ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、下半身型冷え症は夏バテ体質?ツボと作り置き薬膳で改善していこう!

Pocket

2017年7月25日放送のたけしの家庭の医学2時間SP
今回は2大テーマ、骨の老化防止ホルモンと
夏バテを起こしやすい体質についての特集
続いては夏バテを起こしやすい体質について。

 

 

スポンサードリンク

 

夏バテになりやすい体質とは?

夏バテの代表的な症状は、全身のだるさと疲労感
食欲不振、めまいや頭痛、消化器の不調

これらが比較的多い。

 

夏だから仕方ないと、放っておくと熱中症になって
しまう危険性だってあるのです。

 

今年すでに19914人の方達が熱中症で病院に搬送
されています、多いですね・・・

 

夏バテは水分不足や寒暖差で起こりやすいと
言われていたが、千葉大学の並木隆雄先生は
ある特徴的な体質を持っていると話します。

 

夏バテになりやすい体質かどうかをチェック

体質問診、全部で6つです
1 湯船に長く浸かれない
2 眠りが浅い
3 よく手に汗をかいている
4 冷房を付けると脚が冷える
5 あせりやすい
6 ちょっとしたことでかっとしてしまう

これが3つ以上当てはまると、夏バテ体質の
可能性があるといいます

 

夏バテを起こしやすい体質は、下半身型冷え症

どうして夏バテを起こしやすいのか?
冷え症にはいくつかのタイプに分かれて
・全身型冷え症
・四肢末端型冷え症
・下半身型冷え症

並木先生が患者を診てきた経験では
下半身型冷え症が夏バテしやすい傾向にあるとのこと。

 

そこで検証をしてみる事に
下半身型冷え症の女性2名と、冷え症のない女性1名で。

 

この2組の違いって何かを探るために検証は
冷房の効いた部屋で30分過ごす、室温は24度です
10分おきに体温を計測していく、サーモグラフも
使い体温の変化も調べる

 

10分後には、下半身型冷え症の方達は既に
足先の温度が1度下がっていた、更に10分後には
足先の温度が更に1度下がった、冷えなしの方はここで
やっと足先の温度が0.1度下がった。

 

そして30分たったら下半身型冷え症の2人は
下半身は寒いが、上半身に熱を感じるそうです
測定結果では、2人の上半身は温度がアップし
冷え症を感じない人の変化はほぼなしでした。

 

なぜこんな変化が起きたのか?並木先生の話では
下半身に行くべき熱が上半身に溜まり
冷えのぼせのような状態
になっている。

 

下半身型冷え症の人はエアコンなどの冷たい空気に
過剰に反応してしまう体質だそうで(原因は不明)
下半身の自律神経が過剰に反応し
血管を収縮、その結果下半身が冷えて上半身に
熱が溜まってしまうのです。

 

いわば血液の循環が下半身にあまり行き届かずに
上半身での循環が多く冷え症となっている状態
夏バテを起こしやすい理由として
この冷えのぼせが考えられるのです。

 

この状態で屋外へ出てしまうと、更に体温が上昇し
脳の温度も上昇し、過剰な発汗にも陥りやすく
夏バテ症状が強く出てしまうのです。

 

ではこの冷えのぼせの状態や下半身型冷え症という状態を
どうにかして正常に戻していきたいですよね?
それは一体どうすればいいのでしょうか?

 

下半身型冷え症の人が夏バテを回避する方法

家庭でも簡単にできる体質改善法を紹介
2つ方法があり
「ツボと薬膳」

 

1 ツボ
冷え症体質を改善に期待が持てて、夏バテ体質も
よくしていくツボを3つ紹介、教えてくれるのは
千葉大学の森田先生。

 

1つ目は血海(けっかい)
血海の場所は、膝のお皿の内側の指3本分上にある
消化器の機能を高め全身の血流を良くする
痛きもちいい位強く押しましょう、1回10秒でいい。

 

2つ目は太渓(たいけい)
足のうちくるぶしとアキレス腱の間の
少しくぼんだ所にあります、下半身や腹部の
血流を良くする、腎の機能を高め体質改善を促す。

 

3つ目は八風(はっぷう)
足の指の付け根の部分全部です、指と指の間ですね
足先の冷えに対して即効性がある
どれもすぐに止めず1ヶ月は続けましょう。

 

2 薬膳
薬膳とは薬になる食事を言います、漢方薬と
同じですぐに効果があるものではない。

 

症状に合わせた食材を食べ続ける事で体質から
徐々に変えていくというものです。

 

薬膳レシピを作り出したのが、中村きよみさん
以前千葉大学でも学食でも提供されていたそうです。

 

中村先生が下半身型冷え症を改善していく
薬膳料理を紹介してくれました。

 

まず3つの食材を選択
・玉ねぎ
・セロリ

この2つは体中にエネルギーを巡回させる働きがある
・シナモン
これは上半身の熱を体中に回してくれる事に期待が持てる

 

検証に協力してくれるのは、下半身型冷え症の女性
作り置き薬膳料理は別記事にさせていただきます。

家庭の医学、セロリと玉ねぎの鶏肉炒めの作り方、作り置き薬膳料理

 

このセロリと玉ねぎの鶏肉炒めをベースとし、次の日以降
様々なアレンジをしていき食べていく、5日間の検証では
このようにして食べていきました。

 

1日目 ご飯にのせて食べた
2日目 パスタにのせて食べた
3日目 そうめんに乗せる
4日目 トルティーヤに巻いて
5日目 オムレツの具材として食べた

もちろん、3つのツボを押すことも欠かさずやりました
足先の温度が検証前の28.5度から34.3度に上昇
顔は35.4度だったのが、34.8度になった
ただ、何度も言うようですがこれは長く続けないといけません
面倒くさがらずにやっていきたいですね。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?