インフルエンザ2016~2017対策で重要なのは免疫力、湿気も必要である

Pocket

浅い情報かもしれませんが興味があれば読んでください
間違っているところもあるでしょうが・・・

 

この記事を書いたのが2016年11月14日、インフルエンザの
季節が既に到来しているそうです。
早い段階で10月にはインフルエンザ患者の報告があった
というニュースもでているくらい。

 

 

スポンサードリンク

 

今年は例年より早めにインフルエンザ患者を確認

そして沖縄の方でも既にインフルエンザが患者数が多く
前年同期では4倍にもなっているそうです。

 

今後もインフルエンザ感染は増えてきますし
今年の年末から来年の3月4月くらいまでは猛威を
振るうことになることでしょう。

 

特にピークとされているのが1月から2月まで
この頃になると罹患率が格段にアップします。

 

年齢別では1歳から19歳までの子供が多く患っている
子供は免疫力が弱いというのはよく知られていますけど
それにしても毎年毎年増加傾向にあるのは
一体どうしてなのでしょうか?

 

インフルエンザウイルスの感染力の強さだけで
片付けられる話ではないようにも思うのです。

 

子供の免疫力は昔と比べ低下してしまっている

ウイルスということを考えるにあたり、身体のどこが
感染から守ってくれているのかというと免疫力です。

 

この免疫力の強さがインフルエンザを患うか患わないかを
分けると言ってもいいくらい。

 

この大事な免疫力が現代の子供は弱いと言われている
私はいい年した30代後半の男ですがその頃と
今では遊び方も大きく変わってしまった
実はこの遊び方一つでも、身体を強くする秘密が
隠されているのです。

 

外で走りまわって遊ぶ重要性

現代は本当にゲームやスマホアプリが蔓延していて
友だちと遊ぶと言えば、ゲームをして遊ぶというのが
当たり前のようになってきました。

 

外に出ることも多い私は、近くの公園を見ても
子どもたちが何かして遊んでいる、というのは
殆ど見かけません。

 

住んでいるところは田舎なので、子供が外で遊ぶのは
時々見かけますが、車を運転していて
急ブレーキをかけなきゃいけないくらいに
元気に走り回っているのは本当に見かけなくなった。

 

もちろんいろいろな事情があるのはわかります
・物騒な世の中である
・遊びすぎて服を汚してくる
・怪我をする可能性もある
・はしゃぎすぎて体調を壊した

色々理由があるのはわかりますが、私の子供の時の話をしますが
本当によく遊んだものです、親にゲームは取り上げ
られてたし外で遊ぶしかなかった、因みに小学生の時に
友達の家以外でファミコンをやった記憶はないです(笑)

 

この外で遊ぶというのは、講演などもそうですが
必ず体を動かすことになりますよね?
これは大人でいう所の運動みたいなものです
走り回っているし、どこかに登ったり降りたり
体を使っているわけですからね。

 

そうやって身体は筋肉も子供ながら少しずつではあるが
ついてきて、身体もちょっとずつ強くなっていった
風邪は毎年引いていたが、熱がとても高くあがる
ということはなく、風邪で学校休みますは1年に1度位
何度も休むということはなかった。

 

私が最後に熱らしい熱を出したのは16歳の時
その時は接客業をしていて、38.5度だったかな
その状態で4時間ではありますがバイトをしていました。

 

それ以降は熱は出していません
インフルエンザにも一度も患ったことはない。

 

だから外で遊びましょうという話ではありませんよ
元々の身体の強さというのも関わってきますし
全員が同じように身体が強いわけではない。

 

しかし少し気をつけるだけでも、身体はだいぶ変わると思うし
大人でも運動や食事を見直したりするということを
するだけでも、体重が変わったり肌の調子がよかったり
ということが起こるのですから、子供にも当然起こります。

 

どろんこ遊びなんかも昔は良くしていたし、私なんて
ドブ川みたいな所で、ザリガニなんかを捕まえて遊んでましたが
今はほとんどの子どもたちしないでしょうね(笑)

 

でも泥遊びっていうのも大切で、ここで土に触れることで
得られる常在菌という菌があります
これが子供の身体を強くしてくれるのです
どうしてか?ここで面白いデータがあるので紹介。

 

清潔にしている子供ほど病気にかかりやすい?

