風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

家庭の医学、IGF-1(筋肉若返りホルモン)はアルギニンを摂取し多く分泌させ太ももの筋肉アップ

Pocket

家庭の医学、IGF-1(筋肉若返りホルモン)はアルギニンを摂取し多く分泌させ太ももの筋肉アップ!
2016年11月22日放送のたけしの家庭の医学、今回は
ホルモンを制する者は健康を制する、という特集
第1弾は筋肉を若返らせるホルモンがテーマ
一体どんなホルモンなんでしょうか、またホルモンの
分泌量を増やす食べ物もあるそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

ホルモンは体には重要な物質

ホルモンは様々な臓器が作り出している物質です
正常に分泌されることで体の調子は整えられている
わかっているだけでホルモンは100種類以上ある。

 

例えば、卵巣から出ている女性ホルモンのエストロゲン
月経や妊娠、出産や更年期などで重要なホルモン。
驚きなのが一生の分泌量がたったのスプーン一杯分なんです。

 

他に完も運動する時に血圧を上げるアドレナリン
快眠を誘う睡眠ホルモン、メラトニン
快楽ホルモンのドーパミン、色々ありますね。

 

そこで気になることを町の人に話を聞くと
寝たきりの事をとても心配していました
高齢者に話を聞いたのが多かったのもあるでしょうが。

 

そんな高齢者に朗報で、筋肉若返りホルモン
というホルモンがあるのです
東京女子医科大学の市原淳弘先生が教えてくれます。

 

筋肉若返りホルモン、IGF-1とは?

肝臓から分泌されるIGF-1というホルモンで
成長ホルモンの1種で筋肉を成長させてくれる。

 

しかし間違った運動をしていて、うまくIGF-1が
出ていなくて効率よく筋肉がついていないというのです。

 

どの位の人がIGF-1が出なくて損をしているのか?
健康を意識して人よりも体を動かしている
60代の女性5名に協力をしてもらう事に。

 

5名共に本当によく体を動かしているのです
だけど筋肉若返りホルモン、IGF-1の分泌量が少ない・・・
どうしてか?

 

そこで太ももの筋肉量を測定、すると60代の片脚の
筋肉量は2.6㎏と言われています
測定すると・・・5名中1名だけ運動で損を
していなくて、残り4名は損をしていた!
そこでIGF-1の量を調べると、4名全員が基準値以下でした。

 

どうしてIGF-1が分泌すると筋肉が大きくなるのか?

筋繊維の細胞が束になって筋肉を形成している
筋肉を成長させるためには運動が必要、運動をしたら
伸びたり縮んだりします。

 

これを繰り返すことで少しずつ筋肉が太くなる
筋繊維が一本一本が太くなると思ってください。

 

だけど健康寿命を延ばすにはこれだけだと不十分で
ここでIGF-1が登場、そして筋肉に付着し
その状態で運動したら、筋肉を更に大きくする様に
指令を出してくれるのです。

 

どうやったらIGF-1を多く分泌できるのか?

2つポイントがあります、1つ目は食べ方です
そこで、食べ方の比較をすることに。
運動しても筋肉量が少ない人と、筋肉量が多い人で。

 

まず筋肉量が少ない人の食生活から見ていきます
朝食は昨日の晩御飯の残りでカレーを食べることに
それと野菜もたします。

 

食べる時も野菜から食べています、そしてカレーを食べる
しっかりと食べているので問題ないように思います
しかも食べるスピードも速かったです。

 

次に筋肉量が多い人の朝食風景
ポテトサラダや色々な食品、12品もありました
かなりボリュームがあります。

 

よく見ると一回に口に運ぶ食事の量は少なめで
ゆっくりと食事をしている、そしてよく話をします
少し食べてはおしゃべりを繰り返していました。
30分たっても食べていて、結局43分かけ朝食終了。

 

昼食は外食、イタリア料理
注文したのは、エゾシカの赤ワイン煮がメインの
ランチプレートです、ここでも少量を口にして食べていた
もちろんお店のご主人と歓談してました
35分で食事は終了。

 

お二人の食事の違いは、食事にかける時間でした
筋肉量が少ない人は、朝食が9分、昼食7分、夕食9分に対して
筋肉量が多い人は、朝食43分、昼食35分、夕食56分でした。

 

もうお分かりかと思いますが、食事の時間が長いほど
IGF-1の分泌量は多い
のです、このカギを握るのが血糖値。

 

出やすいかどうかは血糖値が関係していて、食事中は
血液中の糖分が増えます、しかし増えすぎると
糖分がIGF-1の分泌を邪魔してしまうのです。

 

食事を短時間で食べる筋肉量の少ない女性は
血糖値の上昇もまた高いのです
しかし筋肉量が多い女性は血糖値の上昇がとても緩やか
糖分が邪魔をせずIGF-1が多く分泌されたという事です。

 

2つ目のポイント 栄養素

筋肉若返りホルモンを多く分泌させる栄養素があり
それはアルギニンです、タンパク質に含まれる
アミノ酸の1種です。

 

腸で吸収され脳を刺激し、肝臓にIGF-1を分泌しよう
っていう指令を出してくれるのです。

 

お肉や魚、豆腐などの大豆製品に含まれています
アルギニンの1日に必要な量は5g
先ほどの女性二人は、アルギニンをどれだけ
取れていたのかというと、筋肉量の多い女性は9gで
筋肉量の少ない女性は3gだったのです。

 

この3gというのは多くの日本人の摂取量だといいます
筋肉をつけるために損をしている人が多いという事ですね。

 

アルギニン豊富な食材って?

1週間でどれだけ筋肉量が回復するのかを先ほどの
筋肉量の少ない女性に協力してもらう事に。
アルギニンを多く含むおすすめの食材も紹介。

 

1品目 油揚げ
1枚で0.4gもアルギニンは含まれています。
そこに鮭を足して朝食を食べる、朝だけで2.2g
アルギニンを摂取。

 

2品目 卵
卵1個で0.5gのアルギニンを摂取できます

 

3品目 豆腐
1丁で1.3gのアルギニンが含まれている 

 

4品目 かつおぶし
小分けパック2つでアルギニン0.5g含まれている

 

5品目 のり
全型4枚で0.3gのアルギニンを摂取

 

6品目 ごま 
大さじ3杯で0.8gのアルギニンを摂取

 

これらを含んだ食事を1週間続けてもらい、1週間後に検査
するとどうなったのか?

 

まずIGF-1の分泌量から、基準値よりも足りなかったのが
今回は見事に基準値をクリアしました、次に筋肉量を調べると
前回80代だった筋肉量が、今回は70代の筋肉量になっていました。

 

たった100gですが、1週間で100g増えたというのは
凄いことではないでしょうか、筋肉だけで増えたわけですからね。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket