風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

どうしてノロウイルス流行が冬なの?

ノロウイルス対策どうしてる?

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

TVシンポジウム、胃がんの治療はどのように行われているのか?

Pocket

11月21日放送のTVシンポジウム、今回は胃がんの
最新の治療法についての特集。
過去と現在ではどのように治療法が変わってきたのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

現在胃がんはどれほどの方が患っているのか?

胃がんの罹患率のデータです。
DSC_0760
まだまだ胃がんは日本人が患われるガンの中でも
多いというデータとなっていますね。

 

検査は1年に1度位は受けておいた方がいいと、お医者さんや
自治体からの案内が届いたとしても、受けに行く人
というのは少ないのが現状という事になっているようです。

 

自治体からの案内で胃がんを発見した方の症例の紹介

75歳男性、現役時代は営業の仕事をされていまして
不規則な生活をしていました、13年前に仕事を引退
されてからは奥様の助言で生活を改善されました。

 

所が2年前に健康診断で胃がんが見つかりました。
胃の痛みなどの症状がなかったようです。
治療を受けるために神奈川県立がんセンターへ。

 

ガンの面積自体は直径10㎝と大きかったのですが、がんは
胃の表面上にしか広がっていなかったようです。

 

医師からは胃の全適を言われてましたが、今後の生活の
事も考え、胃の表面の範囲だけ取り除く手術
内視鏡手術を選択しました。

 

胃がんの主な原因

この3つが主な原因とされています。
DSC_0761
ピロリ菌は言われてますよね、ピロリ菌を倒してしまうと
胃がんになる率というのはかなり下がると言われています。

 

75歳の男性は幸いしたことに、胃壁を深く進行していく
ガンではなかったので助かりましたが、本来なら
進行すればするほど胃を掘り下げるようにがんは進行します。
DSC_0762
粘膜下層までにとどまっていると、早期がんと言われていて
ここを超えると進行がんとなります、そうなると
転移の事も考えていかないといけません。

 

胃がんの内視鏡治療、胃カメラと同じようなものですが
カメラの管から、胃を切り取る道具を出して
胃がんの部分を切り取っていく、というような治療法です

 

どんな場合にこの治療は適応されるのかというと
様々あります、実際に75歳の男性は適応から言えば
外れていたと、パネリストの先生たちは言ってましたが
ガンの浸潤の事を考えれば、内視鏡でも取り除く
事が出来るだろうと判断し、内視鏡手術となった、という事です。

 

その後75歳男性は、術後にガンを詳しく調べてみると
粘膜下層にまでがんが広がっていたとのこと。
転移の可能性を疑わないといけないことに。

 

結局75歳男性は、胃とその周辺のリンパ節を摘出する
手術を後日受けることとなりました。
その後は半年ほど吐き気に苦しみ、体重も10キロ以上減少。
しかし1年が過ぎたころには食欲も戻ってきて
手術前に近い生活を送られています、畑仕事も出来るくらいに。

 

胃のリンパ節ってこんな感じにはりめぐっています。
DSC_0763
リンパ節に転移をすると、もうだめだ・・・って思いがち
ですが、早期に発見した場合だと、リンパ節をきちんととると
治る率というのはあがると言われています。
かなり進行しているのであれば、治る率というのは
当然下がるのですが・・・

 

胃がんの進行具合によっても、摘出の仕方というのも
変わってきます、現在では2種類の胃の摘出の仕方があります。
DSC_0764
全部取るのか?上の部分を残す摘出手術、どういう基準で
2つを選択するのか?

 

これはがんのできている場所でどの摘出かを決めるそうです。
DSC_0765
胃の上に出来ていると、全摘出をしないと
いけない感じですね、恐らくリンパ節が近いのかな。
場所と進行具合、これが肝なんでしょうね。

 

胃がんの手術といえば開腹手術がポピュラーですが
現在では、先ほどの内視鏡の他にも腹腔鏡手術というのも
やられています、開腹手術との違いは
切る範囲の違いです。
開腹手術も腹腔鏡手術もやることは同じです。

 

技術的には腹腔鏡手術の方が難しいです
見える範囲も違うし、機械の動きも把握してないといけません。
腹腔鏡手術を希望する場合は、その先生の実績
というのも理解しておく必要がありますね。

 

胃がんの手術をすれば治療は終わり?

ステージによっては、化学療法も術後には行わないと
いけません、ステージで決まるという事ですね。
DSC_0766
詳しく分けると8段階もあるんですね。
ステージ2から、抗がん剤の治療が含まれてきます。

 

胃がんの進行度と治療法
DSC_0767
末期の場合は、手術はしませんね・・・・

 

抗がん剤はS-1という抗がん剤を使います。
飲み薬で、朝夕食後に1日2回の服用。
4週間毎日服用し、2週間休薬します。
これを1年間服用という事になっています。

 

生存率ですと、手術のみを選択した方と手術と抗がん剤を
選択した人とでは、生存率は10%位の違いがあります。
こう考えると、手術と抗がん剤は併用した方が
いいのかもしれません、もちろん副作用もあります。

 

抗がん剤を服用している方の症例の紹介

57歳男性、去年の12月にステージ3の胃がんを発見。
今年2月に胃の2/3を切除、3月から抗がん剤治療を開始。

 

