熱中症対策や紫外線対策を重視したピックアップページ

・猛暑と言われる2017年夏、熱中症対策を伝授!

熱中症対策ガイド!

・残暑の季節、紫外線もまだまだ降り注ぎます!

紫外線対策やってますか?

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・爪水虫が恥ずかしくて足先出せない・・・

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

その原因Xにあり、ヒートショックプロテイン(HSP入浴法)を増やす5つのポイント

Pocket

その原因Xにあり、ヒートショックプロテイン(HSP入浴法)を増やす5つのポイント
2017年3月17日放送のその原因Xにあり、今週は
老化をストップ!長生きと若返りSPの特集
最後は血管の老化について。

 

 

スポンサードリンク

 

誰もが避けて通れない全身の老化・・・

全員50歳の女性の肌年齢を測ると一人だけ
年齢より上の方がいた、その違いはなんなのか?
これは血管の老化から差がついていると考えられる。

 

血管は全身の細胞に酸素や栄養を送り込む道路
血管の老化があると、酸素や栄養が
うまく送れないことがある。

 

北原佐和子さんも血管の老化に悩んでいます
血管年齢を測ると、60歳に相当
実年齢は52歳なので8つ上となります。

 

爪を圧迫して血管の老化チェック

人差し指の爪を強めに指で5秒間圧迫
色が戻るまで2秒以上かかると要注意

血管の衰えがある可能性が・・・

 

血管の衰えの理由は高血圧や高コレステロール食をし
血管が傷つけられていくと、弾力を失った血管になる
これが動脈硬化というもの、しかしその動脈硬化を
助ける物質があるのですがそれはなにか?

 

HSP=ヒートショックプロテインとは?

タンパク質の一種ですが、細胞が傷ついていると
修復してくれる
のです、若返り物質とも言われている。

 

しかし年齢と共にヒートショックプロテインは
減少していく、20歳をピークに減っていき
60歳を超えると急激に減少していくのです。

 

HSPを多くし血管を修復する必要がありますね
ではどうやって
ヒートショックプロテインを増やせばいいのか?

 

熱の刺激があるとHSPは増えるのです
血管に熱のストレスが加わると対抗するために
HSPが作られる。

 

その他にも美肌になり、肝機能もアップ
疲労回復、認知症予防などにも期待が持てる

 

HSPを家の中で増やす方法は入浴がポイント!

入浴が家の中で、ヒートショックプロテインを
増やす方法なのですがポイントがあります。

 

HSP入浴法には5つのポイントがあります
1 べろの下で体温を測る
2 入浴前に水分補給
3 お湯を41度に設定
4 炭酸の入浴剤を入れる 血管の拡張効果がある
  入浴時はお風呂の蓋を締めて15分入る
  体温を上げる目安は2度となっています
5 入浴後に温かい服を着て10分保温する

体内に熱をこもらせることで、全身の細胞に
HSPが増加します。

 

無論入浴後に冷たい飲み物はご法度となっておりますので
温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

HSP入浴法は週に2回だけでいい、理由は毎日すると
肌がなれてしまうため、効果が減ってしまいます。

 

なので、例えば金曜日にHSP入浴法をしたら次は月曜日に
HSP入浴法をするという感じですね
北原さんはHSP入浴法で血管年齢が60歳から40歳となりました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?