄皮付きのピーナッツを入れて
1時間半ほど寝かせてから炊飯すれば完成、ピーナッツの薄皮には
ポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用がある
薄皮は加熱すると苦味もなく食べやすいそうです。

 

ホットクッキング4 ホット飲むヨーグルト

加熱されることで内臓を温め、冷たい状態よりも
便秘解消効果に期待が持てる、この時期には
しょうがを入れればさらに効果アップ
暖める前にすりおろした生姜を入れて、600wの電子レンジで1分半
暖めると完成です、ショウガのジンゲロールが
ショウガオウルに変化し
体を芯から温める。

 

ヨーグルトを温めると乳酸菌は死滅してしまいます
40度で死滅すると言われているのですが、この死滅した乳酸菌は
腸内の乳酸菌のエサとなる
ので心配はいりません。

 

ホットクッキング5 焼きチョコレート

オーブントースターで板チョコを焼くだけでサクサクになる
板チョコを1口大に割り、アルミホイルの上で等間隔にあけて
1000wで1分から1分半焼く、表面がぷくぷくして来たら出来上がりの合図
トースターから出し、粗熱が取れれば完成となります。

 

ホットクッキング6 ホット杏仁豆腐

牛乳に練乳、アーモンドエッセンスを入れて混ぜながら暖める
市販の杏仁豆腐に温めた汁をかけるだけで完成!

 

ホットクッキング7 焼きミカン

皮をむかず網の上で中火で10分温めると完成、ミカンの皮には
果肉の3倍のビタミンCが含まれている、皮ごと熱することで
皮の栄養が内部に浸透して生で食べるよりも多くの栄養を摂ることができ
ミカンの果肉は体を冷やすので、冬は温めて食べる方がいい。

 

ホットクッキング8 焼き芋ようかん

熱したフライパンにバターを入れて芋ようかんを入れて
全体に焼き色がついたら完成、スイートポテトのような
食感になるようです。

 

サツマイモにはビタミンCが多く含まれていて、ビタミンCは
熱に弱いのですが、サツマイモの場合は加熱しても
でん粉がビタミンCを守ってくれるため、残る量が多い。

 

ビタミンEも含まれているため、バターで焼くことで
ビタミンEの吸収率もアップさせてくれる。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?