ミトコンドリアを増やすカギはインターバル速歩?ダイエットにも役立つ!

Pocket

ミトコンドリアというのはどういう物質なのか
自分が以前記事にしたのをまとめてみました。
スタミナを保つのに必要だったり、ダイエットにも
関わる物質であることがわかってきている。

 

スポンサードリンク

 

 

ミトコンドリアの誕生は何億年も前?

ミトコンドリアは太古の昔に存在していて、我々
人間の祖先と言っても過言ではありません。
祖先は海から陸へ上がり、動物から人間へと進化をした。

 

ミトコンドリアが誕生する前は、エネルギーは糖
だけでしか作れなかったそうですが、ミトコンドリアの
登場によって、脂肪までエネルギーとして
使えるようになったのです。

 

なので人は糖の他に脂肪もエネルギーとして使うことが出来る
ですがミトコンドリアは体内から加齢とともに少しずつ
減っていくことがわかっています。
30代から徐々に減り始めるとのこと。

 

減ったミトコンドリアを増やすためには?

やり方はとっても簡単で、早歩きと普通の歩きを
繰り返せばいいだけです、これをインターバル速歩といいます。

 

早歩きと普通の歩きを3分ずつ行っていくだけ。
ミトコンドリアが増える原理というのは、インターバル速歩を
すると当たり前ですがエネルギーが使われますよね?

 

そのエネルギーが少なくなったな・・・って
ミトコンドリアが感知すると、ミトコンドリアは
エネルギーを増やそうとします。

 

私たちは生きていると呼吸もするし食事もする
その全てがエネルギーのもとなのです、そして体内に
入るとそれがATP(アデノシン三リン酸)という物質になる
これがないと人は生きていけないと言っても過言ではない。

 

このATPを生成するのがミトコンドリアの仕事
1日で50kgも作っているそうです。
作っては出ていき、作ってはでていきの繰り返し。

 

そんな中、いつでもエネルギーを取り出せるように貯蔵
されているのです、ATPのおかげで。

 

ミトコンドリアが増える流れ

インターバル速歩をすると、エネルギーは使われて
いきますよね?運動をしているので
そうなるとエネルギーが足りなくなる。

 

ATPはエネルギーをたくさん出していきます
そしたら貯蔵していたものも足りなくなってくる

 

そこで!
ATPは枯渇状態になるので、ミトコンドリアがATPを
生成しないと!って作ろうとします。

 

しかし!
加齢でミトコンドリアが少なくなっている!

 

じゃあどうするのか?
ATPを監視している酵素が、ミトコンドリアを増やす
スイッチを入れてくれる
、すると
ミトコンドリアが増えてくる
     ↓
ミトコンドリアがATPを生成する

このようなことが体内で起こるのです。
このスイッチが一旦入ると、暫く効果は続く
という所もありがたい。

 

筋トレをしてもミトコンドリアは増えます

インターバル速歩は少し息が上がる運動でも
ミトコンドリアは増えるのですが
強度の高い運動でも、ミトコンドリアは増えていきます。

 

軽い運動、強度の高い運動と交互にすると
ミトコンドリアはより増えるとのこと。
軽い運動と強度の高い運動の間に、休憩をはさみ
呼吸を整えるのも大切です。

 

キツイと思いますが、これを繰り返すことで
ミトコンドリアが増え、脂肪も燃焼していきます
頑張りたい人向けですねこれは。

 

ミトコンドリアを増やす食べ物はあるの?

運動の他にも、ミトコンドリアを増やす食べ物ですが
タウリンやビタミンB群、鉄分などは
ミトコンドリアの働きを助ける栄養素と言われている。

 

以前世界一受けたい授業では、タコやイカが
ミトコンドリアの働きを助ける栄養素として紹介されました。
タコやイカの中には、タウリンが含まれていて
他にも、ALA(アミノレブリン酸)という
アミノ酸の一種を含んでいます。

 

ALAを多く含む他の食材は
ひじき、のり、納豆、切り干し大根などがあります。

 

空腹もミトコンドリアを増やしてくれる
空腹のため長寿遺伝子にスイッチが入り、体内の
エネルギーが足りないと感じ、その結果
ミトコンドリアが増えるということなのです。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

コメントは受け付けていません。