腸内環境を整える強化月間!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

その原因Xにあり、芸能人が行う健康法を名医がジャッジ!夏バテには鶏むね肉がおすすめ!

Pocket

2017年8月25日放送のその原因Xにあり
今回は芸能人が実践している健康法を名医が
正解か、間違っているかをジャッジする特集です。

 

 

スポンサードリンク

 

堀ちえみさんの夏の冷え性対策

常日頃からつま先立ちを実践したり、つま先を上げる
という事を行っています、これによってふくらはぎの
血流がよくなっていき、冷え症対策に期待が持てる。

 

また、睡眠時には靴下を履いたまま寝ている
名医のジャッジの結果は、全員残念。

 

一番残念なのは靴下を履いて寝ること、足の裏は
体温調節を行う機関で、暑くなってくると
寝ているときでもじんわりと汗を出したりして
体温を調節してくれる、そこを靴下で塞ぐのは
体温調節をしないといってるようなもの。

 

下手をしたら冷え性が悪化する可能性もある
なのでレッグウォーマーを履いて眠ると
足の裏は塞がれない、緩めのレッグウォーマーを
履いていきましょう。

 

的場浩司さんの夏バテ解消の秘訣

朝食は焼き立てのパンにはちみつをかけて食べる
疲れた時に糖分は必要という持論を展開し
絶大な信頼を寄せています。

 

愛用のはちみつもスズメバチのはちみつ漬けというもの
お値段1万円以上もするそうです
これが1つ目の活力法。

 

次に公園でのトレーニング、夏場でも毎日鍛えている
するとマスクを付けてジョギングをする
空気の吸う量を少なくして体により負荷をかける
ジョギングを行っています。

 

そしてジョギング後には太陽の光を浴びる
的場さんは光合成と呼んでいます(笑)
10分行っていました、これが2つ目の活力法。

 

名医のジャッジはというと・・・
まず毎日のはちみつは全員正解、優れたエネルギー源
そして疲労回復や抗炎症作用もあり
喉や咳などを和らげてくれる。

 

次のジョギングは残念が5人で正解は1人
マスクをつけながら走ると熱中症のリスクを
高めてしまう事がある。

 

マスクは薄いのであまり意味が無いので、分厚めの
マスクだと意味があって心肺機能が向上する
日光浴で風を引きにくいは都市伝説で5分以上
日光にあたると良いので、日光のあたりすぎには注意
紫外線で皮膚の状態が悪くなってしまいます。

 

また日焼け止めの塗り方にも気をつける必要がある
額、鼻、アゴ、両方のほっぺに日焼け止めを
乗せるように塗っていき、それを2時間から3時間おきに
塗り直していきましょう。

 

ホラン千秋さんのこだわり健康法

夏バテ解消ディナーとおっしゃっていました
お酢と夏野菜を使った晩御飯です。

 

鳥のささ身を1口サイズに切り、片栗粉をまぶして焼き
焦げ目がついてきたらお皿に開けて
刻んだ旬のみょうがをかけてそこにお酢をかける
鶏の南蛮漬けの出来上がりです。

 

次の料理
ズッキーニ、ナス、パプリカなどを炒めて
そこへトマトのホール缶を入れて煮込めば
ラタトゥイユの完成です。

 

更にもう一品
新生姜の甘酢漬けで、薄切りや細切り、さいの目切りにし
もずくなどにかけて食べている
これは毎晩欠かしていないようです。

 

名医のジャッジは・・・正解4人に残念2人でした
お酢に含まれるクエン酸が体のエネルギーになり
夏にはオススメです、しかし疲労回復効果は短く
夜とってもすぐにエネルギーとして消費されてしまう
なので1日3食全てでお酢を摂取する方がいいとのこと
目安として1日15ml程度が望ましい。

 

里見浩太朗さんの健康法

朝活若返り健康法、どんなことをしているんですかね?
まずは朝起きてからベッドの上で軽い運動をする
2つ目は朝風呂、温度は37度で15分から20分浸かります
そして最後に冷たいシャワーを浴びる
本人談では細胞の活性化を促しているとのこと。

 

名医のジャッジは、まず起きてすぐの運動は全員正解
関節の負担を軽減させるために軽く動かすのは良いこと
次に朝風呂は全員残念でした、非常に危険な入浴法で
冷水のシャワーがとても危険、ものすごい血圧を上げるので
お風呂だけにしましょう。

 

そしてお風呂上がりに飲み物を口にする、スムージーの
ようなものですが、人参にりんご、シークワーサーや
しょうがを全て撹拌します、シークワーサーだけは
コップに予め入れています。

 

因みに各食材を摂取するとどういうことが
期待できるのかというと
・人参 シミ、老眼予防
・りんご 免疫力アップ
・しょうが 新陳代謝アップ、血行促進
・シークワーサー 血糖値を抑えて高血圧予防

 

しかし残念とジャッジする名医が4名、正解が2名でした
一体何が残念だったのかというと飲むタイミング
お風呂に入る前に飲むのが良いとのこと。

 

羽田美智子さんの健康法

体ポカポカマル秘ビューティーアップ法だそうです
夏の健康法は兎に角体を冷やさないこと
35度以上のとても暑い日以外、冷房はつけないとのこと。

 

その熱い部屋で行うのがぽっかぽか体操です
激しい運動ではないのですが、表現方法がないのですが
中国で昔から伝わっている八段錦(はちだんきん)という運動です。

 

深く呼吸をしながらゆっくりと体を動かすことで
インナーマッスルを鍛えることが出来るようです
週に5日、15分間は行っている。

 

運動後の水分補給は温かい飲み物、白湯を飲んでいる
これも体を冷やさないためです
名医のジャッジは、正解が2名の残念が4名です。

 

暖かくしすぎなのが原因だそうです、ちょっと
やり過ぎという感じですね
部屋を少し冷やして、ちょっと冷たいものを飲む
という感じにすればいいとのこと
何事も適度が大切です。

 

野々村真さんの健康法

夏バテ解消、男のスタミナアップ健康法
まずは焼肉を食べる、週1日は必ず焼肉を食べるとのこと
ハラミは2人前は食すようです。

 

そしてにんにくもたべる
夏には欠かせない食材だそうです
そんな名医のジャッジは残念4名で正解2名です。

 

焼肉を食べてスタミナが付くというのは戦前の話です
今は飽食なんで必ずしも当てはまらない。

 

また、夏バテの根本的な対策には全くならない
夏バテの原因は、脳のサビにあって自律神経中枢が
人間の体温を一定に保つ働きがあるが
ここが夏の暑さでダメージを受けてしまうと
細胞が酸化してしまい、食欲不振や体の怠さなど
夏バテの症状が出てくるのです。

 

疲労回復に最も適切なのは、鳥の胸肉で
イミダゾールジペプチドという成分が疲労感の
軽減につながる、つまり脳の酸化も抑えてくれるとのこと。

 

1日のうちどの食事で摂取しても良い
1日100g摂取を推奨され、お酢を使用した味付けで
食べることがオススメだそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?