冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

家庭の医学、認知症予防に役立つ4つの食材はこれ!?

Pocket

2016年5月10日放送のたけしの家庭の医学、今回は
認知症を予防する4つの食材の紹介。
認知症は今後増加すると言われています、如何に
認知症を予防するのか?というのが近年
注目されています、一体どんな食材なのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

認知症を予防する4つの食材とは?

国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生の話では
認知症になっていない方が多くとっている食べ物を
調べて、その中でも4つの食材が
よく食べられていたという事がわかったのです。

 

発表されたのは福岡県の久山町。
人口約8千人の小さな町ですが、日本人の平均に
近い町、日本の縮図という感じでしょうか。
ここで研究したことが、日本の平均、という感じ。

 

久山町の85歳の女性が何を食べているのかを
見せてもらう事に。
この女性が気にしたのはやはり食事です。
その食事の紹介の前に・・・

 

記憶力もすごいです、カレンダーに何かしら
予定を書いていたりするのですが、まったく
書いていなくて、頭の中にスケジュールが
全て入っているのです。

 

そこでスタッフはある実験をすることに。
15種類の品物をみてもらい、それを覚えて買ってきて
もらうというもの、果たしてどれだけ
間違えずに購入できるのでしょうか?

 

開始6分で10個突破、結果は15個中13個
買えました、これは凄いです・・・

 

女性の認知機能はどれだけ若いのか調べることに。
医療現場でもされている認知力年齢テストをすることに。
どういうテストなのかというと

 

上中下と書かれている用紙に、位置と合っている文字に
丸を付けて、通し番号をかいていくというもの。
結果は、12歳も若い73歳の認知機能を持っています。

 

女性の1日の食事はどういう感じか?

早朝6時には起床、それから食事の支度をします。
お味噌汁を作る時、前日に煮干しを入れて
出汁を取っていました、その煮干しも
骨やはらわたをきちんととってから出汁を取っていました。

 

人参とシイタケ、豆腐やわかめ、ネギやニンジンなどを入れて味噌汁を
作りました、ご飯も炊きあがりご飯の中に、大豆も入っていました。

 

朝食はこういう感じです。
DSC_1374
朝食後、なんとバナナを切りましてそこへ
きなこ、ヨーグルトをかけました。
ん~これは美味しそうですね。

 

その後近所に住む妹さんと一緒に近所の
寄り合いへいき、折り紙をしながら話をしたりと
とても楽しそうに過ごされていました。

 

そのあと自宅へ戻りお昼ご飯。
フライパンにオリーブオイルをかけて、ちくわと
ブロッコリーを入れて炒める。
ご飯は雑穀米、そしてご飯のお供にスキムミルク。
DSC_1375

 

午後2時再び外へ、家庭菜園をしていて
色々な野菜を作られていました。
3時過ぎに自宅に戻り、おやつにチーズを食べる。

 

そして午後5時、夕食作りが始まります。
こういう感じになっています。
DSC_1376
食後家計簿をつけ、そろばんを使い計算します。
小学校の頃から使っているそろばん本当に元気な方です。

 

注目の4つの食材を発表!

1つ目は、豆腐、大豆、きな粉の大豆製品
この日はよく大豆製品をたくさん食べられて
いましたね。
女性の1日の平均摂取量は、137gも摂られている。

 

イソフラボンが認知症予防に効くというデータも
あるようです、詳しいメカニズムは
まだわかっていませんが・・・
アミロイドβを抑制しているのでは?という事です。

 

2つ目は、ヨーグルト、スキムミルク、チーズの牛乳及び乳製品
様々な乳製品を摂取していましたね。

 

女性の1日の平均摂取量は147g。
乳製品には神経細胞を保護したり成長を促す作用がある
という比較的新しい研究結果が出ています。

 

3つ目は、キャベツやブロッコリー、ゴボウなどの野菜
世界中でも野菜の可能性は研究されています。
4つ目は、ワカメなどの海藻
ミネラルなどが動脈硬化を予防し、脳卒中などから
来る認知症の予防の可能性があると言われている。

 

食事だけではなく、家計簿をつけるというのもいい。
認知機能のアップにつながる
1日の事を思い出す、かいていく、思い出す
という事をしないといけませんからね。

 

同じ食事をして認知機能は改善されるのか?

74歳女性に協力をしてもらう事に。
テレビのタレントさんの名前をよく忘れたり
買い物に出かけても、買わなくてもいいものを
ついつい買ってしまうという事があるようです。

 

認知機能のテストをしてみると、実年齢よりも
10歳も上でした。

 

4年後のオリンピックまでは認知機能を
若く保ちたいそうです。
食事は自分ではもうほとんど作っていないとのこと。

 

先ほどの85歳の女性の方が摂取していた
大豆製品と乳製品の1日の平均摂取量と日課に
していたこと、これらですね。
・大豆製品 137g
・乳製品  147g
・野菜をたくさん食べる
・そろばんをする
・実践の10日間毎日自炊をする

という事を守って実践をすることに。

 

10日間の食事内容はこのようになっていました。
DSC_1388
きちんと10日間守り再び認知機能テスト。
すると3歳の若返りに成功しました。
以上となります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?