冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

ガッテン、ビタミンD不足は骨や筋肉を弱くする!鮭などを食べて補おう!

Pocket

2017年6月7日放送のガッテン、今回は
骨と筋肉のパワーを蘇らせる、という特集
それにはあるビタミンが重要といわれている
それはなんなのか?どのようにして
骨や筋肉を蘇らせるのかも知りたいです。

 

 

スポンサードリンク

 

ある成分が人体から大きく減っている!

昔は小学校で日焼け大会みたいなことをしていて
色の黒い子供たちが多かったように思います
一方現代はというと・・白い肌の若い男女が多い。

 

海水浴にも変化があり、1985年の辺りは
肌を焼いていたが、今ではラッシュガードなど
着ていて肌を焼かないようにしている。

 

1980年代に20代だった、現在50代の女性
小麦肌から美白に変わるきっかけがあったのです
それは1990年にあったオゾンホール問題。

 

オゾン層とは地球を薄い膜で取り囲み、太陽からの有害な
光を吸収するエリアです、そのオゾン層に穴が
開いているため太陽からの有害な光が侵入してくる
という事で小麦ブームが終焉を迎えたと言われている。

 

日焼けブームが終わったことによって
ある成分が人体から徐々になくなっていき
現代の20代の若者は、ある成分の血中量が減ったのです。

 

それはどのようにして作られるのかというと、日差しが
関係している、コレステロールに日差しがあたると
ビタミンDに変化する
そう、このビタミンDが人体から減ってきているのです。

 

ビタミンDと健康のヒミツ

帝京大学ちば総合医療センターの岡崎亮先生
ご専門は骨なのですがビタミンDについても詳しい
現代の若者はビタミンDの血中量が1980年代頃に比べ
5割も減少しているといいます。

 

ビタミンDの役割というのは、いまいち
わからないという人に簡単に説明すると
骨と血液の中のカルシウムの濃度を保つために必要な成分

 

もしビタミンDが足りないと骨がきちんと育たないし
血中内のカルシウムの濃度が下がってしまう、カルシウムが
吸収されるにはビタミンDが必要です、いくらカルシウムを
含む食品を食べた所で、吸収するために必要なビタミンDが
少ない状態だとあまり吸収されません

 

ビタミンDがたっぷりと体内にあると、カルシウムが
少ない状態でもきちんと吸収してくれます。

 

岡崎先生はある女性を診察しました、その女性は色白で
低カルシウム血症になっていた、つまり血液内の
カルシウム濃度が低い状態でした。

 

これによっておこることは、手足が絶えず痺れる
口元がぴくぴくしている、このような症状というのは
他の病気で起こることは知っていたが、まさか
単なるビタミンD欠乏でこういう事が起こるとは思わなかった。

 

この女性は完全ガードといっていいほど、日差しを避けていた
そして菜食主義なので、ビタミンDが含まれている
食品もほとんど摂取することがなかったそうです。

 

 

岡崎先生の見解では、恐らく10代20代の若者ほとんどは
ビタミンD欠乏ではないかと思っている
骨密度が低下している可能性があります。

 

ひょっとしたら、50代以降で多いとされる
骨粗しょう症が将来40代や下手をすると30代後半でも
出てくるかもしれないのです。

 

ビタミンDが働くのは骨だけではなく、臓器や筋肉
脳にも重要な成分です、欠乏状態になると
からだに様々な異変が出てくる。

 

日焼けと皮膚がんの関係

気を付けるのは日光浴後に肌が赤くなるくらい
焼いてしまう事だけ、気を付けましょう

1日15分程度の日光浴は、皮膚がんのリスクは
ほとんどないとのことです。

 

日焼け止めクリームを塗るのもなるべく
しない方がいいとのこと、女性はこの問題
悩みますね、焼きたくない人が多いでしょうから。

 

妊婦さんもビタミンDの摂取に気を付けてほしいとのこと
赤ちゃんにカルシウムを多く持っていかれるので
仮にビタミンD欠乏状態だと、いくらカルシウムの製品を摂取しても
うまく吸収できない状態、カルシウムよりもまずは
ビタミンDを摂取するようにしましょう。
その他にも、日光浴をしたりするのも忘れずに
そのままにすると産後、骨密度が弱くなってしまいます。

 

ビタミンDを多く含む食材はあるの?

リオ五輪、女子レスリングで吉田沙保里さんを倒した
マル―リス選手、積極的にビタミンDを摂取していた

 

アメリカのオリンピックトレーニングセンターへ取材
するとちょうどビタミンDの講義をするところ
もちろん選手もこの話を聞いています。

 

ごくごく普通の食事が出てきたのですが、すでに
ビタミンDが多く含まれているというのです
その理由ですが、マッシュルームと牛乳が食卓に
並んでいたのです、これらはもともとビタミン類や
カルシウムが多く含まれているのは知られている。

 

その他にも、これは驚いたのですが
アメリカでは、ビタミンD入りの食材が
たくさん販売されているのです、牛乳やシリアル
その他の食品にも添加されている

日本ではこのようなことはありません、いわゆる添加物なので
なるべく摂取したくはないですね。

 

では日本ではどうなのか?
新潟県の村上市、鮭の名産でもあるのです
鮭の養殖を日本で初めて成功した地域。

 

鮭を干して保存食にしたり、身だけではなく
皮も内臓も余すことなく食べるという。

 

鮭1切れで、ビタミンDの1日の推奨摂取量の
2日分以上の量が補えるといいます。

 

魚類は、サンマ、アジ、サバ
キノコ類 まいたけ、ほししいたけ、えりんぎ
是非これらの食材をうまく使用した料理を作ってみましょう。

 

足裏だけ日光浴してもビタミンDは生成できるのか?
足裏だけ出して、それ以外は長袖などを着用して日光浴をしたら
その結果、ビタミンD濃度はわずかですが上昇しました
浴びすぎには要注意しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?