冬に備え秋は免疫力を整えよう!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

ブーツや生地の厚い靴履く前に水虫治さない?

水虫薬、使用しいまいちだめなら返品可能なんです!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

その原因Xにあり、鼻いびきを日帰り手術で解消する方法がある?

Pocket

2017年3月24日放送のその原因Xにあり
今回は病院選びSP、その他にも専門外来に
ついても特集されます
続いてはいびきの特集です。

 

いびきの治療を望む人って女性と男性どっちが多い?

慶友銀座クリニック院長の大場俊彦先生はいびき外来の
病院を運営されています。
男性が6割と、比率でいうと男性が多いのですが
中高年の女性や若い女性がいびき外来を
来院する人が4割もいます。

 

いびきの原因を簡単にいうと
まず痩せている人ってあごと喉のラインに隙間があります
これは顔を横から見るとわかるのですが、あごと喉の間に角度がある
しかし体重増加をしたりすると、このあごと喉の角度が
なくなっていく、舌が太っている、つまり舌の筋肉が衰えて
脂肪となってしまった状況になりいびきをかきやすい。

 

これによって喉の奥に舌が落ち込んで
空気の通り道が狭くなり喉の奥野粘膜が振動し
その結果いびきが出てしまうのです
これを放っておくと睡眠時無呼吸症候群に陥ることもある。

 

大場先生はマウスピースをオーダーメイドで製作し
装着すると舌のあごが4㎜から7mm前に出るように設計されている
このあごの位置の変化で気道が広がりいびきを改善してくれる
費用は2万円となっています。

 

喉のいびき以外にも鼻いびきもあるの?

しかし・・・このマウスピースでは改善できないいびきが
あるというのです、それが鼻いびきというもの。

 

鼻の中の粘膜の塊が原因と言われている
鼻が詰まって乱気流が起きる、その音がいびきとなる
鼻が細い女性に多いと言われています。

 

しかし大場先生の病院では日帰り手術で鼻いびきを改善させる
鼻いびきを治療する特殊な機器を使用
針先から出る高周波ラジオ波で粘膜に電気を通します
すると粘膜も小さくなり、乱気流のような空気の流れは
鼻の中で起きにくくする。

 

施術時間は最大で40分、術後の痛みも少ないとのこと
保険適用で費用は7千円
となっています。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?