紫外線対策、外回りと部屋の中、入浴法のパーフェクトガイド!赤ちゃんの対策も忘れないで!

Pocket

既にいろいろなサイトで目にすることが多いかも
しれませんが、私なりに調べた紫外線対策について
まとめてみましたので、気になる方ご覧ください。

 

紫外線対策、この夏の季節にはとても重要な
事ではないでしょうか、女性にとっては。
日差しが強いせいで、シワやシミが出来るという事を
光老化といい、しわやシミの原因とされています。

 

まずは敵を知り相手を知る、ではありませんけど
敵=紫外線がどういうものなのか?
から知っていくことにしましょう。

 

初めに紫外線について、2種類の紫外線があります

紫外線には2種類あり、それぞれ肌への影響
というのは若干違いがあります。
UV=紫外線という考えで読み進めてください。

 

・UV-A
UV-Aは肌の表面、つまり表皮を通り越して
真皮にまで到達する紫外線です。
これが厄介なのは、日焼けしてもそれほど
皮膚が赤くならないという特徴があるのです。

 

更にUV-Aが真皮に届くと、そこで活性酸素を発生
させます、身体を錆びさせることで有名な活性酸素です。

 

この活性酸素が何をするのかというと
『肌の修復をしてくれる細胞を弱らせる』
という事をしてしまうのです。

 

また細胞のDNAを傷つけてしまうので、それが
修復されないままに細胞が分裂してしまうと
皮膚がんになる可能性もあります。

 

・UV-B
肌の表皮に悪さをする紫外線で、これが皮膚を
赤くさせたり黒くさせたりする紫外線です。

 

UV-Bは表皮をこんがりと焼いてしまい、UV-Aは
真皮を傷つける
という感じでしょうか。

 

ただ、UV-Bは部屋にいて窓を閉めているとある程度
遮断することは出来ますが、UV-Aは
お構いなしに入ってきます。

 

お部屋の中でも日差しの強い所にいるのは
控えるようにしましょう。

 

冬だからといって紫外線がないわけではない

紫外線=夏のものという考えがあるかも
しれませんがそんなことはありません、冬にも紫外線は
あります、ただ量が少し減ってはいます。
UV-Aに関しては、夏よりも50%位減り
UV-Bに関しては夏よりも80%減ります。

 

ご覧のとおりUV-Aに関してはそれほど減っている
という感じでもありませんよね?
肌も白い状態が長くなる季節なので、冬に関しても
紫外線対策はぬかりなく行わないといけません。

 

ここまででは紫外線=敵をある程度知ることが
出来ましたね、では次に何を知ればいいか?
自分のお肌の状態を知りましょう。

 

肌のターンオーバーを意識しよう

代謝するという言葉があるように、これは体内でのみ
行われていることではありません、肌でも
代謝は行われています、これをターンオーバーといいます。

 

このターンオーバーのおかげで、肌のシミやシワなどが
ある日消えていたという事が起こるのです。
若い時に限れば、この肌のターンオーバーって速い。

 

そこで肌の生まれ変わりの日数をまず知ることは
重要ではないでしょうか?
年代別ではターンオーバー、つまり肌が生まれ変わる
までにこれだけの日数がかかっています。

・10代 20日
・20代 28日
・30代 40日
・40代 55日
・50代 75日
・60代 100日

10代と20代は素晴らしいですね、1か月もかからず
肌が生まれ変わっていきます、そういう事も加味すれば
肌の分岐点というのは30代に入ってから
という事になるのではないでしょうか。

 

肌のターンオーバーが遅くなることで、その分
シミやシワが肌から出ていくのも時間がかかってしまう
本当に加齢って嫌ですよね・・・

 

しかし生きている限り加齢を止める事なんて
亡くなる以外に止められないので、きちんと対策を
考える必要があります。

 

ここでは肌の状態を知ることが出来ました
次のステップは、紫外線の強い夏の時期には
どのような生活を送ればいいのか?
簡単ではありますが記していきます。

 

紫外線対策1 部屋の中編

部屋の中にいても紫外線から逃れる事は難しい・・・
窓がある限り、その窓が日差しに照らされていると
嫌でも紫外線が入ってくるわけですからね。

 

そこで家の中にいる時はどのような紫外線対策を
行えばいいのかを紹介。

 

太陽は東から登り西へ降りていく

そんなことわかってるわ!!
って思うでしょうが、この時にどこの部屋に
あなたはいてますか?

