冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、メラトニン(骨の老化防止ホルモン)は太陽光を浴びて分泌させ骨粗しょう症を予防!

Pocket

2017年7月25日放送のたけしの家庭の医学2時間SP
今回は2大テーマ、骨の老化防止ホルモンと
夏バテを起こしやすい体質についての特集
最初は骨の老化防止ホルモンについて。

 

 

スポンサードリンク

 

高齢者を中心に急増している転倒による大腿骨頸部骨折

最も注意したい骨折が大腿骨頸部
つまり足の付け根の骨折です、ここを骨折すると
完全に元通りになるのは困難です。

 

こうした足の付け根の骨折は、年間で17万5千件起きて
骨折した4割近くの人が寝たきり生活

なってしまっているのです。

 

そこで大切なのが骨の老化防止ホルモン
ホルモンは常に100種類以上正常に分泌され
体調を整えています。

 

得にあるホルモンの分泌量が多いと骨折の
リスクを下げることに期待が持てるといいます。

 

世界中の医学界から注目を集めている
骨の老化防止ホルモン、その正体は・・・

 

東京都健康長寿医療センターの折茂肇先生は
骨粗しょう症の名医です
そんな折茂先生に話を聞いていきます。

 

骨折の最大の原因は骨粗しょう症といわれている
骨の量は20代から40代が最大量といわれ
それ以降はだんだんと骨密度は落ちていく

 

骨粗しょう症は沈黙の疾患といわれている
骨がスカスカになっても症状がないですからね。

 

年を取ると骨の状態はどうなってしまうのか?

50代以降の男女10名の方達に協力をしてもらい
隠れ骨粗しょう症チェックを行います

 

10名のうち、骨粗しょう症の疑いがあった人は6名
半数以上ですね、深刻ですねこれは・・・
最高齢の76歳の女性は、なんと背骨の骨折がみられた
でもどうして痛みがなかったのでしょうか?
その原因こそが骨粗しょう症なのです。

 

骨の老化防止ホルモンは、メラトニン!

脳の中で作られるホルモン、夜に多く作られ
睡眠を促すホルモンとして聞いた事が
あるかもしれません、そのほかにも
抗酸化作用や認知症を予防するという
効果も期待できると言われ、そして・・・・
骨の老化防止にも期待が持てる

 

なぜメラトニンが骨の老化を止める事に期待が持てるのか?
骨というのは、古い骨が壊れ新しい骨が出来て
これをずっと繰り返しています。

 

その骨の中には、骨を壊す細胞と作る細胞が存在する
1年間で約1割の骨が新しい骨に入れ替わる
しかし、加齢を伴うと骨の細胞バランスが崩れて
骨を壊す細胞が活性化してしまうのです。

 

そこでメラトニンが登場
骨を壊す細胞の活性化を抑えてくれるのです。

 

東京医科歯科大学の服部先生の話では
骨を壊す細胞の活性化をメラトニンが抑えてくれる
という事を見つけた方。

 

骨を壊す細胞を破骨細胞というのですが
骨の中で破骨細胞が液体を吐き出して
骨を壊しているのです。

 

この液体の正体は
『塩酸』
普段は適正な量を出しているが、破骨細胞が
活性化すると塩酸を過剰に分泌してしまうのです
ではどうすればいいのでしょうか?

 

話は変わりますが、宇宙飛行士は地球に到着直後は
骨や筋肉が弱ってしまい、歩けません
この時に起こっているのは、破骨細胞が
活性化しているためです。

 

そこで服部先生は、宇宙空間でメラトニンの
破骨細胞活性化を抑える事が出来るか?
という実験を行いました。

 

メラトニンと一緒にあるものを乗せて宇宙へ行きました
それは金魚のうろこだったのです。

 

金魚のうろこは人間の骨とよく似ている構造で
金魚のうろこのみ入れた容器と、金魚のうろこと
メラトニンを入れた容器を国際宇宙ステーションに
置いておきました。

 

実験期間はわずか1日、その結果
骨を壊す働きは地上にいる時とさほど変わらない
レベルだったのです。

 

これでメラトニンが破骨細胞の活性化を
抑えられるという事がわかった。

 

メラトニンを十分に分泌させる2つの方法

獨協医科大学の平田幸一先生の話では
一番身近な方法がありますが、その前に
メラトニンの分泌の仕方をグラフで見てみると
日中はほとんど分泌されていないが、夜の11時頃から
段々と朝の4時くらいにピークを迎え朝の9時には
分泌がほとんどない状態へと戻っていく

 

分泌のカギを握る重要なものとして太陽の光がある
光を浴びる時間帯と、光を浴びる量がポイント
時間帯は朝に浴びる事が良くて、体内時計が
リセットされ、メラトニンが14時間後から16時間後に
メラトニンが分泌されるようになる。

 

次に光の浴びる量が多いほど
メラトニンの分泌量は上がっていきます。

 

番組ではこんな検証をしてみました
朝の光を浴びメラトニンを分泌させることで
骨の状態は変わるのか?
という検証です。

 

平田先生の話では、朝に太陽光を浴びるという事が
ポイントで、浴びる時間は20分から30分でいいとのこと

 

この2つの条件で、検査で骨の状態が良くなかった
あの女性に検証をしてもらいました
最高齢の76歳の女性です。

 

76歳の女性のメラトニンの量は6.2gでした
平均の半分以下の量です、破骨細胞の活動量は
291で平均の309よりも下ですがギリギリのライン
です。

 

次にどれだけ太陽光を浴びているのかを調べます
理想的な光の量は、太陽光を30分浴びる事ですが
女性は10分だけでした、これではメラトニンが
十分に分泌されません。

 

なので普段より20分多く、家の外に出てもらう事に
検証は5日間です、5日間経ってから
再びメラトニンの量と破骨細胞の活動量を
調べてみると・・・

 

メラトニン量は平均が14.8で前回は6.27
5日後は7.99へとアップ
しました。

 

続いて破骨細胞の活動量、前回は291でしたが
277にまで減らすことが出来ました

たった5日間で変化するものなんですね
長く続けると更に良くなっていきそうです

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?