清潔にした子供がどうして病気にかかりやすいのか?
それは家でも外でも免疫力のもととなる常在菌を獲得できて
いないため
と言われていて、外にはそのような菌が
たくさんあります(もちろん悪い菌もありますが・・・)

 

ですがそれらに触れ、鼻や口から息を吸い込み菌を
体内に入れていくことで、身体は少しずつ強くなっていく。

 

ですが清潔な環境で育った子どもたちというのは
この菌の獲得もできず、家では親が過剰に部屋を
キレイにするために抗菌シートやアルコール除菌を
使いまくって菌自体から遠ざけている。

 

結果身体には菌が入ってくることもないため
新たに体内に入ってくる菌に対応することができず
体調不良を起こしてしまう。

 

清潔もほどほどに、少しくらい汚れていても
命を落とすようなことはめったにないわけですから。

 

潔癖の状態で大人になるとやはり身体は弱い
タレントのJOYさんだったかな、彼はもの凄い潔癖です
テレビで話していましたが、毎年のように
風邪を引いているそうです、しかも複数回。

 

過度にキレイを徹底してしまうと、このようなことが
起こってしまいます、いいと思ってやっていたことが
思わぬ事態を招いてしまうのです。

 

◯◯アレルギーとか、そういうものも免疫からくるもの
アレルギーのことに関して、以前NHKでこのような放送を
していたので、よろしければ目を通してみてください。
NHKスペシャル、新アレルギー治療

 

世の中ほんとうに便利になって来ています、しかし
便利になりすぎた反面私たちはなにか身体にとって
大切なものを少しずつ失いかけていってるのかもしれません。

 

ここで終わってしまったら、危険しか知らせていない
記事となってしまいますね、では免疫力を鍛えていく
ためにはどういう改善をしていけばいいのか?

 

免疫力を上げる為に対策しておきたいこと

まず最初に菌に対して神経質になってはならない
ということですね
今この記事を読んでいるときもあなたの周りには
菌がうじゃうじゃ浮遊しているし肌にもついている
どう頑張っても避けようがない。

 

これらの菌と上手く付き合って生きていくしかないのです
決して悪いものではありません、外へ出ればたまに
風邪の菌やインフルエンザの菌が飛んでいることもありますが
このくらいの菌だけではないでしょうか?
身体に害を及ぼすのは。

 

そしてお部屋の過度な除菌は控えるようにしましょう
手を何度も洗うということでも、段々と
薬液の除菌の力が強いために荒れてくることもある。

 

そして子供はやっぱり外で遊ばせることが
いいかと思います、毎日毎日遊ぶではなくても
週末にどこか公園へ行ったりして
泥遊びなんかをするだけでも変わると思いますし。

 

最初は体調が悪くなったりすることもあるでしょうが
これも鍛えるためには致し方ないと
思うしかありません・・・

 

また体温も免疫力と関係があることがわかっています
免疫力と体温の関係についても、こういった
簡単にではございますが、まとめた記事がありますので
よろしければ目を通してみてください。
免疫力アップに重要な深部体温の秘密

 

大人で免疫力が弱いと言っても、運動や食事を
見直すだけでも変わってくると思います。

 

インフルエンザ予防のため、予防接種をうつのも
悪くはないと思いますが・・・

 

私はただの一度もインフルエンザの予防接種は
うったことがありません、それでも患ったことがない
なんとも不思議なものです・・・

 

インフルエンザ対策はこちらのページをご覧ください
インフルエンザに備えよう!

 

どうしても体力づくりが面倒だから道具でなんとかならない?