 

午前中に東側の部屋に居てたりしませんか?
もしそうだとしたら紫外線を浴びていますよ
間違いなく。

 

なのでこういう時は西側の部屋に居るようにしましょう
それだけでも紫外線対策になります。
午前中控える部屋は
『東側と南東側の部屋には行かないようにする』
という事をまず覚えておきましょう。

 

次に午後に入ってからは、東から段々と南東へ行き
そして南西そして西へと太陽が傾いていきます。

 

すると次はどこの部屋に居てはいけないのか?
もうお分かりですよね
『南西と西側の部屋』
午前中日差しが入り込んでいた、東側と南東側に
移動しましょう。

 

紫外線対策グッズを使って部屋に紫外線が入るのを防ごう

最近は様々なグッズがありますよね
今回は部屋の窓に使用するグッズに限定します。

・すだれ
・UVカットシート
・遮光カーテン

この3つは欠かす事の出来ないグッズかと思われます
UVカットシートに関しては、窓に貼り付けるのに
少々時間はかかりますが、貼りつけると意外に
部屋も明るくなると言われております。

 

部屋の中に関しては以上となりますが、次に
外出時についての紫外線対策を簡単に紹介。

 

紫外線対策2 外出編

外に出て日差しが強い=紫外線の量はたくさん
と思ってもらっていいでしょう、その時に
どのような紫外線対策をすればいいのか?

 

最重要でもある日焼け止めクリームを塗る

もはや当たり前ですよね、これは。
日差しの強い時には欠かす事の出来ない商品。

 

だけどSPFとかPA++とかよくわからん・・・
っていう人もいるかと思うので簡単に紹介。

 

・SPF
UV-Bを防ぐための成分です、数値が高いほど
紫外線を防いでくれます。

 

・PA
UV-Aを防ぐ成分、こちらも+が多いほど
紫外線を防いでくれる。

 

しかし!
SPF50とか、PA+++の他にもSPF10とか30
PA+っていう日焼け止めクリームありますよね?
数値が最大の日焼け止めクリームだけで
いいんじゃないの?って思う事ありませんか?

 

そこには秘密があって・・・
いくら夏といっても毎日毎日紫外線の量がとても
多いという事はありません、晴天の時もあれば
曇りの日もあります。

 

そんな曇りの日とかに、紫外線の量は全くない
という事はなく、少量ですが紫外線は降ってくる
そういう時に、PA+とかSPF30とかの比較的
数値の少ない日焼け止めクリームを使用するのです。

 

あともう一つ重要なのが肌への刺激
数値の高い日焼け止めクリームは、それだけ肌への
刺激も強いです、数値が低いと弱め。
『天候によって日焼け止めクリームを使い分ける』
これは非常に重要な事ですね。

 

日焼け止めクリームで、日常日差しがそれほど強くない
場合にオススメなのがこの商品でしょうか。
数値もそれほど大きくなく、肌への刺激も
強くないかと思われます。
chouette美白BBクリーム

 

赤ちゃんの紫外線対策、忘れてませんか?

紫外線対策といえば、女性にばかり目が
いきがちですが、赤ちゃんも紫外線対策は重要。

 

更に赤ちゃんは肌がまだ未成熟なので、刺激の強い
日焼け止めクリームを塗ってしまうと
皮膚に影響が出る可能性もあります。

 

そこでなんですが、赤ちゃん専用の日焼け止めクリームの
ローションを見つけました。
雑誌等で既に話題になっていて、添加物なども不使用です!
赤ちゃんだけではなく、ママも使用できます。
ミルクローション

 

日傘、アームカバー、ストール、暑くても紫外線対策のためです

さすがにストールは暑くてたまらないかと
思われますが、紫外線対策にをきちんとやっている
人は、この3つのグッズをすべて使っています。

 

中にはアームカバーを付けず長袖の服を
着用しているという人もいるくらいです。

 

日傘で大事なのは、傘を低くさして太陽の
方向に傘を向ける、これをするだけでも
日差しを防ぐことが出来る=紫外線対策
という事に繋がるのです。

 

低く日傘をさす理由は、横や下から紫外線を
防ぐことが出来るためです。
日傘を高くさしてしまうと、その分紫外線が
入ってくる範囲も広くなってしまいます。

 

紫外線対策3 お風呂編

2016年の7月26日放送のたけしの家庭の医学で
ヒートショックプロテインを増殖させる
方法が紹介されました。

 

ヒートショックプロテインというのは体内にあるタンパク質
ヒートショックプロテインを増やすと肌の
傷ついた細胞の修復能力が高まってきます
結果、紫外線に強い肌に変わる可能性があるのです。

 

入浴の仕方も簡単です
『3日に1回、湯船につかりそれ以外の2日間は
シャワーのみでOK、41度のお湯で15分浸かろう』

 

