冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、腸漏れ(リーキーガット)はお酢(短鎖脂肪酸)と食物繊維で防ごう!

Pocket

2017年8月22日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
今回は3つのテーマ、腸漏れ、心臓やわらか物質
テロメアの特集、最初は腸漏れについて。

 

 

スポンサードリンク

 

全身の不調や病の原因、ひょっとして腸漏れ?

腸内フローラのバランスが保たれていれば
様々な体調不良から身を守る事が期待されている
しかし現代、生活習慣の乱れから腸内フローラは
乱れきってしまっています。

 

そんな時、ある異常が起こっているといいます
そこで出てくる重要ワードが
『腸漏れ』
腸の中の毒素が漏れ出して、体内で様々な不調を
起こしているというのです。

 

そこで腸漏れの徹底調査を番組ですることに
40代から60代の男女合計20名に協力をしてもらう事に。

 

皆さん様々な症状を抱えています
・慢性的な便秘
・肝臓の数値が一部ではあるが高くなっている
・高血圧
・血中コレステロール値が高い

行っていく調査は血液検査、腸から漏れ出した
毒素が混入していないかを調べました。

 

通常範囲は0.1だそうです、20名の結果は
どうなったのかというと20名中18名だったのです!

 

腸漏れって要はどういう状態なの?

なんと40歳未満でも腸漏れは起こっているようです
横浜市立大学大学院の中島淳先生は腸漏れの
研究をいち早く研究しているとのこと。
そんな中島先生が腸漏れとはどういう状態なのか?
まず医学的な病名は
『リーキーガット』
リーキーガット症候群とも言われている。

 

腸漏れというのは小腸で起こっている
小腸は食べ物を分解し栄養を吸収する臓器
その小腸の壁は綺麗に並んでいて
ここに秘密があるのです。

 

腸の壁の細胞、その下に血管があります
腸の壁の上に腸内細菌がうじゃうじゃいて
その物質が漏れ出ていかないように腸の壁の細胞が
綺麗に隙間なく並んでいる。

 

腸内細菌の中にも悪玉菌がいてますので毒素を出す
これは人体に害を与えてしまう、通常なら便として
悪玉菌から出る毒素は排出される。

 

しかし腸の壁に炎症が起きてしまうと壁の一部が
弱くなってしまい毒素が漏れ出す、つまり
リーキーガットが起こってしまうのです。

 

これが血管の中に入っていき血液に流れて
全身に運ばれる、そして様々な場所で問題を起こす。

 

腸漏れを放っておくと命に関わる事もある

更に命にもかかわる重大な病の原因にもつながる事が・・・
それを体験した72歳の女性の話では
自覚症状は何も起きなかったのですが
不調が次々と現れてきたそうです
その原因が腸漏れだった。

 

その腸漏れが4つの病をもたらしたのです
最初の異変は17年前
それまでは健康的な日々を過ごしていた。

 

しかしある日、いつものようにランニングをしていると
特に激しく走ったわけでもないのに息苦しくなった。

 

それから数日後の夜
寝ているときに新たな異変が起きた
それは激しい咳に襲われました

 

すると胸の辺りから
『体の中で風が吹いているような音』
が聞こえたのです。

 

翌日近所の内科を受診、すると喘息と診断されました
実はこれが腸漏れがもたらしたとされる第1の病でした。

 

それから5年後、60歳で健康診断を受けた時の事
医師から糖尿病と診断されました
これが腸漏れが原因の第2の病。

 

しかしこれらは序の口で、今後さらに激しさが増す
更に2年後に新たな病に襲われる
買い物に出かけようと書きだそうとしたその時
手に力が入らなくなり、鉛筆がつかめなかった。

 

そして痺れる感覚もあり、ふと庭に目をやると
目がちらつきろれつが回らない状態に
すぐに救急に連絡し病院へ
検査の結果、脳梗塞が見つかった
腸漏れがもたらした第3の病
残念ながら左半身にマヒが残ってしまいました。

 

そして今から5年前、女性は67歳の時
夏の暑い日に寝ていると、夏なのに全身の震えが
止まらなくなってしまった、この震えは
一体何なのか?熱を測ると39度を超える高熱が出ていた。

 

呼吸が荒く心臓もバクバクと脈打っていた
今度は一体どういう病なのか・・・病院で検査を
してもらったら敗血症がわかったのです
腸漏れが原因と考えられる第4の病です。

 

腸漏れにより毒素や細菌が全身で炎症を起こし
4つもの病を発症したという事です。

 

腸漏れを予防改善する2つの方法、お酢と食物繊維の摂取

なぜこの2つが腸漏れの予防
改善につながるのでしょうか?

 

アメリカで発表された論文には、お酢に多く含まれる
物質が腸の細胞を活性化し腸漏れを防ぐ
腸粘膜のバリア機能を促進させた

等の研究結果が報告されているのです。

 

お酢に含まれる短鎖脂肪酸がポイント
これが腸内フローラをいい状態に整えてくれるために
必要不可欠な栄養素の一種。

 

特に短鎖脂肪酸が多いのは
・バルサミコ酢
・ワインビネガー
・リンゴ酢

と言われています、しかしどのお酢でも短鎖脂肪酸は
ある程度含まれているので、強くこだわる必要はありません。

 

短鎖脂肪酸を増やすもう一つの方法が野菜をたくさん
食べる事、食べた食物繊維が腸内細菌で分解発酵されて
短鎖脂肪酸に生まれ変わってくれる
のです。

 

しかしどれくらい摂取すれば腸漏れを防げるのかは
未だにわかっておりません

 

お酢と食物繊維を毎日食べ続ける検証を行う

腸漏れがあった女性に、お酢と食物繊維を
摂取してもらう検証を5日間行いました。

 

・料理になるべくお酢を使う
・食物繊維たっぷりの野菜を意識して食べる

この2つを意識して食べてもらう事がルール。

 

検証1日目はジャガイモを使用、短鎖脂肪酸に
変わりやすい水溶性食物繊維が多い食材なので
これはお勧めだそうです、海藻類、山芋
アボカド、オクラなどにも水溶性食物繊維は
多く含まれています。

 

野菜にかけるドレッシングはバルサミコ酢を使用
短鎖脂肪酸がお酢の中でも1番多いと言われている。

 

その後もお肉に白ワインビネガーをかけたり
餃子のタレをお酢強めに作ったりして食べました。

 

すると2日目には早くも便が出たのです
その後も順調に体重が減少していったりして
5日間が終了、そして再び検査をすると
血液中の毒素の量は0.16で毒素の量は減っていました
このような生活を長期的に続けることを大切にしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?