第一に行ってほしいことは体力づくり、つまり免疫力アップの運動や
生活習慣を心がけてほしい
、しかしそれらが面倒で
道具を使ってどうにかできないの?
ということを考えると、こんな商品なら・・・っていうのを
紹介させていただきます、こういうのがあるという
ことだけでも知っていただければと思います。

 

我々は外へ出て仕事をしているという人がほとんどかと思います
その際、色々なところを歩いて洋服にインフルエンザや風邪の
ウイルスをくっつけて帰ってくることがあります。

 

帰宅時に家の窓をガバッと開けることって滅多にないですよね?
そういうときは空気を清浄にしたり、そして部屋の中では
湿気を少し持たせた状態にしておく必要があります。

 

私が思う理想的な帰宅時の行動としては、まず帰宅した際
玄関で羽織っている上着を脱いで、そしてウイルスをはらう
この時マスクはしておいたほうがいいでしょう
そこで空気清浄機を回しておく、今はウイルスをキャッチする
空気清浄機もたくさん販売されています。

 

調べてみて私がいいなと思ったのはパナソニックのナノイー空気清浄機
これは空気中のウイルスもキャッチしてくれると記されている
(かと言って絶対感染しないという保証ではありませんので)
しかし備えるという点ではかなり使える商品かと思います。

パナソニック ECONAVI×ナノイー 空気清浄機 25畳 ブラック F-PXK55-K/送料無料

価格:33,120円
(2016/12/2 03:03時点)
感想(0件)

 

25畳用なので玄関先だけで使うにはかなりもったいない
感じはします、例えば家に帰ってきてすぐのときは玄関先
服についたウイルスをはらって暫く回してから今度は
お部屋の方に持っていく、面倒ではありますがね
そうしたらお家で存分に使えるのではないでしょうか。

 

中にはこんな上等な空気清浄機はいらないからもっと
楽に対策できるものはねえのか?っていう人も
いらっしゃるかと思いますので、その場合は加湿器はどうでしょう?

 

加湿器は部屋の湿気を足してくれる商品ですが
ウイルスもくっつけてくれるので、飛沫感染を防いでくれる。

 

60%程度の湿度でウイルスは浮遊してしまうので湿度は
70%以上あるのが望ましです、これだけで感染率は
下がると医学的にも言われている。
加湿器はこちらで探してみよう

 

もっと楽したい・・・そんな加湿器とか空気清浄機を買ったりして
つけるのも面倒くさいという場合は除菌スプレーはどうでしょうか?
医療機関でも使われている除菌スプレーで身体への害もほとんどない。

 

そして空気中にさっとふきつけるだけではなくて
まな板や洋服の除菌、消臭機能としても使えるのです。


インフルエンザの最新情報

2016年12月10日更新
インフルエンザの患者数が1ヶ月前と比べ4倍増となっている
1医療機関あたりの受診患者数は2.49人、そして全国レベルでは
14万人のインフルエンザ患者が受診したと推計
それに応じて、学校や幼稚園も学級閉鎖などが相次いでいる。

 

・2016年12月1日更新
2016年12月1日現在
既にインフルエンザは流行期に突入しています、これは
異例のスピードでもありますのでより体調には
気をつけたいところです。

 

先日新潟と青森で毒性の強い高病原性鳥インフルエンザウイルスが
確認され両県の鶏の殺処分が行われましたが
どうやら海外で見つかった感染力の高いH5N6型でした
これは韓国で見つかったウイルスの型と同じ型です
隣国なのでこれ以上感染が広がらないことを願います。

 

人間ではありませんが欧州の方では鳥インフルエンザが
確認されています、感染性の高いH5N8型というウイルス。
人の感染はまだ確認されていませんが、野生の鳥からは
検出されたと言われています。

 

このような人類が未知のウイルスが感染してしまうと
恐らく命を脅かすことになるかもしれません
そのために免疫力は鍛えておく必要があります。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket

コメントは受け付けていません。