たったこれだけでヒートショックプロテインを
増やすことが出来る、つまりこの入浴法を
繰り返し行う事で、ヒートショックプロテインの
量が増えていき、紫外線に当たっても皮膚の細胞は
修復する力が以前よりも増す可能性があるという事です。

 

コラーゲンへのダメージが大きかった50代の女性は
このヒートショックプロテイン入浴法を
2週間試したら、ヒートショックプロテインの
量が2週間前よりも1.3倍増加していたそうです。

 

紫外線対策4 食事編

ここでは食事で紫外線対策、つまりお肌にいい
栄養素の紹介をします。

 

まずは自分でできる食生活の見直しから始めましょう
現在流行の糖質制限、実はこれって肌にもいい影響を
与えてくれるんですよね、というのも
糖質をたくさん摂取すると、血糖値が上がります

 

血糖値が上がると、糖質の量が適正な量であれば
筋肉や内臓に糖質が蓄積されるのですが
糖質の量が多すぎると、内臓や筋肉にため込む量にも
限界があるので、血液内で余ってしまい
脂肪組織に今度は蓄積されてしまうのです。

 

という事は、これって脂肪になってしまう
そして糖質を摂りすぎる事で、血糖値も高い状態
血糖値が高いと活性酸素が作られやすくなる

 

活性酸素は体のサビと言われていますし
それを生み出そうとする糖質は、肌の細胞と
交わりあってしまい、紫外線の影響も受けやすくなる。

 

なので食事というものをまずは見直してみる
必要があるのです。

 

では具体的にどのような食事をしたらいいのか?
まず血糖値を上昇させすぎないように
しないといけません。

 

血糖値は糖質を多く食べる事で上がっていきます
なので、例えば毎日糖質を100とっているとしましょう
それを70に減らし、残り30の部分を
タンパク質や食物繊維で補うというもの。

 

他にも1日の食事の回数をふやす、もちろん1回に食べる
量は少なくしていく。
こうすることで血糖値の上昇を抑えることが出来る。

 

しかし総摂取カロリー量に気を付けて
糖質制限をしましょう、カロリーが増えてしまう事は
望ましいことではありませんので。

 

次に、栄養素のみの紹介になる理由は、仮にこれが
おすすめですという料理を紹介した場合
それが食べられない人もいる可能性があるから。

 

それだと他の食事を紹介するといっても
数が増えてきりがないと思うので、そのような食事メニューは
追々紹介できればと思います。
なので現在は栄養素のみの掲載とさせていただきます。

・ビタミンA B群 C E
・亜鉛
・マグネシウム
・αリノレン酸
・アミノ酸

等の栄養素が肌にいい栄養素となっています。

 

もし日焼けした時には、何を食べればいいのか?
おすすめはホットヨーグルト。

 

理由は乳酸菌が腸管を刺激し血流を良くして
肌に栄養が届いて肌代謝がアップするのです。
乳酸菌は肌の保湿効果を高めるという
研究データも発表されていますのでお勧めする理由。

 

乳酸菌のサプリメントを万が一選ぶ場合
こちらがおススメです、理由はよりよい
乳酸菌を届けるために発売から何度も
改良を重ねているからです、よろしければ
お試しください、もちろん食品添加物不使用です。
乳酸菌革命

 

上記の事をやってだめならこのスキンケア商品試してみてよ!

この商品がおススメなのでこちら!って
何の説明もなく商品の紹介はしたくなかったし
スキンケア商品を買う前に出来る事
というのを、知っていただきたいのであえて
一番最後にスキンケア商品を紹介しています。

 

誰だってなるべくお金をかけないで
紫外線対策をしたいじゃないですか?
なので自分なりに調べてみて厳選したいくつかの
スキンケア商品をこちらに掲載させていただきます。

 

・最初はまずトライアルセットのスキンケア商品
使用感がわからない状態でいきなり高価なものを
購入するのはリスクが大きいかと思います。
そういうこともあり、まずはトライアルセットから
はじめてみてはいかがでしょうか?
マセラージェ トライアルセット

 

・本格的にスキンケアしたい!
トライアルセットよりも、本格的に紫外線対策を
したい場合は、この商品を試してみてはどうでしょうか?
肌への負担になる成分は極力避け
日本人の肌のことを考えたスキンケア商品となっています。
脇の黒ずみ

 

・サプリメントを使って体内からも紫外線対策!
サプリメントを使用するという考えもあります。
体内から紫外線に強い肌を作り、皮膚には
スキンケア商品を使えばより紫外線対策が
出来るのではないでしょうか?
雪肌ドロップ

 

今後紫外線対策でなにか新しいことがわかれば
こちらで紹介させていただきます。
最後まで目を通していただきありがとうございました。

Pocket

コメントは受け付けていません。