2018年5月15日放送の
たけしの家庭の医学3時間SP
今回は好評の
名医のセカンドオピニオン特集
最初は腰痛のセカンドオピニオン。

 

 

スポンサードリンク

 

腰痛の落とし穴にはまった事で・・・

福島県立医科大学附属病院の
大谷晃司先生が今警鐘を
鳴らす症状は腰痛です。

 

患者さんが訴える腰痛とは別の
場所が原因で腰から痛みを発している

という場合もあると話す。

 

そんな落とし穴にはまった70歳女性
今では腰痛も治まり家事も
出来るようになっているが、3年前は
立つことも一苦労、歩く時も
どこかにつかまっていないと
歩けない状況だったのです。

 

ご主人が献身的にサポートをし
どのように乗り越えていったのか?

 

最初の異変は10年前、還暦を迎えた頃
パート先での仕事中、腰全体に
重だるい痛み
を感じていた。

 

気にはなっていたがそのまま作業を
すすめていくと、お尻から太ももにかけて
しびれるような痛み
が出た。

 

その後も、日に何度かはしびれるような
痛みが起きていました。

 

異変に気付いたのはご主人
過去に自分の友人が腰痛を放っておき
歩けなくなった話をしました
そこでご主人と一緒に整形外科へ。

 

医師は一通り検査をして診断結果は
脊柱管狭窄症だといいました
これがファーストオピニオン
です。

 

脊柱管の骨が変形し神経を圧迫
したため痛みやしびれが出る腰の疾患
医師からは神経の炎症を抑える薬を服用し
腰に痛みが出ない姿勢を守りました。

 

しかし・・・痛みは一向に治まらない
それどころか痛みやしびれが
激しくなるばかり、そこで医師に
相談してみると手術の話が・・・。

 

ご主人に相談をして手術を受ける事に
その後手術は無事成功しました
後はリハビリを行いながら体調管理を
するだけの話だったが・・・

 

手術をした後なのに、腰の辺りがずきずきする
痛み
が出てきたのです、2か月後には
リハビリ体操を行っていた時に
お尻に激痛がはしったのです。

 

手術をした病院に駆け込むと、お尻の骨に
ひびが入っていた
のです、これはあまり
ないことと医師は話していた。

 

そこで骨密度を測ることに、すると
骨粗しょう症の診断基準を大きく
下回っていた
、なので骨粗しょう症を
進行させない薬を処方されました。

 

しかし・・・
治療の甲斐なく症状はエスカレート
廊下を歩いていた時の事、腰のあたりに
鋭い痛み
が・・・ずきっとした
痛みとは違う、きりでぐりぐりと刺された
様な痛みに変わった
のです。

 

自分の体はどうなっているのか?
病院に駆け込んで診察を受けたのですが
結果は異常なし、引き続き
骨粗しょう症の薬と筋肉の炎症を
抑える薬を服用するのみ。

 

途方に暮れていた時、ご主人が朝ご飯を
作りカルシウムが多い食事を用意したり
杖を買ったり、トイレに手すりをつけたり
洗濯物を干したりして献身的に
支えてくれたのです。

 

しかし女性の腰は悪化の一途をたどる
ちょっと体を起こすだけで腰が痛む
寝ている時に寝返りを打っただけで痛む

 

いつしかその痛みは全身に広がっていった
その後、外出はおろか部屋にこもりっきりに。

 

そこでご主人はなんと仕事を辞めて
そばにいて寄り添う事を選んだのです

 

しかしここで・・・
事態は大きく動こうとしていました
かかりつけ医の先生のスケジュール表に
大谷先生が来る日があったのです。

 

かかりつけ医が女性の相談をしました
ここで大谷晃司の診察ができるようになった。

 

2015年11月に女性と大谷先生の診察が開始
女性は今までの経緯を全て話しました。

 

大谷先生は全身の痛みの話を聞き
・筋肉、神経、骨、痛みの感じ方の異常
これらを中心に触診をしていくことに。

 

筋肉、神経、痛みの感じ方を触診で調べると
異常はなかったのですが、骨の異常を
調べていた時、腕と足の甲を触る
痛みが出ていたのです。

 

その他にも、骨盤や腰の骨、すねでも
痛みが出ていました。

 

大谷先生は痛みの原因は全て骨で
起きていると推測、そしてレントゲンと
MRIを撮影する事に。

 

すると痛みの出る所に骨折が確認され
特殊な血液検査をしたら
腰痛の本当の原因がわかりました。

 

それこそが・・・
『ファンコニー症候群』

 

ファンコニー症候群とは?

何らかの原因で腎臓の機能が低下
尿中に骨を作るために必要な栄養素が
過剰に排泄される病

 

その結果起こりやすくなるのが
骨がもろくなるという症状、女性も
全身の骨が弱くなってしまい
いたる所で骨折が起こっていた

 

なので手術をしても骨折由来の
痛みが治まることがなかった
のです。

 

原因がわかったことで女性は
骨に栄養を補う薬を服用して
すっかり症状はよくなったそうです。

 

 

スポンサードリンク