2017年1月10日放送のたけしの家庭の医学3時間SP
今回はタイプ別のカラダ検診と解消法の特集です
最初は脳のセルフチェックから。

 

 

スポンサードリンク

 

こんなニュースを耳にしませんでしたか?

2016年、高齢ドライバーの交通事故が多かったような
印象があります、高速道路の逆走や
アクセルとブレーキの間違い・・・
これらも脳の機能の衰えが関係している。

 

では脳のどこの部分が衰えているのでしょうか?
それは注意力の衰えです

 

脳の司令塔である前頭葉が加齢などで萎縮すると
注意力が低下すると言われている。

 

運転時のみならず普段の生活にも支障が出る
・足の小指をぶつける
・調理中不意に話しかけられると、どこまで調理
 したのかわからなくなる

という事が起こったりします。

 

注意力の衰えを簡単にチェック!

注意力は認知症の中でも初期に起こってくる症状
このように言われております。

 

脳の注意力を知るために色読みテストを
行います、40個の色のついた漢字を用意
その色の漢字を読むようにする、漢字そのものを
読むのではなく『漢字についた色』を読む必要がある。
このシートを参考に。

 

例えば緑という漢字があり、この緑が赤色で
かかれている場合は赤、と答えるという感じです。

 

家族でやってみるのも楽しいかもしれませんね
誰かに色のついたペンで色の漢字を書いてもらい
それで脳の状態をチェックするという感じに。
ちなみに私、50代でした・・・・(笑)

 

もう一つ気を付けていただきたい脳の機能がある
それはなにかというと、記憶力です。

 

番組でやっていたのは、短い映像を見せて
その中のシーンをどれだけ覚えているか?
という事を問題として出ていました。

 

注意力と記憶力を改善できる方法

レシート改善法といいます、スーパーなどの
レシートを摂っておく、翌日に買ったものと値段を
思い出して答えていく。

 

日常的にこういう事をしていくと認知機能全般の
改善へとつながっていきます。

 

 

スポンサードリンク