風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

スゴ腕の専門外来、肩こりのタイプを知り改善をしよう

Pocket

スゴ腕の専門外来、肩こりのタイプを知り改善をしよう
2016年11月15日放送のスゴ腕の専門外来、今回で
7回目の放送となっていて3時間SPです。
紹介する特集が多いので分けて記事にしていきます
最初は肩こりから。

 

 

スポンサードリンク

 

肩こりにタイプがあるといいます

日本人が抱える体の悩みで女性が第1位、男性が第2位
肩こりの事です、確かに肩が重いと辛い・・・
東京女子医科大学の肩関節外来というのがあり
神戸克明先生が名医。

 

しかも珍しい治療を行っているというのです
特に肩こりがひどい患者さんばかりを受け持っている。

 

神戸先生の治療を受けた男性は、肩が昔と違い
スムーズに動くようになったようです。

 

どうしてこのような治療効果を得られるのか?
神戸先生は肩こりは3つのタイプに分けられるという。

 

あなたの肩こりどのタイプ?

神戸先生は肩こりは肩甲骨のゆがみが原因と考えている
病院でも受診する9割の方が肩甲骨に歪みがあるとのこと
その肩甲骨の歪み方で治療も変わってくる。

 

・肩こりかどうかのチェック
1 手と両肘を合わせる
2 その状態でまっすぐ挙げる
3 肘があごの高さまで行けば問題なし

 

これが今一番多いタイプの肩こりで、扉タイプという
肩甲骨が扉のように開いている歪みだそうです
猫背姿勢を長時間続けるとなりやすい

 

扉タイプの肩こり改善法 ペンギン体操

1 握りこぶしを腰に当てる
2 肘を後ろに3秒間キープ

この動作をやりましょう、腰に当てた拳は
転がすような感じでやりましょう
開いている肩甲骨が戻ってくると神戸先生は言います
朝昼晩10回ずつやりましょう。

 

2つ目の肩こりのタイプ

両手を横に広げ片方の足で立つ、90度まで足を上げ10秒キープ
そこで揺れたりよろけたら異常あり、揺れた方はお辞儀タイプの
肩こりをもっている。

 

肩甲骨のどちらか片方がお辞儀をするように前に
傾いている、背骨のゆがみも関係していて
重心がずれて倒れやすくなる
いつも同じ側の肩にカバンをかけている人がなりやすい。

 

お辞儀タイプの肩こり改善法 イルカ体操

1 手を合わせまっすぐあげる
2 腰を傾け5秒間保つ
3 戻して右に傾け5秒間保つ

朝昼晩、左右5回ずつ行いましょう。

 

3つ目の肩こりのタイプ

両肘を直角に曲げ腕を外側に開ていく
45度開かない人は
ハの字タイプという肩こりのタイプ。

 

これは肩関節事態に原因がある、これが一番
重症なんだそうです、効果的な改善体操もないとのこと。

 

どのようにハの字タイプの肩こりを治療するのか?

64歳の女性はハの字タイプの肩こりを持っている
治療も薬やヒアルロン酸の注射をしたりしていましたが
全然効果はなかったそうです。

 

そこで神戸先生の病院に訪れたという事です
MRIを診た結果、フローズンショルダー
俗にいう50肩というものです、これが重度の肩こりを
生み出すもとである。

 

腕を動かす時って、上腕骨という部分を動かすことで
腕が動きます、しかし筋肉への過度な負担や加齢などで
上腕骨の筋肉が炎症を起こしてしまう

 

するとこの炎症を起こした筋肉が骨と癒着してしまい
上腕骨が動かなくなってしまいます。

 

この状態で腕を動かしてしまうと肩甲骨がハの字に
開いてしまう、腕で動かないなら肩で腕を
動かすしかないため
ですね、そのため周囲の筋肉にも
負担がかかり肩に痛みが出てしまうのです。

 

治療ってどうやればいいのかというと
内視鏡の手術をしてハの字タイプの肩こりを
改善していくそうです、これは最終手段。

 

女性の場合、上腕二頭筋の長頭腱という部分が
赤くなってくっついているので、電気メスで
はがしていく、4mmの幅の中でこの作業を
やっていってるんですから神戸先生凄いですね・・・

 

炎症取り除いてもまだやることはある、それは
肩甲骨の骨のとげをシェーバーと呼ばれる器具で
綺麗に削り取ります。
骨棘といって、加齢などで骨が変形してできるもの
そして皮膚をぬって終了でした。

 

手術時間はたったの35分で傷口も6㎜で済んだ
2泊3日の入院で治療が可能、そして1か月後に女性に
再び話を伺うと、肩の状態はかなり良くなったという
話でした、すご腕ですね神戸先生、今後はリハビリもしていくようです。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket