冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、つまづき転倒の新原因は身長低下と背筋の衰え、上体反らし体操と背筋体操をしよう!

Pocket

2017年10月24日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
3つのテーマが特集されています
最初はつまづき転倒について。

 

 

スポンサードリンク

 

そのつまづきで深刻な事態になる事も

走っている時やちょっとした段差
何でもないような所でつまづく事多くないですか?
年を重ねれば重ねるほど深刻な事態になる事が多い

 

要介護のリスクも大きく高まります
転倒事故はここ数年急増している、もはや
社会問題といっても過言ではない。

 

転倒の原因の一つとして、筋力低下が挙げられる
踏ん張りがきかず転倒しやすくなる
しかし、今年の6月に下半身の衰えとは別に
つまづきの新原因がわかったのです。

 

埼玉県にある伊奈病院、整形外科部長の
石橋英明先生が新原因に気づいた
ある特徴を持った人たちが、転倒しやすい。

 

つまづき転倒を引き起こしやすい人の特徴とは?
20代などの若いころに比べて体の
ある部分に変化がみられる人、という話。

 

そこである検証をする事に、つまづきが
気になり始めた60代以上の11名の男女に
集まってもらいました。

 

集まってもらった人の中には運動をきちんと
行っている人もいます、週5日1回40分の
ウォーキングやホットヨガ、エアロビ
ゴルフなど運動には自信のある人がいます。

 

そこであることを行ったら、11名中6名の人が
転倒の危険性があることがわかった
足腰に自信がある、といっていた人ばかり

 

ある事の話の前に、まず開眼片足立ちテストをします
開眼片足立ちテストのやり方はこうです
目を開けた状態で腰に両手をあてたまま
片足をあげます
、この秒数を調べます。

 

バランスを崩し早く足をついてしまうと
転倒のリスクが高い。

 

つまづきリスクが高い人は、平均14.7秒
リスクが低い人は平均53.4秒も立っていられた

 

では片足立ちテストの前に何をやっていたのか?
それは、身長を測る事だったのです
身長とつまづき転倒のリスクと何の関係があるの?

 

身長とつまづき転倒の関係

何の関係があるのかとても不思議ですよね?
つまづき転倒のリスクがある6名の話を聞くと
身長を申告した際、いくつの時の身長かというと
20代の頃の身長だったのです。

 

そして改めて数十年ぶりに測ると身長は縮んでいた
しかも全員縮んでいたのです。

 

これが2㎝以上縮んでいるとリスクがあるのです
どうしてかというと、人は年を取ると
身長は低くなる、理由は色々あるがその1つが
背骨と背骨の間に椎間板があり、それが減ると
身長が低くなってしまう
のです。

 

知らず知らずのうちに猫背に変化し
体のバランスが悪くなり転倒のリスクが高まる

2㎝以上というのは、それだけ縮むことで
転倒リスクが2倍も増える。

 

更に背中の筋肉の衰えも身長低下に関係している
その理由は、背筋がしっかりしていると背中の筋肉が
背骨をしっかり引き上げる事ができる

 

この背中の筋肉が加齢で弱くなると、重力で
前かがみになると筋力が弱いと背骨を引き上げる
事が出来なくなる、これによって椎間板や骨にも
負担がかかり背中が丸くなりやすいのです

 

といっても身長を測るものが家には
ないので、自宅では確認しようが
ないですよね?そこでです・・・
身長の低下でのつまづきやすさの簡単チェック法
というのを紹介します。

 

壁テストというものを行います
壁の前に立ち、壁にかかとを付けお尻と
背中をつけてまっすぐ前を見て立つ
この時後頭部が壁についていれば問題なし
壁につかない場合は、背中の筋肉が衰え
前かがみの姿勢になっている可能性
がある。

 

こんな風にはなりたくないですよね?
そこで紹介されたのが、背中の筋肉を鍛える
石橋先生おすすめのつまづき予防法です。

 

背中の筋肉を鍛える体操、上体反らし体操と背筋体操

・上体反らし体操のやり方
1 楽な格好でうつぶせに寝る
2 両手を床につけたまま上半身を
  反らすようにゆっくりと肘を伸ばす
3 5秒キープして反らすのをやめる

この動作を3回繰り返す。

 

・背筋体操のやり方
予めクッション、座布団、枕のどれか一つを用意
1 クッションをおへその下に入れうつぶせに寝る
2 両手を腰のあたりで組む
3 その状態のまま上半身をそりかえらせる
  (少し胸が浮く程度でもOK)
4 5秒間キープしおろす

この動作を5回繰り返す。

 

転倒リスクの高い女性に、この2つの体操を
検証もかねてやってもらいました
毎日きちんと取り組み5日目に変化が・・・・

 

それは階段をすたすたと軽やかにあがっていけた
予防体操の効果が出たのか?
検証最終日、最初の頃に比べると太ももの
ツッパリ感がなく、2つの運動が楽にできるように
なったと話していました。

 

再び開眼片足立ちテストをやってもらいました
前回は24秒でしたが、今回はなんと1分23秒という
前回の3倍以上の結果を残す事が出来ました!

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?