腸内環境を整える強化月間!

・腸内細菌のエサはこれだったのか!

腸内環境を整える食べ物はこれだ!

・腸内環境をより深く理解する

腸内環境を整える事は減量や免疫力アップにもつながる!

・女性注目!エクオールの効果とは?

エクオールは更年期障害をやわらげてくれるの?

・ダイエットにお金をかける前にできること!

糖質制限を推奨する理由

その原因Xにあり、ほうじ茶と腹式呼吸で免疫力をアップさせよう

Pocket

その原因Xにあり、ほうじ茶と腹式呼吸で免疫力をアップさせよう
2017年1月13日放送のその原因Xにあり、今回は
冬の5大お悩み大解決SPというテーマ
続いてはインフルエンザ。

 

 

スポンサードリンク

 

年間で1500万人も感染者がいる!

特に1月から2月下旬までは感染者数が激増、昨年の
熊本地震でワクチン製造工場が被災しが不足している状況
1週間の感染者数も50万人を突破しているのです。

 

インフルエンザウイルスは咳で5万個飛散
くしゃみで10万個の飛散をする
と言われている。

 

更に!
インフルエンザは人の細胞を乗っ取るといいます
どういうことなのでしょうか?

 

インフルエンザウイルスが体内に入るとどうなるのか?

インフルエンザウイルスが口や鼻から体内に侵入し
喉の細胞に到達するが、自分の力では増殖することができない
ではどうやって増殖するのか?

 

まず喉の細胞にウイルスはくっつきます、そこで人の細胞を
乗っ取ろうとして侵入、そこで人の細胞の栄養分を利用する
そしてこの喉の細胞、つまり人の細胞のDNAをコピーする力を使い
インフルエンザウイルスを増やせ!って命令をする。

 

そしたら1個の細胞が最初は1000個になり、1000個になったウイルスは
色々な場所へ拡散していき、同じことをしていく
そして1日後には1個のウイルスが100万個にもなる。

 

ウイルスに乗っ取られると、免疫力が落ちていく
そうなると肺炎や、酷い場合にはインフルエンザ脳症になることも。

 

インフルエンザワクチンは有効ではあるが、ウイルスの
数は数百種類あるというので、今年どの型の
ウイルスが流行るかは正直わからない状況です
特に今年は、体内に侵入しウイルス自体が変異するという
特殊なインフルエンザウイルスも出てきている
とか。

 

ですがそんなウイルスを退治してくれる細胞がある
それは私たち自身が持っている強い味方、NK細胞
ナチュラルキラー細胞
ですね。

 

リンパ球の1種でインフルエンザウイルスを死滅させる細胞
全身をめぐるリンパ管に存在している
常に外敵がいないか巡回しているのです
外敵を見つけ次第強力な力でNK細胞がやっつけてくれます。

 

ウイルスだけではなくがん細胞にも
効果があると言われている、本当に優れものです。

 

インフルの人と一緒にいても、インフルエンザになる人
ならない人っていますよね?それはどうしてかとというと
NK細胞がきちんと働かないために、感染してしまうのです。

 

NK細胞がきちんと働かない理由

つまり体の抵抗力が落ちている状態、免疫力低下という事です
働かなくなる原因として、1つは加齢が関係する
免疫力が落ちている症状で一番多いのは風邪
そして帯状疱疹も免疫力が落ちているために出てくる。

 

NK細胞に働いてもらいましょう!

水でNK細胞を活性させると言われている、どうしてか?
飲んだ水は小腸で吸収される、それをアルブミンが引き寄せる
その際水の流れによってNK細胞の免疫細胞を刺激
これで活性されるのです。

 

このNK細胞は腸管を通り乳び槽という集積所に到着
ここから全身のリンパ管に送られることで初めて
免疫力がアップすると言われている。

 

免疫力アップのポイント ほうじ茶と腹式呼吸

どうやって全身に送りだせばいいか?
1つ目は横になる事、そして2つ目は腹式呼吸
リンパ呼吸とも大橋先生は呼んでいる。

 

NK細胞を全身に送る腹式呼吸のやり方

仰向けになり手はお腹の上に、そして鼻から息を吸い
ゆっくり10秒ほどかけて口から息を吐きだす
腹筋を意識してやりましょう、更にお腹を
手で押してあげると効果的、1日10分を目安に
食べてから30分後に腹式呼吸を行いましょう。

 

次に1日3回温かいほうじ茶250mlを飲むようにしましょう
ここで登場した温かいほうじ茶ですが、その理由として
1 腸での吸収がよい
2 利尿作用が少ない

という点が挙げられます、大事なのは水分なのでもちろん
お水でも問題ありません。

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?