風邪やインフルエンザ対策、乾燥肌対策をするためには?

・腸内環境のサイトを作りました!

腸内環境を整える事は免疫力アップにもつながる!

・インフルエンザ対策に必要な人が持つある力とは?

インフルエンザを患いたくない!

・正月太りに備え脂肪の燃えやすいボディーにしよう!

どうして色々試したのに私は痩せないの!?

・ブーツ履く前に治そう!爪水虫

返品可能な爪水虫の塗り薬!

・乾燥肌対策には3つの成分が重要!

乾燥肌の悩みをどうやって乗り切るか?

その原因Xにあり、息ごらえエクササイズをし声帯のたるみを改善しよう!

Pocket

その原因Xにあり、息ごらえエクササイズをし声帯のたるみを改善しよう!
2016年11月18日放送のその原因Xにあり、今回は
お尻と声の特集となっています。
声がかすれる原因は声帯の〇〇と紹介してましたが
どこか気になります・・・・

 

 

スポンサードリンク

 

声の印象って気になる人が意外と多い

年齢より老けて感じる声は、かすれた声と低い声と
言われています、声の印象って凄いですよね
素敵な声してるだけでも、容姿をつい想像してしまうときがあります。

 

声って声帯が震えて出るようになっている、喉や
口で言葉となって声になるのです
加齢による声の変化って、50歳頃までの女性の
声の高さは240ヘルツ
と言われている。

 

これは1秒間で240回声帯が震えていると言われている
それが加齢によってこの震えの回数が減ってくる。

 

次にかすれ、擦れがない人は声帯がぴしゃりと閉まるが
擦れがある人は声帯に隙間が出てくる
これが声のかすれの原因なのです。

 

つまり声帯の振動数の低下そして隙間、これが
老けた印象の声の正体で、その原因はというと
『声帯のたるみ』
が原因なのです。

 

声帯って弦楽器の弦のようなものなのです、番組では
ウクレレを使って話していましたが、ウクレレもピンと
弦を張っているため高く張りのある音を出すことができるし
これは声帯でも同様です、声帯がたるんでなければ張りのある声が出る。

 

しかし歳を重ねるごとに声帯の筋肉が衰えてきたり
粘膜が潤いを失ってくると、どんどんはりが無くなりたるんでいく
それと声帯に隙間ができてしまうので、声がかすれてしまう。

 

簡単な声老けチェック

あーと声を出し何秒間続くか
女性は12秒、男性は15秒以上が目安
これが続かないと声老けの可能性があります。

 

ここで少し面白いのが女性と男性では少し違いがある
女性の場合は低くなり擦れてしまいますが、男性は逆で
高くなるというのです。

 

どうしてこうなるのかというと、男性の場合はホルモンバランスの
影響が出て声帯の質が硬くなっていくようなのです
硬いものを叩くと高い音がなりますよね?
声にもそれと同じ原理が働いている。

 

どうして声帯は垂れるのか?
声帯は筋肉と粘膜で出来ている、筋肉は加齢により
衰えてくるし粘膜も肌と同じようにたるんだり
しわがれたりし潤いが無くなっていく。

 

声の若返り方法!息ごらえエクササイズのやり方

声帯を閉じる筋肉を鍛えることで、息漏れも減り振動数も増えていく
やり方はこうです
1 胸の前で手の平を組み大きく息を吸う
dsc_1861
2 両手を左右に引っ張り、5秒間息をこらえる
3 5秒間こらえたらゆっくり息を吐いてリラックス

これを10回繰り返す、朝昼晩3セットやりましょう。

 

一般被験者3名が検証をします、ルールは
・息ごらえエクササイズを朝昼晩各10回行う
・期間は3週間

 

一般被験者Aさん 発生持続時間 11秒から23秒
         声域検査 98ヘルツ~294ヘルツ⇒87ヘルツから587ヘルツ
         出しやすい声の高さ 140ヘルツ⇒180ヘルツ 

 

一般被験者Bさん 発生持続時間 10秒から12秒
         声域検査 139ヘルツ~494ヘルツ⇒147ヘルツから659ヘルツ

 

一般被験者Cさん 発生持続時間 15秒から20秒
         声域検査 123ヘルツ~698ヘルツ⇒147ヘルツから831ヘルツ
改善の兆しがみられましたね。

 

息ごらえエクササイズは声帯のたるみを治すほかにも
認知症予防にもなると言われている
声帯を鍛えることで声が出やすくなる、声が出やすくなれば
コミュニケーションもさらにうまくためです。

 

今回のエクササイズは、声を出さなくても出来る事ですが
本来であれば発声をするのが一番声帯にはいいとのこと
声を出しているときは声帯を使っているから。

 

更に声帯を若々しく保つ秘訣があり、喉の渇きをなくすこと
乾燥も声帯には悪い影響を及ぼしてしまう
なので蒸気をあてるようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

Pocket