風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

スゴ腕の専門外来、ひざ痛はトリガーポイント療法で治ることもある

Pocket

スゴ腕の専門外来、ひざ痛はトリガーポイント療法で治ることもある
2016年11月15日放送のスゴ腕の専門外来、今回で
7回目の放送となっていて3時間SPです。
紹介する特集が多いので分けて記事にしていきます
続いてはひざ痛の特集。

 

 

スポンサードリンク

 

変形性膝関節症以外にもひざ痛の原因がある?

ひざ痛の主な原因として言われるのが変形性膝関節症です
ひざ関節の軟骨がすり減り骨と骨がこすれ合う事で
痛みが出るという病。

 

石川県小松市の加茂整形外科医院の加茂淳先生
患者は全国のみならず海外からも訪れるそうです。

 

加茂先生はどんな診察を行っているのでしょうか?
診察風景を見ると痛みに関する問診を終えると
ベッドに患者さんを寝かせひざ周りを触診

 

そして痛みが出ている部分に注射をしていく
一か所ではなく何か所にも、そしたら患者さんは
杖もなくすいすいと歩けるようになったのです。

 

加茂先生は、軟骨はすり減ってないのに痛みが出る
軟骨はすり減っているのにいつの間にか治ってしまう
という事がしばしば見受けられたというのです。

 

ひざにある半月板の損傷もそうで、事実アメリカでは
半月板を損傷した人で、ひざ痛があるという人は
63%いたが、ひざが痛くない人もまた60%もいたのです
ひざ痛=ひざ関節からの痛み、というわけではない。

 

膝の痛みの原因は筋肉だった!?

おさえて痛い場所で痛みが起こっている、いわゆる
筋肉が痛みの元だというのです。

 

筋肉は傷ついたり疲労したりすると血液の循環が
悪くなり細胞が酸欠の状態に陥ってしまう
すると発痛物質というものが筋肉に出てこれが脳に信号を送る
痛い部分の事をトリガーポイントという。

 

このトリガーポイントはひざ周りに確実にある
というわけではなく
・太ももの裏
・ふくらはぎ

などに散らばっている、でもそれなのにどうしてひざが
痛くなるのかというとこの場合、ひざ周りという事もあり
脳が痛みの信号を受け取った時に、これはひざの痛みだ!
という風に誤認をしてしまうため、こっている筋肉からではなく
ひざからの痛みという事になってしまうのです。

 

トリガーポイント療法は、筋肉から脳への痛みの電気信号を
ブロック注射で遮断する治療法
なのです。

 

どうしてトリガーポイントがひざ周りで
起こるのかというと、運動のし過ぎが原因だと言われています。

 

自宅で出来るトリガーポイントほぐし

この治療のできる医療機関は少ないそうです
なので自宅で出来ればいいですよね?
まず自分のトリガーポイントをチェック
押すと痛かったり、痛みが周辺に広がる部分があれば
そこがトリガーポイントです。

 

トリガーポイントをほぐすためにすりこぎを用意
痛い部分の所をコロコロほぐすようにしていく
10秒間マッサージしましょう。

 

次にテニスボール、これも痛い筋肉の所に当てて
足を上下に弾ませる、足の裏にトリガーポイントが
ある場合ですが、長時間やらないように。
筋膜リリースも参考にしてみてください

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket