2018年4月10日放送のスゴ腕の専門外来
もう第10弾にもなるんですね
今回は6つの最新治療を紹介
続いては最先端医療について。

 

ガンを追尾して狙い撃ち

開発者の京都大学医学部附属病院
溝脇尚志教授に話を聞くと
肺がんなどは呼吸に伴い
臓器も動くため腫瘍も動く

 

従来の放射線は腫瘍が動く範囲
全てに照射していて、正常な細胞にも
放射線があたっていた。

 

しかし、動体追尾放射線治療
通称Vero4DRTという最新機器では
腫瘍部分のみに放射線を
あてることが出来るようになった

 

現在京大病院では、条件を満たす
患者さんにのみ、保険適用でこの治療を
受ける事が出来るようになっている
全国ではまだ先の話です。

 

再生医療で顔が若返る

築地クリニックコスモス板谷先生は
赤い液体を取り出した

 

患者さんの細胞を培養していて
赤い液体には、患者さんの栄養素と
培養液が入っています。

 

それをしわやシミがある部分に注入し
再生を促すという、これを
自己線維細胞移植といいます。

 

自分の細胞を使用するため
副作用はほとんどないといいます。

 

この治療を受けた人はつやとハリが増し
ほうれい線が目立たない

という事が起こったという。

 

保険適用外で顔全体を行うと
100万円かかります。

 

世界初切っても血が出ない魔法のメス

滋賀医科大学の谷徹先生
ハサミ型のメス
アクロサージといいます。

 

豚の血管を切っていったのですが
全く血が出ないのです
どうしてか?

 

切っている時にマイクロ波を使っていて
切断面を瞬時に凝固させる
つまり切断と止血を同時に行っている

既にいくつかの病院では使用されています。

 

 

スポンサードリンク