ここに体調を整えるヒントがあるかも

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、エクオールを作るには大豆食品+フラクトオリゴ糖食品の長期間摂取が重要!

Pocket

2017年6月6日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
続いてはエクオールについての特集です
最近注目されている栄養素
しかし作れる人と作れない人がいます
作れる人はどのような食生活を行っているのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

全ての女性たちに朗報!?

女性の健康を守るためにある女性ホルモン
その女性ホルモンと同様、いやそれ以上の働きをする
ある物質が発見されたのです。

 

更年期を境に女性に多くなる病気として
・脳梗塞
・心筋梗塞

生死に関わる血管の病、60代以降の女性は男性に
迫る勢いで死亡率が高くなっていく、その原因は閉経。

 

顔のしわが増えたり、血管をボロボロにするなど
女性ホルモンというのはこれらを守るために存在する
それが閉経を境にガラリと変わってしまう
もちろん女性ホルモンの減少というのは
年を取れば誰でも起こりうることです。

 

今までの常識では、この状況を変えることは難しいと
考えられていましたが、近年の研究で解明された
新事実があるのです!

 

女性ホルモンに成り代わって身体のバリア機能を保つ
スーパー物質の発見、その物質はエクオールと言います。

 

エクオールが我々にどういうことをしてくれる?

加齢や生活習慣により、ボロボロになった血管の
動脈硬化などを徐々に状態を良くしていったり
脳梗塞や心筋梗塞の予防に期待ができて
肌のシワが減っていく、乳がん予防まで期待できる!

 

女性のみならず男性にも良い効果をもたらしてくれる
例えば血管の状態をいい方向へ持っていくなどです。

 

北海道の十勝平野へ取材に向かった
訪れたのは牧場です、そこには馬がたくさん
どうしてここに来たのかというと、エクオールの研究で
「エクオールは初めて妊娠した馬の尿から分離された」
つまり妊娠した馬から見つかったのです。

 

そこで妊娠した馬の尿を採取してエクオールの
正体を突き止めることに。

 

妊娠馬は難産防止の為、毎朝運動をしているんだとか
妊娠馬の尿を採取し調べてみると
高濃度のエクオールが検出されたのです。

 

なぜエクオールは女性ホルモンの代わりになるの?

エクオールと女性ホルモンの化学式というものがあり
これがピッタリと重なったのです、構造がそっくりなため
女性ホルモンと同じ働きをしてくれる。

 

エクオールと血管の硬さの関係を調べるため
血管の硬い人にエクオールを投与したところ
なんと血管年齢が20歳若返ったという研究結果が!

 

エクオールを自分の体内で作る方法

馬の尿に頼らずとも、自分の体内で
作り出すことが出来るのです!
その方法を、山王メディカルセンター女性医療センター長
国際医療福祉大学の太田博明先生に教えてもらいます
エクオール研究の第一人者でもあります。

 

皮膚のシワを改善していく理由というのは、エクオールが
皮膚の内側から作用してくれるためです。

 

エクオールは作れる人と作れない人がいる
更に作れる人でも、たくさん作れる人と
少ししか作れない人がいるのです。

 

そこで、エクオールを作れる人とはどんな人かを
調べていきます、50代から60代の女性8名に
集まってもらい尿検査でまずはエクオールが
あるかどうかを調べます。

 

結果は、8名中3名がエクオールを作れていて
そのうちのお1人がエクオールを大量に生成できている!

 

一体どうしてなのか?そのポイントは食生活です
どういう食生活を行っていたのか?

 

スーパーエクオール賢者はどういう食生活?

エクオールを大量に生成できる女性は
秋田県にお住まいです、体調も良く
病院にかかることもほとんどなく、風邪もほぼ引かない
ですがお酒は毎晩飲む、それでも血液検査は正常値です。

 

食べ物も意識して食べているものもないとのこと
では一体どうして?
そこで1日の食事を見てみることに。

 

朝食
・きんぴらごぼう
・玄米(白米と玄米1日おきにたべている)
・イワシの生姜煮
・味噌汁
・いぶりがっこ
・のり
・小松菜のおひたし
・納豆

というメニューでした。

 

そこでなんと、納豆にお砂糖と醤油をかけてたべていた!
女性の住んでいる地域では当たり前なんだとか。

 

昼食
・おからチャーハン
・焼き厚揚げ
・タコと豆のサラダ
・白和え

というメニュー。

 

夕食
・納豆汁
作り方は、ひきわり納豆をすりつぶす
そしてお水を沸騰させて、里芋、油揚げ、豆腐
山菜、きのこ類、そして味噌を溶き入れて
最後に納豆をザルに入れて溶き入れていく
これで納豆汁の完成です。
・枝豆
・オニオンスライス
・サンマのみぞれ煮
・いぶりがっこ
・油揚げ

というメニューでした。

 

これらの食生活を続けているということです
それを太田先生が見ると、驚いた点があります
それは兎に角大豆食品を多く食べていることです。

 

メニューを見返すと、大豆食品が本当に多い
夕食の油揚げにも中には納豆が入っている
納豆は1日1人3パック分食べている。

 

太田先生の見解では、これだけ長期に多くの
大豆食品を摂取したのもあり、エクオール産生に
繋がったのではないかと考えている。

 

エクオールを作り出しているのは腸です
大豆製品が腸に届くと、腸内細菌の一種が分解して
エクオールを作り出す。

 

つまり大豆食品がエクオールの原材料
長期間定期的に大豆製品を取り続けることにより
エクオールを作る腸内細菌、エクオール産生菌と
言われているのですが、この数が増加して
より多くのエクオールが作られるのです。

 

今まで大豆食品をどれだけたべてきたのか?
これがエクオールを作れる人と、作れない人を決める。

 

秋田県はみんなエクオールを作れるのか?
女性だけが特別なのでは?って思うかもしれませんが
実は秋田県は納豆県でもある、特に県南の地域は
大豆農家が多く納豆をよく食べているとのこと
諸説あるが、納豆発祥の地とも言われています。

 

大豆食品と一緒に取るとよりエクオールを作れる玉ねぎ+ごぼう

玉ねぎとごぼうに共通してある栄養素は
「フラクトオリゴ糖」
腸内細菌のエサとなって、善玉菌が増えて
エクオールが作られやすくなる、その他の
フラクトオリゴ糖が多い食材が
・トマト
・バナナ
・アスパラガス
・にんにく

となっています、これらの食材をうまく混ぜて
料理を作ると、ひょっとしたら
エクオールを作れる身体に変わる
可能性がかもしれませんね、それには
長期的に摂取し続けなければなりません。

 

長期的に摂取するのが面倒で、サプリに頼りたいという場合
こういうものがありますが、よければお試しください



本来は食事からじっくりと摂取していくことを推奨しています
サプリは二の次程度に利用するということを
意識してください。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?