2016年8月2日放送のたけしの家庭の医学
今回は2時間SP、夏に無理なく楽にできる方法で
高血圧、便秘、認知症を予防改善の特集です。
最後は認知症の改善法です。

 

 

スポンサードリンク

 

認知症は年々増加している病

現在463万人、2025年には700万人にまで増加
するといわれる認知症
、そこであるバスツアーを
ご高齢の方々とナイツのお二人でやることに。

 

でもどうしてナイツが?
それは漫才協会の大先輩たちが高齢化と
なっているため、65歳以上の高齢者が
30名以上もいらっしゃいます。

 

特にナンセンスという漫才コンビのお二人が
気になっているようです、立ち位置すら
ずれてしまっている事もあるとのこと(笑)
特に原田さんがまずい・・・

 

認知機能向上の特別な方法?

東京医科歯科大学の朝田隆先生に話を聞くと
人の記憶は芋ずる式で、回想法という
手法を用いて、認知機能を向上させていく。

 

回想法というのは、昔の写真や場所へ行き
記憶を思い出すヒントを与えて蘇らせる方法。

 

ポイントは2つあります
1 五感を刺激する
子供の頃の懐かしいにおい、川のせせらぎの音
なんていう事をすることで記憶がよみがえる

 

2 集団で行う
人と話しながら記憶をたどるのがポイント
記憶を整理し複数の人と話すのは、あらゆる
脳の部位を使い
脳の血流をアップさせることが期待できる。

 

バスツアーの話に戻り、認知症が気になる7名の方たちと
先ほどのナンセンスのお二人、ナイツのお二人で
昭和レトロ日帰りバスツアーへ行きます。

 

バスツアーをして血流はよくなるのか?

下町風俗資料館へいき、その次に埼玉県の下里分校へ。
既に廃校となっている所です。

 

学校を回り、教室へ行くとそこで給食を
食べる事に、私でも懐かしく思う
コッペパン、そして脱脂粉乳が出てきました。
そこで思い出話に花を咲かせていました、これもいいことだと言われてます。

 

そして最終目的地巣鴨のカラオケ店へ
懐かしい歌を聞き、その題名を当てるクイズを
したりしていました。

 

皆さまとても、懐かしい気持ちになり
楽しんでいるように見えました。
回想法って非常にいい改善法じゃないかなって思いました。

 

再び認知機能の検査をすると、8名中6名の人は認知機能が
少し良くなっていました、ナンセンス原田さんも
少し良くなっていた、これで相方さんを困らせないように
してくれればいいですね(笑)
以上となります。

 

スポンサードリンク