薬を飲み始めて3日目に副作用が・・・
・全身の倦怠感(仕事が終わったら立ってられないほどに)
・食欲不振(半年で体重が11キロ減少)
・白血球の減少(抗がん剤服用1か月後に)
一時抗がん剤治療を中断せざるを得なくなりました。

 

現在では、白血球の数値の事を考えながら
抗がん剤を服用しているそうです。
他にも、貧血や肝機能障害などもあります。
中断せざるを得ないのは、白血球が免疫を司る重要なものだからです。
白血球が体の免疫力を保っているので。

 

また食事の管理も大切です、栄養バランスを整え
食べるようにする、術後栄養士さんと
相談しながら、どのように食べていけばいいか?
そしてメニューが完成して食べていくと。

 

だけど抗がん剤って、良い栄養素も壊してしまうんだよね・・・
個人的には食と抗がん剤の共存はないと、思っているんですよね。

 

神奈川県立がんセンターでの取り組み

61歳男性、この方は放送時ですが、2日後に手術を受ける
という事でして、その前に管理栄養士の方が
病室に訪れ説明をしていきます。

 

どのような食事をしてきたか?などを。
このがんセンターでは、食事の指導は5回行います。
入院時、手術後、退院時、術後1ケ月と3か月に。

 

アンケートで食生活を詳しく聞いて、体重体脂肪を計測。
腕の周囲や筋肉量を計測、手術前の体の状態を
把握して、術語には元の体に戻そうという取り組みをされています。

 

61歳男性は、術後1日目カラ栄養士さん指導の食事を
摂っていくことに、少ない量だったんですが
術後という事もあり、なかなか入っていきません。
無理もないですが・・・

 

退院をしてから家庭できちんと考えた食事を
していかないといけません、加熱調理されたものを
勧められています、生の野菜などだと消化に悪いので。

 

神奈川県立がんセンターで推奨されている食事がこちら。
朝食
DSC_0768
午前のおやつに足りない栄養を補う食事
ウィダーインゼリーのようなので、栄養がきちんと
含まれているものです。

 

昼食とおやつ
DSC_0769

DSC_0770
夕食
DSC_0771
というような感じとなっています。

 

術後1か月目の栄養指導では、体重の増減はもちろんのこと
体脂肪や筋肉量などの数値も計ります。
一つの目安は10%以上体重が落ちていないか。
もし落ちている場合は、医師に相談。

 

栄養指導プログラムの過去と現在を比較すると
DSC_0772
体重の減少率は下がりましたね。

 

胃がんは術後の後遺症というのもあり
DSC_0773
〇が症状で、⇒が対策です。

 

早期ダンピングは、食べてからすぐに症状が出る
体が熱くなって、汗が出て、動悸やめまいなど。
これが食事直後に出る。

 

後期ダンピングは食後2時間から3時間で出ます。
食べ物が急に入ると高血糖になります、高血糖になると
血糖を下げるインスリンが出ますが、血糖が
下がりすぎて低血糖になると、脳には欠かせない血糖
足りなくなってくると、頭がふらふらしたりする。

 

低血糖になった場合は飴玉や甘いジュースなどを摂取する。
他にも術後に起こりやすい症状がこちら。
DSC_0774

 

術後の食事の注意点。
DSC_0775
特にタンパク質は十分に摂りましょう。

 

ステージ4の胃がんと向き合うには?

この場合の治療は抗がん剤が主体となっていきます。
どのように治療に向き合っていくか?症例を紹介。
62歳男性、海外で仕事をすることが多く忙しく過ごしていました。

 

3年前の一時帰国で受けた健康診断で、胃がんを見つけました。
ステージ4でした、リンパ節、肺への転移がありました。

 

仕事を辞めて抗がん剤治療に専念することに。
はじめは、S-1 シスプラチン、トラスツズマブという
抗がん剤を服用しました。

 

3か月後には転移した肺のガンはほとんど見えなくなりましたが
1年がたった頃に抗がん剤が効かなくなってきました
そこで医師はパクリタキセルという抗がん剤を処方。
副作用はむくみやしびれなどが出て、10か月後には
薬の効果がなくなりました。

 

去年3月からはイリノテカンという抗がん剤を点滴。
軽い副作用はあるが、がんの増大は抑えられているとのこと。
62歳男性は、抗がん剤のおかげでガンの増大を
抑えられているとは言いますが・・・根本のガンに
影響があるわけではないですからね・・・複雑です。

 

ただパネリストのお医者さんの方もおっしゃっていましたが
選択肢はあるので、無理に抗がん剤を服用する
必要はなくなってきていると、他の治療を選んでも
問題はないとのこと、その人にとってのベストを見つける。
昔の医療では考えられなかったですね、医師のいう事は
絶対、という感じでしたから。

 

ステージ4の抗がん剤治療のすすめ方

3段階ありまして、1段階目の抗がん剤の組み合わせがこちら。
DSC_0776
HER2というのは、がん細胞を増殖させるタンパク質と言われてます。
他にもオキサリプラチンという抗がん剤も使用。

 

2段階目、3段階目の治療がこちら。
DSC_0777
他にもラムシルマブという今年の6月に使えるようになった
抗がん剤があります。
副作用は、血栓塞栓症、消化管せん孔、アレルギー反応など。

 

延命効果という事に関しては効果的なのかもしれませんが
抗がん剤治療をして、身体が劇的に変わってしまう
という事がありますからね・・・・
以上となります、読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

よかったら応援してくれるかな?