腸内環境を整える強化月間!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

夏のだるさ、それは脳梗塞という事もある?違いには2つのポイントがあります

Pocket

8月11日放送のたけしの家庭の医学3時間SP。
今回は夏の冷え性とについての新原因を
探っていくというものなので分けてまとめていこうと思います。
続いては夏バテについての第3弾です。

 

 

スポンサードリンク

 

軽く考えてはいけない夏バテのだるさ

夏バテで更に注意したいのがだるさ、ときには命に関わる
だるさが夏場に現れることがあるそうです。

 

実際に体験した方に話を聞くことに。
66歳男性です、命拾いしたのは奥様のおかげだそうです。
一体何があったのでしょうか・・・・

 

最初のだるさから意識を失うまで4日間という
短い期間だったと、おっしゃっていました。

 

たった4日間で何が起こったのか?

1日目
連日の真夏日にさらされていました、66歳男性はスポーツ大好き。
季節を問わず、ゴルフやサッカー、テニスなどをしていました。
夏バテなんて、身体が弱いせいだという持論があるそうです。

 

そんな時、弁当屋をしている息子さんから電話が。
人手が足りないから、手伝ってほしいと。
そこへ歩いて向かいました。

 

お店についてから、弁当の中身を詰める作業をしていまして
しばらくしてから、身体が急に重くなり強い倦怠感が襲う事に。
ですが5分も経たないうちに、だるさは消え体は軽くなりました。

 

2日目
66歳男性は35度だというのに、外へ歩きに出かけました。
いい汗をかいていれば大丈夫だと思っていたそうです。
その日の夕方、車を運転している帰り道、また弁当屋で起こった
症状が・・・更にバックで車を止める時に一瞬距離感が
掴めなくなり、後ろに止めていた自転車に車をぶつけてしまいました。
ここでかなり不安になりましたが、30分ほどたつとだるさが治りました。

 

3日目
会社の後輩たちとゴルフへ、とても暑かったですが体調は絶好調。
休憩中も水分補給せず、その後もゴルフをしました。
帰り道、まただるさが襲い、更に右の手足に違和感が・・・
動かすとピリピリとしびれたような痛みが・・・・

 

さらに、急激な眠気が襲いそのまま眠りました。
1時間ほど眠っていて、自宅へ到着していました
その時は、だるさもなくなり、右手右足の違和感もなくなっていました。

 

4日目
ちょっとだるさを感じていましたが、いつも通りでした。
そして、服を着替えてこようとしたときに、歩いていると
あごを思い切り下から殴られたような衝撃があり
その後右手右足が動かない状況に。
そしてろれつもまわらない、そのまま意識を失いました。

一体66歳男性になにが?

 

なんと、脳梗塞になっていました。
1年で脳梗塞が一番多いのは夏、原因として脱水が関わっています。
汗をかいたりするので、必然的に体内の水分は少なくなります。
脳梗塞を起こす引き金となっているのです。

 

脱水状態になると血液が濃縮され、赤血球や血小板がコレステロールとくっつき
血栓を作りやすくなります。

 

夏のだるさと脳梗塞の違いとは?

夏の脳梗塞の特徴として、一瞬強烈なだるさになり
ほどなくすると治る、というのが特徴
だそうです。
あのだるさは、一過性の脳梗塞が原因とされています。

 

66歳男性のMRI画像を見ると脳の部分には白いものが写りこんでいまして
これは一過性の脳梗塞のあと、これがこの4日間で数回起こっていました。
一時的に急激なだるさに襲われ回復するのは、血栓が溶けて血流が回復したから。
だから短時間で症状は治るのです。

 

手足のしびれや痛み、距離感覚がわからないというのも
夏の脳梗塞とだるさと見分ける特徴となります

 

他にも、しびれやめまい、頭痛や物が2重に見えるという事もあります。
これは血栓が詰まった周辺部分の脳の働きが障害されたため。
なので暫くたって、しびれがないというのも血流が通るようになったから
というわけなんです。

 

ですが、脱水が元で脳梗塞を起こしたというなら、なぜきちんと
66歳男性は水分を摂っていたのにこうなってしまったのか?
それは喉が渇いただ時だけ、水分補給をしていたからなんです。
実は年を重ねるごとに喉の渇きというのは感じにくくなるそうです。

だから、水分をこまめにとることは重要。

 

お年寄りの水分補給の目安がこちら。
DSC_0338
少量をこまめにとることがいいそうです。
まだ暑い季節が続くので、気を抜かずに水分補給をしていきましょう。
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?